FC2ブログ

猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

眩しいほどの光をあびて浮かび上がる時計台

 IMG_2515 のコピー
 やっぱり札幌のシンボルですね



16日 楽しみにしていた 時計台祭り記念演奏会

 ― 古今を楽しむ芸能の夕べ♪―

オープニングは笛と太鼓に合わせての獅子舞で賑やかに♪

IMG_2524 のコピー 2

後のクラークさんも手拍子を打っているみたい


時計台に響き渡るsennaさんの篠笛の音 
 
IMG_2528[209]

綺麗な音色に酔いしれる

じっくり笛の演奏を聴くのはとても久しぶり

初めて聞く曲もあって吸いこまれる


鈴友理さんの桜舞 

手先のしなやかな動きは日本の伝統芸能そのものです
 
IMG_2531[207]

後のクラークさん、なんだかドギマギしてます



今回の楽しみのひとつ二人語り

いつもお会いしていたのに舞台を見せていただくのは初めて

IMG_2539 のコピー

さすが息の合ったお二人 後ろのクラークさんもお話に夢中

「あらしのよるに」 続きが気になって 帰ってから調べてしまった



そしてsennaさんの篠笛の演奏に乗ってのピエロのパントマイム

「なつぞら」の主題歌の演奏もあってのりのり~♪


IMG_2544 のコピー

見事な玉乗りに後のクラークさんも拍手喝采

次々と楽しませてくださるプログラムに瞬く間の時間


時計台での篠笛演奏会は 2013年  2017年 と今回で3回目


篠笛追っかけをできる今があることに感謝



今回初めて気づいた椅子に座るクラークさん 

今まではいなかったような・・・・・





このページのトップへ
なかなか自分の生活ペースが戻らず

中途半端に気合を入れていた八月


30日金曜日 展示の仕方を見るつもりで細工物の展示会へ


会場に入るなり我を忘れて作品に見入りました


IMG_1094 のコピー

会場いっぱいの作品

IMG_1106 のコピー

80歳の方がすべて独学で作ったとのこと

IMG_1087 のコピー

撮影許可をいただいたので 

バチバチ撮りまくり~

興奮して会場を後に

次はお友達の日本画の展覧会

織物から染色 日本画とすべてものにしていくお友達に

たくさんの元気をいただいた





そして夜は楽しみに待ちわびた篠笛演奏会


ウチの近くのお寺で  書と語る「耳なし芳一」

IMG_1129 のコピー


本堂の照明は落とされ

書のパフォーマンスと共に語られる耳なし芳一
 
IMG_1131 のコピー

篠笛、ジャンベ、の演奏が語りを盛り上げ

そこに浄土真宗のお経が加わって

芳一の耳がとられる場面

IMG_1133 のコピー

手に汗握りました

興奮のまま帰宅 


あらっ、私、sennaさんの写真撮ってこなかった 


あとから画像いただきました

絽のスワトウの色無地 sennaさんだから着こなせる色

素敵! 帯締めは私からの(^_-)-☆

IMG_1151 のコピー


朝からたくさんの興奮と刺激と感動をいただいて

九月から前進できそう

チクチク雛作り お茶のお稽古 復活します!!


このページのトップへ
sennnaさんに時計台まつり 記念演奏会 
―日本伝統芸能の夕べ― のご案内をいただき 

往復はがきを買って張り切って応募したのだけれど


 
なんと 
まさかの落選! IMG_20170615_111459 のコピー

あまりのショックに落ち込んでいた・・・・・ら


6月23日 捨てる神あれば拾う神あり

 CIMG4381 のコピー CIMG4383 のコピー

めでたく時計台 観客のひとりになることができた

日本の伝統芸能 まずはお琴と篠笛にて「六段の調べ」で幕は開いた

伝統芸能にふさわしく CIMG4393 のコピー
sennaさんはお母様のお振袖をお召しになって♪

半世紀以上前のお振袖 趣があってステキでお似合い

曲芸に合わせての CIMG4410 のコピー
篠笛やお琴の演奏は場を盛り上げ拍手喝采となった


賑やかな元禄花見踊りの鈴友理さんにはうっとり

手のしなやかさ 仕草の美しさに見とれて

一緒にいたkuuさんと手をなよなよ撓らせていた

待望の雪獅子の舞いは観客も息をのんで楽しんだ

残念ながら画像はブレブレ

最後は全員で CIMG4440 のコピー
「時計台の鐘」の大合唱

日本の伝統芸能を楽しくしっかり味わわせていただいた

こんな素晴らしい催しを CIMG4431 のコピー
実現させたsennaさんの行動力に大拍手 アリガトウ

行けて良かった


欲を言えば、このために作った雪獅子を近くでしっかり見たかったかな





 追記

sennaさんのブログから獅子舞の画像お借りしました 

DSC_5024.jpg





このページのトップへ
以前から気になっていた地元に伝わる伝統芸能

新琴似歌舞伎をやっと見ることができた

伝承会の方と  IMG_20170210_152659 のコピー
地元の中学生による公演

そんなに混むはずもないと開演時間にいくと・・・なんと出遅れ

会場は満員御礼 後から二番目の席をやっとゲット


明治の終わりころ農村青年を中心に開拓を支える慰安として
丁度この地で 036 のコピー3
演じられていたという歌舞伎 

農作業をする青年たちが屋外に小屋を作り 

顔にどうらんを塗り 041 のコピー2
手作りの衣装をつけ 演じられた歌舞伎は

娯楽に飢えていた農民に爆発的な人気となったのだと

中学生が口上で 043 のコピー
今のN家具の所に小屋があったと詳しく伝えてくれた

「白浪五人男」 演じるのはほとんど中学二年生

044 のコピー3 051 のコピー5


一人一人長いセリフをしっかり覚えていて 可愛い~

053 のコピー2

この公演の前には同じ中学校の二年生全員の前でも演じたとのこと

058 のコピー1

演じたひとりひとりが楽しかったとの感想

地域に伝わる伝統芸能を若い世代が引き継いでいることに感動の一日

鮮やかな華麗な衣装も見ものだった





このページのトップへ
まさにYOSAKOI日和となった 11日


開会式では女性部役員が中心となって新琴似音頭を披露

あぶない あぶない  013 のコピー4
環も踊らされるところだった

色々理由をつけて免れたのでせめて応援 ガンバレ~~~~ッ!


そして まずは地元チーム 天舞龍神の地元でのお披露目

 020 のコピー2 075 のコピー

過去大賞4連覇の経験があるので貫禄がある


住民の大きな期待を 027 のコピー 2
背負って迫力のある舞

この後ファイナル進出の審査があるとのことで

095 のコピー 096 のコピー

跳んで 跳んで 回って 跳んで 踊り子さんも沿道の住民も気合が入る

064 のコピー  145 のコ4


拍手喝采を受けて 今夜大賞が決まる






― 13日 追記 ―

☆ 審査結果

 「新琴似天舞龍神」 は 準YOSAKOIソーラン大賞に輝く

 大賞は愛知県犬山市の 「笑゛ (じょう)」





このページのトップへ

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

09月 « 2019年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する