猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

マガンのねぐら入りにめがけて出発するツアー

札幌を2時に出発し エゾエンゴサクの群生地浦臼神社に寄って

            夕刻 宮島沼に到着

今年 豪雪・低温に 101 のコピー
見舞われたこの地方  なんと昨日結氷が解け 沼開けをしたとのこと 

6時を過ぎると 077 のコピー  283 のコピー

                ぞくぞくとマガンが帰ってくる 

          115 のコピー  276 のコピー


                  立派なカメラの人たちが

          バシャバシャ バシャンバシャシャッターを切るので
つられて 199 のコピー 210 のコピー
押してしまったら     同じような写真ばっかり
 

             コンデジのほうが本当の色に近いかも

     R4023161 のコピー   R4023205 のコピー
            太陽とガン             月とガン

帰るころには沼一面 雁・雁・雁・雁・雁・雁・・雁・雁・雁・雁・雁・雁・・・・・

フギャー  フギャー  フギャー フギャー フギャー フギャー ・・・・・・


この日はなんと5万6千羽のマガンが入ったとのこと 

それに白鳥が4千羽  

以前にサエちゃんと行ったときの倍の数いたことになる

編隊を組んで入ってくる雁行と大合唱を堪能し帰途につく

帰り際代表さんが見つけてくれたアカハラのきれいな囀りも忘れられない



このページのトップへ
4月28日 春の花とマガンの観察ツアー

           017 のコピー

一週間前 スッタフさんが下見に行くと積雪が50㎝だったとのことで

         長靴に防寒着をしっかりととの連絡


ところが この日は今季最高の22℃  雪はすっかり消えていました

  003 のコピー    049 のコピー
期待薄だったエゾエンゴサクも場所によって 見事に咲き誇り ブルーの絨毯

    今年初見のカタクリ ツンと反り返った姿がとてもキュート
  021 のコピー     029 のコピー 
          豪雪に見舞われたこの地方もやっと春ですね~

  042 のコピー   040 のコピー
                        福寿草も初々しい姿


お花をたっぷり楽しんで 次の目的地宮島沼へ 

このページのトップへ
           本当は兜を作りたかったのだけれど

                難しかったので

今年は去年ので我慢 039 のコピー



       あとはmiyさんと半分分けした男の子の着物で 

  兜の色紙を作った DSCN2759 のコピー

          どこをとってもいい柄がついているので

          衝立を作ったり          額に入れたり 
    019 のコピー    026 のコピー
                               
           たっぷり使ってもまだあまっていたので 

                   布で兜を折った               
   結構可愛い~ 025 のコピー


        サイズがわかるように ミュウちゃんに通過してもらった

 ダッシュ ダッシュ 031 のコピー
                    


              036 のコピー
               並んで写せばいいのに・・・


な、なるほど  ミュウちゃん あったまいい~




このページのトップへ
一昨日のこと 鳥博士のゴマちゃんから

               

      「 防風林に夏鳥が次々きていますよ 
       ルリビタキ ウグイス クロツグミ・・・・・」


                   防風林へ行くと


                早速にルリビタキさん

       020 のコピー    023 のコピー
      ねえ 背中のブルー見て    横顔にも自信があります 
             
           と言わんばかりに目の前を飛び交ってくれる

           それから 次々といろんな鳥が現れてきて

 ルリビタキ♀♂ カワラヒワ アカゲラ アオジ ヒガラ ハシブトガラ シジュウカラ 
ウグイス ゴジュウカラ クロツグミ♂♀ メジロ アカハラ ツグミ♂♀ ヒヨドリ ツグミ シメ・・・・・

         一か所に立っているだけで たっぷり楽しめる

           それも鳥博士のゴマちゃんがいてくれるから

そのゴマちゃんが喜んでいたのはこれ 
     クロツグミの♀ 025 のコピー
         私にはツグミにしか見えなかったのだけれど
              綺麗な声で歌うのです


               遊歩道沿いには
       039 のコピー 046 のコピー
                  今季お初のエゾエンゴサク 

微妙に違うブルーを堪能 045 のコピー

               朝の2時間 たっぷり楽しんで

           帰宅すると気温はぐんぐん上昇 

オキナグサも 029 のコピー  055 のコピー
タツタソウもパッカリと開花でした こちらもちょっとブルー系




このページのトップへ
日々変化する庭の新芽たち

去年秋に狂い咲きしてしまった翁草

               春には咲かないかと思ったら 

4月20日 もわもわした 028 のコピー
              産毛の中に蕾を確認
                     
                と思ったら

            昨日にはもう産毛の中から顔を出して

   今にも開きそう  004 のコピー
              

              そして今日の午後には

       七分咲き 015 のコピー

       あまりの美しさに全開を待たずにアップしてしまった

秋に咲いてしまったお花よりたくさんの産毛に包まれて

より白髪のおじいさんぽいかもしれない

あとふたつ花芽が見えている                         



        エンレイソウも         オオバナノエンレイソウも
     014 のコピー2 003 のコピー1
     20℃の予報が出ている 明日には開花するるかもしれない


