猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

        お友達のご主人の個展の案内が届き

札幌市資料館へ  080 のコピー

      まずは自画像が2点        風景画小品 20点ほど
   088 のコピー   089 のコピー
      19才と現在62才         額も自分で作っているそう


    版画作品もある 090 のコピー
 
               なんと椅子の作品まで 
木の自然の 096 のコピー 093 のコピー
形をそのまま生かした曲線がいい感じ   この椅子欲しい・・・・

いつも素敵な年賀状を下さる芸術家御夫妻の定年後の第二の人生

制作意欲満々で時間が足りないとイキイキ語る姿がとってもシアワセそう

ほのぼのとした気持ちになって帰ってきた 
    
       家では見ているだけでほのぼのするお花
八重のエンレイソウ 029 のコピー
エンレイソウに八重があるなんて・・・・純白のフリフリ

花径5セントほどだけれど 存在感があり
  庭で輝いている 026 のコピー




このページのトップへ
去年大きな鉢植えで鈴なりのフウリンオダマキをいただいた

しかし 2週間ほどで 025 のコピー1 DSCN3210 のコピー
パタパタと萎れてしまう 何とか残った一株に今年小さな花がついた
大きく育ってほしいけれど どうも勢いがない ガンバレ


         いつもキッチンから眺めていたお隣のクロユリ
引っ越していく時に 008 のコピー1 003 のコピー
そのことを伝えたら どうぞ どうぞと置いて行ってくれた 嬉しい開花 

 
         miyさんに1本いただいたヒメイズイが 5本になって花盛り 
   これって山で 012 のコピー 027 のコピー
   見たことはないかも・・・・  パッと開いた姿が何ともキュート

似たようなナルコラン オオアマドコロも開花 茶花になるお花ばかりだわ

消えたかと 010 のコピー1  DSCN3221 のコピー
思ったオオニソガラムは数本開花     アシュガはあちこちで元気いっぱい
      

          ほとんど見頃は終わってしまったけれど
   ニワザクラが DSCN3226 のコピー
           淡くきれいな花をたくさんつけてくれた


家の中では今年も咲いてしまったアガパンサス
     003 のコピー1   004 のコピー
                            次々咲いてくれるゼラニウム


朝は蕾なのに日中出かけて帰ってくると、開花していて慌ててしまう



このページのトップへ
出かけようかどうしようかとくすぶっているところへ娘から

同じ思いだったので即決定の展覧会めぐり


まずは時計台ギャラリー 最終日の「北の日本画展」

全室を使って DSCN3328kopi-.gif  DSCN3338 のコピー
60名以上の作家さんの作品を鑑賞 お仲間の作品もたくさん

次に向かったのは道立近代美術館で始まった「大原美術館展

大原美術館は 20歳の頃 DSCN3348 のコピー
サエちゃんとの旅行中に訪れている 
2週間の旅行の後半で倉敷と姫路辺りは不仲になって別行動だった
そんなことを思い出しながら 作品の記憶はまったくなくて新鮮に鑑賞
現代作家作品も加わって見応えがあった

次は近美の向かいにある 喫茶いまあじゅ 江川博「無限」展

   DSCN3357 のコピー  DSCN3353 のコピー
   500m美術展でもご一緒していて娘の中学の時の副担任先生

娘は中学の時吹奏楽部だったので先生にとっては驚きの出会いだったらしい

コーヒータイムを取って英気を養い

次はコンチネンタルギャラリー 私の友達からご案内をいただいて

             グループ〝野の花〟染色展

    DSCN3373 のコピー  DSCN3364 のコピー
    絞り染め 型押し ろうけつ染めなどいろいろな手法の作品

             
  お友達の作品 DSCN3366 のコピー
        いつもながら可愛く一味違う雰囲気で素敵

              一気に四箇所もの展覧会を巡って 
ちょっと疲れたけれど DSCN3377 のコピー

    夕食も共にできておしゃべりも盛り上がり母娘の充実した一日となる



このページのトップへ
昨日の夕方 お友達がお花を届けてくださった

     あまりの美しさに興奮

      ご飯支度を中断し暗くなる前に早速 パチリ 

                リシリヒナゲシ 

 018 のコピー   023 のコピー
本当の色が出なくて・悪戦苦闘 軟らかいレモンイエローというのかなあ
花びらの透け透け感もたまらない


          今朝は朝日をあびて天に向かって全開
さらにもう一つ開花 041 のコピー 043 のコピー
                      丸刈り坊主頭みたいな蕾も愛らしい



