FC2ブログ

猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

       1月21日 月曜日   お初釜 

朝5時起床 まずお米をといで雪かき

なんと 猛吹雪 

お昼の準備をして9時半、再度雪かき 

ホワイトアウト ・・・・・ みんな来れる?

そんな心配がウソのように12時には晴れ渡る 



控えの間には 亥 IMG_8962 のコピー


昨日は程よい蕾だったのにパッカリ開いてしまった椿 
 IMG_9012 のコピー


IMG_8760 のコピー

高麗卓には我が家一番のお宝を飾って

IMG_8959 のコピー


お席入りしていただいて まずはお食事
 
IMG_8974 のコピー

前日から頑張ったんですよー 

IMG_8763 のコピー

全体にちょっとお味が濃かったかなあ・・・・・

IMG_8762 のコピー


吹雪のためお着物断念したサエちゃんのお点前

IMG_8981 のコピー

花びら餅で美味しい一服

IMG_8979 のコピー


みんなも一服ずつ点てて
  IMG_8775 のコピー

穏かな初点て
 
IMG_8772 のコピー

舞づるというお干菓子 とてもおいしかった


IMG_8778 のコピー

お初釜をやめようか間近まで迷っていたけれど

IMG_8770 のコピー

やってよかった やればできる



夜、サエちゃんから

 「今夜はお月さまがとても綺麗です」と

外に出て見ると大きくスッキリ、クッキリ気持のいいお月さま
スパームーンだったのね

長い一日が無事終わってホッとした




パッカリ開いた椿 と チクチク椿を並べてみた
 
IMG_8787 のコピー

蕊は黄色なのね  そうだよねえー 蕊だもの


このページのトップへ
12月10日 月曜日  12月のお茶のお稽古

母の介護でいっぱいいっぱいの日々の中

月一回のお稽古を一年休まず無事できて良かった

IMG_8690 のコピー



12月なのでなんとなく クリスマスをテーマに

IMG_8735 のコピー


シールをペッタンした黄交趾の香合
IMG_8732 のコピー


お棗も蓋置もシールペッタン
IMG_8659 のコピー IMG_8719 のコピー IMG_8724 のコピー
春慶塗のお茶杓にもシールペッタン


お菓子は柊 
IMG_8648 のコピー_edited-1



桑子卓を使って・・・・・「棚」と「卓」の違いをサエちゃんが説明してくれた(けど?)

IMG_8718 のコピー



今季一番の冷え込み お袖はピンク系でまとめて暖かく

IMG_8475 のコピー


今年の一服に気持ちを集中・・・・・

IMG_8479 のコピー


サエちゃんの一服をいただいて

IMG_8729 のコピー

今年のお稽古無事終了


こんな時間を持てることに感謝!




このページのトップへ
先日サエちゃんと百合が原公園の温室を覗いたら
「炉開き」という名の椿があって 思わずパチリ

IMG_7900 のコピー

調べてみるとユキツバキと茶の交配種
11月の丁度炉開きの頃開花するのでこの名がついたとのこと
小ぶりの椿でした



11月12日 月曜日  我が家の炉開き


控えの短冊 IMG_8144 のコピー        

― 焚くほどは風がもてくる落ち葉かな ― 良寛



さてさて、気になる山茶花は・・・

IMG_8454 のコピー

暖かい所に置いたら 丁度良い加減に開花

だから 作った椿は出番ナシとなった

でも、みんなに見て頂いたのは言うまでもない




瓢棚には IMG_8464 のコピー
特別のお棗を飾って


お席入りしてまずはお汁粉

IMG_8248 のコピー
柿の白和えと生酢を添えて

そして 大量のお漬物と酢漬け 
ビール漬け、南瓜漬け、葡萄漬け 牛蒡漬け・・・・
黄蕪、赤大根、ズキーニのピクルス お漬物食堂みたい 
皆さん大変喜んでくださり 完食!!