         あーあ R4022980 のコピー
               明日アップすればいいのに・・・・        





このページのトップへ
お雛様展のとき思いがけず演奏を聞く機会に恵まれた馬頭琴

21日土曜日 その馬頭琴奏者の太田さんがのライブがあった


          R4023090 のコピー
           わん・にゃんチャリティーライブ 
      
     いぬ・ねこ殺処分ゼロを目指すグループの主催


       マリンバと馬頭琴の共演に心酔する2時間

    R4023086 のコピー R4023058 のコピー
          今回で3度目の馬頭琴演奏 

柔らかでありながらも力強い音色に聞く毎に引き込まれていく

また今回はお雛様展で歌ってくださった板谷みきょうさんも

ゲスト参加してくださり贅沢な時間となる

今回の収益金はワンちゃんの手術代になるとのこと 

お雛様展を通して人とのつながりが広がり、

今まで縁のなかった音の世界にも顔を出せるようになったのが嬉しい

 

            010 のコピー
           明日には開花しそうなチオノドクサ



このページのトップへ
室蘭に行っている間に咲きませんように

               と祈りつつパチリ 
       君は誰? 005 のコピー

チオノドクサかと思っていたけれど 葉が開いてくると

              カタクリ まさか

室蘭から帰って駆け寄ると まだ咲いていなかった

ホッとしてよく見ると 013 のコピー
               やっぱりカタクリ

                   でも 蕾が二つ 
もしかして これキバナ 008 のコピー1
         miyさんにいただいていたのかもしれない


                  もしかしたら

 019 のコピー  030 のコピー   025 のコピー
   シキンカラマツ      オオバナノエンレイソウ     タツタソウ 

                  かもしれない

名札を付けておかないと春の庭はちんぷんかんぷん


         ここまでくれば名札なしでも 
ヒマラヤユキノシタ 016 のコピー
         まだ小さいけれどきれいに開花 


    一体誰なんだ R4022948 のコピー
             ウチの庭でしたやつは


ほんと けしからんやつだよね
  
        ちゃんと R4022955 のコピー
                名札を付けておけよな



えっ・・・・・・・いや、あのう、名札はつけないわふつう




このページのトップへ
       16日  四月のお茶のお稽古

今月で炉はおしまい 五月からは風炉になる  

           気温が上がってきたこの時期は 

暑苦しい炭火が DSCN2786 のコピー
お客様に見えないよう羽がついている透き木釜を使う


       花入れはお雛様展の記念に皆で求めたものを使って

大きな壺に見えるけれど 049 のコピー 
         10㎝位のまん丸 ユキヤナギが大きく見える 

      北海道の桜はまだだけれど 気持ちは

     029 のコピー 027 のコピー
          三千家お好みの三友棚を使って華やかに

        お茶杓は 037 のコピー
      先日いただいたもので いい色合いに環ぞっこん 
            何かいい銘を考えなくっちゃ~


                主菓子は柚子きんとんで
                            「春の舞い」
    お干菓子はいろいろ 030-のコピー
  夜桜 さくら がとってもきれい 鈴の和三盆はほろりとおいしく
       

       
              今回から新しいお仲間が加わって

  まずは環がお点前 DSCN2774 のコピー
                 手が震えているかも

              そして新しい方のお点前拝見

    茶名をお持ちで DSCN2788 のコピー
       堂々としている~       お爪が


             一同緊張で私語も慎まれシーーーーーン


             今回はお休みかと思ったミュウコちゃん 

               終わりころのこのこ現れたと思ったら

       DSCN2803 のコピー_edited-1   DSCN2805 のコピー
     おばちゃんが新入り?      お母ちゃんより貫禄あるニャ

                   た、たしかにあります


              みなさんどうぞよろしくお願いいたします

        特に サエちゃん 039 のコピー
                        よろしくお願い


ボクはごまちゃんさえいれば DSCN2809 のコピー

ということでますます盛況の環亭 お茶サロン 

本来の主旨(って)にそれないよう精進いたしましょう



このページのトップへ
 12日 火曜日 「北の土偶」展を見に北海道開拓記念館へ

長蛇の列に数時間待ち R4022915 のコピー
              という状態だった同展

          国宝3点の展示が本物からレプリカに変わった今

          平日で雨ということもあってか深閑とした館内
                   

 展示品を行きつ R4022910 のコピー R4022968 のコピー
 戻りつじっくり鑑賞      約100点もあるそうで
             1万数千年前の縄文文化を堪能する

              デフォルメされた土偶 
土偶に込められた思い 縄文のビーナス のコピー 縄文のビーナスは
           子孫繁栄 安産祈願なのだろうか?
 
