猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

予想最高気温が28度の札幌

こんな日に大丈夫かな? と思いつつも

朝から「オニギリ作ったよ」と張り切っている電話に中止とも言えず

GWにテンテンと登って以来の円山

早速のリスさんの 016 のコピー2
お出迎えに 山は何十年ぶりというお友達 大喜び 

ここのリスさんはサービス旺盛
 スルスル寄ってきて 010 のコピー3
 ひょいと立ちポーズ  見つめるワンちゃん目が点

あっちからこっちからたくさんのシマリスがチョロチョロ

林の中は緑も深まり意外とひんやり

心地よい風もあって 037 のコピー3
軽やかに登って行く二人

良い色に熟したクロミノエンレイソウ
 035 のコピー1   033 のコピー 2
    こちらはサイハイラン・・・葉がないからモイワランかな

そんな私の独り言にも興味を持ってくれて 

丁度咲き始めたウリの花にも大喜び
 029 のコピー2 032 のコピー2

私の心配をよそに 難なく頂上 

石狩湾が見えることにも感動してくれた

下山時はエゾリスさんがすり寄ってくるので

いいのかなと思いつつおせんべいをひとかけあげると

 078 のコピー  071 のコピー
手渡しで持っていき 枝の先でゆっくり じっくり味わっていた

お二人、無事お連れでき、山の空気を喜んでもらえてよかった

二人の心配をしていたけれどあなたの方が心配と言われた

確かに ・・・・・・午後のお役目もあるからと早々にお別れした






このページのトップへ
連日の低温からやっと脱し まさに登山日和となった6月5日

いつも参加している自然観察会の特別編

 フラワートレッキング    ~ オロフレ山麓~

参加者20名の予定が11名に減る


駐車場に着くと クッキリ 蝦夷富士 羊蹄山
 
これほどの 014 のコピー
眺望はまれとのこと

シラネアオイの山として知られるオロフレ山

登山を始めたばかりの頃一度来ている

でもその年は 037 のコピー3
ちょっと時季がずれ まったく咲いていなかった



お花を観察しながら 299 のコピー1

まずは一面のミツバオウレンに釘づけ
 003 のコピー4 022 のコピー

 ゆっくり写真を撮ってもいいツアー

立派なカメラの方たちは三脚も持ってきていて

朝にレンズ カメラ 双眼鏡を置いてきたことを後悔


 128 のコピー 038 のコピー
ちらちらとシラネアオイが見えてきて立ち止まってしまう

中腹を過ぎたあたりにシラネアオイの群生があるとのことで

あとひと踏ん張り 200 のコピー

命がけの急斜面もありカメラを押さえて スリリング

たくさんのお花を観察しつつ 

たどり着いた群生斜面 235 のコピー1


 243 のコピー 228 のコピー
どこまでも どこまでも続く シラネアオイ


あまりにも 149 のコピー  084 のコピー
たくさんすぎて どこをどう写していいのか・・・・・ 


同じような写真ばかりたくさん写して・・・・もう少しセンス良く写せるといいのに・・・

反省はたくさんあるけれど 久しぶりに山の空気を吸って

ちょっとだけ登山気分を味わえて素晴らしい一日となった

こんな気楽なツアーまた企画してほしいと切に願う環

とりすぎたお花の写真は後日アップしよう




このページのトップへ
GWの予定の一つはテンテンとの円山登山

秋にはリスと遊んで頂上制覇ならず

お天気となった2日 

お山のてっぺんまで行こう! と指切りげんまんをして



登山口を出発 ♪ 077 のコピー

すると目の前にザーッと鳥の大群が下りてきて

足元でチョロチョロ 032 のコピー2 
婆ちゃん興奮してパチリパチリ マヒワでした


早速に時間を食ってしまって ゴメンナサイ


婆ちゃん遅いぞー 081 のコピー1

拾った木の枝を振り回すテンテン 


その瞬間 ヒョイと枝にゴジュウカラが飛んでくる

ヒャーッ ママ拍手   084 のコピー1

一瞬のことに3人ドッキリ 嬉しいねえ 楽しいねえ


随分人慣れしている 053 のコピー

しばし鳥と戯れ また時間を食ってしまう


少し進むと今度はシマリスがもぐもぐ もぐもぐ

 069 のコピー 068 のコピー
     ほお袋がパンパン       押し込めばまだ入る


そのあと お口の 064 のコピー
中身を隠しに木の下へ 

そんな様子をじっくり眺めてまたまた時間を食ってしまう


こりゃあてっぺん無理そう・・・・・


と、今度はテンテンのお手手にハシブトガラがヒョイ!

088 のコピー 097 のコピー1
                    ゴジュウカラ も ヒョイ! 

エゾリスも 106 のコピー
寄ってくるし  もう、てっぺん 行かなくてもいいね

と思った

のだけれど 

急登に入ると

テンテンのエンジンがかかってぐいぐい

あと少し

もう少し

がんばれテンテン

てっぺん 見えてきたよー 


ここでエゾキケマンを見るのは初めて

132 のコピー  128 のコピー

もうキアゲアも飛んでいて のどかな山頂


テンテンのおうちは 126 のコピー2
どれかなあ・・・・

テンテン 円山のてっぺんに立つ バンザーイ!



このページのトップへ

今日しかない!と皆の都合がついた11月3日

          YKK 赤岩トレッキング

木々の葉も  CIMG0007 のコピー 
すっかり落ちて落ち葉踏みしめザクザクザク

昨年はお父ちゃんのお寺さんの日と重なって不参加だったので

秋の赤岩は久しぶり

         枯葉ばかりでもう何もないと思いつつも

キョロキョロすると  096 のコピー 1
ピカピカ輝くツルリンドウの実を発見

         一度見つけると次々出てくる真っ赤な実

 とても綺麗で 113 のコピー  
          何度も立ち止まってしまった
 

    106 のコピー 132 のコピー
    ツルシキミ マイヅルソウの実も枯れた林道でキラキラ


      ヤマアジサイにオオカメノキのウサギさんの花芽 
     128 のコピー1 118 のコピー

         この時季ならではの姿を見つけてワクワク        

     バッタ  124 のコピー
              ガンバレ~~~~~~ッ!


       青空の下 眼下に日本海を眺めながら♪            

   CIMG0013 のコピー  162 のコピー

       春とは反対コース 唐門から祝津に抜ける


結局今年の登山は 春の赤岩に始まり秋の赤岩で終わる

その間は何もナシ 締めができて良かった

 
 


このページのトップへ
20日は小樽赤岩登山の予定だったのに雨で中止

今年は登山ナシ・・・・と思うと淋しくて 

ピカピカの秋晴れとなった今日
大慌てで三角山へ 100 のコピー
落ち葉を踏みしめサクサクサク

最高気温は13℃ 049 のコピー3

林の中はひんやり心地よい

殆どのオオウバユリは種が飛んでしまって空っぽ
  023 のコピー  027 のコピー1
             やっとみつけた ビッチリの種


       フッキソウの種は真珠だね
 
       017 のコピー1


      こちらはヤマシャクヤク?
       052 のコピー2
      黒い種はもう落ちちゃったのね



     オオカメノキとミヤマガマズミかな?
  067 のコピー2  095 のコピー

     晩秋の三角山を満喫し とっとこ下山

  105 のコピー1 097 のコピー1

ここに行かないと秋が終われないみたいでギリギリセーフ 





このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する