サエちゃん先生のお点前での一服

IMG_8437 のコピー

どちらが正面かもめた
織部茶碗 IMG_8438 のコピー


お棗はお姐さんにお持ちいただいた三光棗

IMG_8462 のコピー
 【 三光棗 鵬雲斎好写 】
  天空に光を発する日・月・星の三つを「三光」と称し、
  それを文様にした棗です。
  蓋の甲から胴にかけて銀粒で北斗七星を、
  立ち上がりに三日月蒔絵を施し、
  蓋裏は金地で日輪に見做(みな)しています。
  糸目溜塗で天空の無限の広がりを意匠した棗です。



見どころは 蓋の北斗七星 蓋裏の日輪 立ち上がりの三日月

IMG_8461 のコピー

以前にも見せていただいたけれど 改めてじっくり鑑賞

また会うことはないかもしれないお棗との出会いに一同 唸る

控えのもう一つの短冊
お道具との出会いも IMG_8468 のコピー



お姐さんは瓢箪のお茶碗で一服

IMG_8441 のコピー

こちらのお茶碗、
外側に5つ IMG_8442 のコピー 
内側に1つ 瓢箪が描かれた六瓢箪(むびょうたん)
無病息災との語呂合わせで縁起がいい


三部を意識しての瓢箪茶碗 だったけれど

本物瓢箪も控えに飾っておいた

IMG_8471 のコピー


そんないろいろお話も盛り上がった炉開き


あと何回炉開きができるのでしょうね・・・・・


今回環は92歳の叔母様にいただいた一つ紋に
千歳のお友達にいただいた塩瀬の帯

IMG_8245 のコピー

着物と帯がピッタンコ(*^_^*)

このページのトップへ
千歳のお友達からのお茶会のお誘いをお断りしたら

「お互いやれることをやりましょう
チャンスは思いがけず来たりします
サプライズの参加歓迎です」
とのお返事をいただいた


10月29日 千歳のお友達宅にて名残りの茶事


「日々是好日」 今、旬の映画ですね

IMG_8101 のコピー


素敵に色づいたお庭の紫陽花

IMG_8100 のコピー




一同 ワーッ、と歓声を上げた素敵なお着物のお亭主

その華やかなお着物がとてもお似合いのお姉さま熟女の

美しいお点前に引き込まれ 

IMG_8087 のコピー

錦秋のお菓子をいただき
IMG_8079 のコピー

最後のお茶会との事でかみしめていただく一服 

IMG_8092 のコピー

今まで数々のお道具に触れさせていただき

IMG_8095 のコピー

至福の時間を共有させていただいたことに感謝


いつもながらのお心づくしのお食事も

美しく 美味しく お見事!

IMG_8118 のコピー

とてもまねはできないけれど お勉強させていただいた

お茶に限らず 人生の先輩として見習いたいことがたくさんのお姉様

お姉様のひと言で参加する決心がついた事に感謝

尽きぬ熟女トークからたくさんのエネルギーをいただき  

開放感をたっぷり味わって心が洗われた熟女の茶会




お姉様から2本も帯をいただいた

炉開きに IMG_8102 のコピー
締めようかなあ~♪


この日はチビ雛さんをお土産に

IMG_8051 のコピー


月一回でも 母を預けてゆっくりとした自分の時間を作ることも必要よ
とのアドバイスもいただき

よし、そうしよう!!





このページのトップへ
       秋の夕日に~
照る山もみじ~ IMG_8055 のコピー
濃いも薄いも数ある中に~♪


お袖を秋色に変えて

10月22日 お茶のお稽古


お軸は IMG_8036 のコピー 
枕草子 「「萩はいと色ふかく、枝たをやかに咲きたるが、
朝露にぬれてなよなよと・・・・」 「第七十段」の書


お花は庭のお花がまったくなくて 
IMG_7973 のコピー
やっとの 菊とコムラサキ ギンミズヒキ



風炉のお稽古も最後 

冷え込んでくる季節 暖かさを少しでもお客さまの近くに行くように

           風炉を畳の中央に据える中置のお点前


IMG_7989 のコピー

点前座が狭くてお点前がちょっと窮屈

なのに大きな春秋棗を用意してしまってゴメンナサイ



お菓子は金沢土産 IMG_7978 のコピー 2
くるみの佃煮の最中  美味しい~ 

こちらも金沢土産
野菜の砂糖漬け IMG_7981 のコピー
        カボチャ きゅうり ゴボウ

IMG_8001 のコピー  IMG_8011 のコピー
伊羅穂茶碗     春秋棗 お茶杓の銘は 「深山路」



 お着物も秋色で
 IMG_8002 のコピー IMG_7990 のコピー
サエちゃんは紬 環はいただいたススキ柄の附下げ


最近立派なお着物をたくさんいただいて環は衣装持ち

とっかえひっかえ一回でも多く袖を通さねば

お雛様にするのはそのあとでネ


最近は IMG_7679 のコピー
7センチ雛をチクチク 手土産用にたくさんできました


まずは今月のお稽古を無事できてよかったよかった

来月は炉開き できるのだろうか・・・・できますように

   

このページのトップへ

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

07月 « 2019年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する