今も太古の昔も変わらぬ思いが伝わってくるような気がした

縄文人の豊かな創造性と技術の高さに圧倒され、長居をしてしまった   

出てくると小樽のデコちゃんが持っていたガチャポン発見
               
  何が出るかな・・・? R4022918 のコピー  

環は壺 サエちゃんはなんと環の気に入っていた
縄文のビーナス R4022922 のコピー

          へへへ、ばくってもらいました♪
                   ↑
         (これ北海道弁で取り替えっこのこと)


               そんな楽しい一日

                  帰宅すると
ミュウコとハニマル君 DSCN2717 のコピー
のお出迎え       埴輪は弥生時代のもので

北海道には弥生時代が存在しないって知ってた?

えっ、じゃあ弥生時代 DSCN2721 のコピー
           北海道に人はいなかったってこと



じゃなくって 時代区分のこと

内地では 縄文 弥生 古墳 飛鳥 天平 鎌倉 と続いていくけれど

北海道は 縄文期が長く続縄文時代があって次に擦文時代 

アイヌ文化時代とつながっていくらしい

祖先を遡ってどの時代までたどり着けるか探ってみるのも楽しいかもね






このページのトップへ
10日 火曜日 小樽デコちゃん宅にてチームYKKの女子会

             いつものことながら

      たくさんご馳走を用意して待っていてくれる

  001 のコピー  007 のコピー
       ひよこ豆のコロッケ       お肉の塩麹焼き

    男子抜きでの積もる話 着いた早々からマシンガントーク炸裂

       食べる 008 のコピー
         しゃべる 笑う 食べる しゃべる 笑う


七時間 通しにしゃべってお腹がよじれるほど笑って

帰りにご主人が楽しそうだね 外まで笑いが響いていたよと

山ほどの 009 のコピー 012 のコピー
       デコちゃん特製パンをお土産にいただいて帰途につく


後から「腹立つ現実を、笑い飛ばしてやることができた」とメールが届く

それぞれに大きいものを抱える還暦おばさん、笑える幸せを実感した一日


               もう一つのいただきもの 

          箱の中にまた箱 またその中に箱が入っていて

          桐の箱には「重要美術品」と書いてある

   山水画の立派なお軸 020 のコピー ウチの壁と妙にマッチ!
           ゼロがたくさんのお値段がついていて・・・・・

        本物はこちら野村美術館にあるようです 



このページのトップへ
            北海道中ピカピカマークとなった今日

    朝8時 R4022929 のコピー 005 のコピー
         ミュウコが庭のチェックをした時にはこんな状態だったのに 


                     お昼に出てみると

                    パコッと開花の雪割草
      雪解けと 021 のコピー1   050 のコピー
                  同時の開花とは お見事

     でもこのお花ずいぶん小さくて7㎜位 本来はもう少し大きいはず


            福寿草もまったく気配がなかったのに突然開花

     これまた小さくて 009 のコピー
                   数も少ない
 

          すっぽり雪に埋もれていた植物たちが一斉に活動開始

                040-のコピー-2

           新芽たちの歓声が聞こえてきそうだ           

 ムリッ   ムリッ 034 のコピー
           春だぜぃ どんと伸びるぜぃ ワイルドだろぉ 

 


このページのトップへ
              尻尾がピーンとたった黒猫人形

かっこいいですねえ  
R4022897 のコピー

   ミュウコちゃんも R4022894 のコピー
             ピーンと立ってカッコいいですねえ 


       そういうの R4022891 のコピー
              やらせって言うんだよ
                 
                             
              R4022891 のコピー1
                尻尾持つのやめてくんない


                やっぱりね ダメだよね

 
       こうして脱線しながらお雛様の片づけ終了

   009 のコピー  014 のコピー
                      自然体のミュウちゃんが一番です



このページのトップへ
            産地直送 出来立ておぼろ豆富が届く

容器のままレンジでチン 031 のコピー


     生姜などのせてしまったけれど     こちらはがんも
何もせず 040 のコピー1   041 のコピー
     そのままがが美味しい      黒いのは黒豆?格別のおいしさでした

ここのお豆腐がまたガツンと大きく、どっしりして美味しい

あれ、お店の名前・・・・ 旭川のタクちゃん豆腐? 正式名称聞いてなくてすいません

                   ごちそうさまでした

 

 大雪山で見たチシマクモマグサを思い出して買ってしまった           
                 セイヨウクモマグサ

           初めは濃いピンクの花だったけれど
我が家で咲いたのは 011 のコピー_edited-1
           頼りなげな淡いピンク 日光不足かも
                でも野性的でいい感じ
 
お花が終わったら地植えして・・・・毎年咲いてくれたらいいなあ・・・





このページのトップへ
             もう来るはずなんだけどニャア~ 
春よ来い♪早く来い♪ DSCN2670 のコピー
            春を待ちわびるミュウコちゃん



     あっ、来た!! DSCN2669 のコピー

                   えっ、早くない?



              玄関には 桜を抱えたmiyさん


         「 いつまでもお雛様飾っているから春が来ないのよねー」

ということで2か月 030 のコピー 024 のコピー
          楽しんだお雛様にしばしお籠りいただくことに


いよいよお別れ・・・・・毎日いるのが当たり前になっていた雛たち

        会えなくなると思うと 

   最後に DSCN2681 のコピー  DSCN2682 のコピー
         miyさんが全体を動画で撮ってくださいました


        その動画奮闘記はmiyさんブログで見てください


                 さあ、いよいよお別れ・・・・・

                     その前に 

             腹が減っては力も入るまいということで腹ごしらえ 

            ちょうどいいタイミングでこんなのが届き

お手伝いに 005 のコピー  021 のコピー1
来てくれた(?)サエちゃんと おしゃべりも盛り上がり

お茶の反省会(?) 015-のコピー
などもして これからのお稽古のあり方など議論白熱

miyさんとお雛様とサエちゃんとお茶会・・・・ 決して一人ではなしえないことを

安易に口にしてそれに賛同してくださったお二人に感謝

こんな気持ちになれるのも見に来てくださった方

遠く離れていても応援してくださった たくさんの皆さんがいてくれたから

そんな嬉しい報告をお父ちゃんにして 春よ来い 来い!!


                      えっ、

                    参考までにって 

     お友達の作った DSCN2675 のコピー
                 兜を見せてくれたmiyさん


                    えっ 無理!!



  このページのトップへ
           昔習っていたお茶の先生にお道具を頂いた3人が、

          いただいたお道具を持ち寄ってのお茶会 3月22日 


               風炉先屏風はもちろん先生の書 
 お水指し・お茶碗・お棗 032 のコピー

          すべて先生にいただいたお道具を使って

 黒楽は DSCN2555 のコピー 027 のコピー
      サエちゃんお気に入り     キョウコさんのはお目出度iい絵が

松の古木のお茶尺はいい味があったのに写し忘れ


お菓子器 DSCN2547 のコピー DSCN2557 のコピー
                             讃岐漆器象谷塗


            初めて見せていただくキョウコさんのきれいなお点前

 環は見とれて DSCN2551 のコピー 038 のコピー1
 いたのですが・・・・・  あらっ、ちょっとこの蓋置 どうだったかしら?

                  数年ぶりに使う馬齢の蓋置

              
槍の鞘建水と馬齢の蓋置はセットで使うものらしく

サエちゃんとキョウコさん 043 のコピー
        扱い方を調べつつ、昔を思い出して真剣!!

 


             お昼は気合を入れて(?)

    014 のコピー1 DSCN2545 のコピー
      ヨモギ麩の湯葉巻揚げ高野豆腐の黄味焼き 
      鳴門わかめ卵豆腐の椀物は目先を変えて

先生に教わった日々を思い出しながら昔話に花が咲く
 

40年も先生についていた流れるようなお二人のお点前に吸い込まれ

環にとっては何とも贅沢な時間 茶室に厳かな余韻を残してくれた



このページのトップへ
          こんなのは我が家に似合うのだろうか・・・・

                ミュウちゃんどう?                 
 ちょっと食べづらいニャ 024 のコピー

           えっ、ミュウちゃんの餌台じゃないよ

             いただいた フラワースタンド 

             お洒落すぎないかと思ったけれど

      壁が黒いので 028 のコピー 
               目立ちすぎずいいかな


             夜には頂いた地酒で大宴会

 010 のコピー1 006 のコピー
          立派なかに甲羅蒲鉾もいただいて 


              デザートはこれまたいただきもの

大きな スイートポテト 016 のコピー
              ボリューム満点 じっくり味わって


こちらもいただきもの いつも行く洗濯屋さん、お花を褒めると

持っていきなさいと・・・・・環の好きな花径1㎝ほどの小さなラン

     029 のコピー   031 のコピー
 デンドロビウム・スペシオキンギアナム    まったく覚えられません


いただきもののお陰で身も心も潤ってます ありがとう




このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

03月 « 2012年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する