問題は環に育てられるかどうか・・・・・

採種できるかな・・・・栽培は難しいのかな

なにー DSCN3321 のコピー  DSCN3325 のコピー
           ケシだって        栽培だってーケシからん


ミュウちゃん違う違う これはリシリヒナゲシ あっちのケシじゃないからね

ミュウコとのツーショットも撮れて 今日は何度も何度も眺めに出ている

     丘の上 ひなげしの 花で 

つい歌ってしまうほど愛らしいお花との出会いにときめいている

他にもいろいろ環好みをいただいて・・・・後で写そう~

写真家Dさん ありがとう


このページのトップへ
今日は暖かい というよりは暑い一日

             庭も一気に緑が増して
 パトロールに DSCN3202 のコピー
 気合いが入るミュウコ      あっカラス!

もう大丈夫よ 巣は作れないから

            お花も次々開花で賑やかになってきた

室内で 012 のコピー 017 のコピー1
     越冬したベコニア      ミャーちゃん庭から来たオノエマンテマが
                        たくさん増えて輝いている

 019 のコピー 003 のコピー 011 のコピー
   セラスチウム          スミレ          シコタンハコベ 


 014 のコピー  006 のコピー  017 のコピー
    マイヅルソウ         クルマバソウ        ワスレナグサ   


 028 のコピー 007 のコピー  015 のコピー
    スズラン        スノーフレーク        ドウダンツツジ

雑草みたいなお花が多いけれど見事に白花ラッシュ

開花を見逃さないようしっかりチェックだわ


 なにかいるの? DSCN3207 のコピー あっ、カモメ!

 別に白に合わせなくてもいいのに・・・・・律儀なミュウコ


このページのトップへ
毎年恒例となったYKK 赤岩トレッキング

5月19日 土曜日 9時 オタモイの唐門を出発

気温は低いけれど青空 DSCN3043 のコピー

例年より2週間ほど遅いのでまわりの景色がいつもより緑色

いつもは DSCN3049 のコピー DSCN3047 のコピー
    新芽のオオカメノキは真っ白の花を咲かせて 眩しい連なり 

   DSCN3061 のコピー
  

    エゾエンゴサク カタクリが終わって 微妙に違うスミレたち
   DSCN3064 のコピー  DSCN3086 のコピー
    クルマバソウ マイズルソウ シラネアオイ  スミレは・・・調べよう 

          次々現れるお花に胸ときめかせ

                 ふと目を上げると

              おーっ!真っ白の 積丹岳
こんな海の色は初めて DSCN3052-のコピー
積丹ブルーかと思ったら アッコちゃんがオホーツクブルーだと

            背中のお父ちゃん 見えてるかい この絶景



  ハート集団は DSCN3132 のコピー
            マイヅルソウとオクエゾサイシン

 DSCN3151 のコピー  DSCN3091 のコピー
 葉っぱがきれいなエンレイソウ 花後のヒメイチゲは金平糖


             ツートンカラーのエゾエンゴサク
  とってもきれい DSCN3119 のコピー
 
              似ているけれど・・・・・
        DSCN3144 のコピー  DSCN3111 のコピー
          ヒメイチゲ         エゾイチゲ でいいのかな


赤岩のシンボル岩 DSCN3173 のコピー DSCN3164 のコピー
            この日もクライマーさんがたくさん しがみついていました 

時季を少しずらしたお陰で新しい発見 思いがけない景色を堪能

帰りは南樽市場で新鮮な魚やお野菜をゲット~

                 今年もみんな満足の一日になる


このページのトップへ
        うおーっ、 058 のコピー
                    満開ニャーッ!!
 


    そう、今年もお隣の八重桜がこの日に合わせたように 満開!!  

                  5月17日 木曜日 

  初風炉のお稽古は 045 のコピー
                   お花見付き~


         お花は前日夕方玄関前に置いてあった
オオバナノエンレイソウ 062 のコピー miyさんありがとう
          やっぱり自生のお花はワイルドだわ~


              久しぶりの風炉のお点前
引柄杓があるのよね DSCN3014 のコピー

      見事な牡丹のお菓子        桜の花びらもかわいい
    044 のコピー 043 のコピー
            銘は富貴                

     037-のコピー   DSCN3006 のコピー
         お茶碗はアヤメと兜      お薄器は雪吹で花筏模様


       他界したお母さまがお茶の先生の新入りベテランさん
我が家でいいの? DSCN3010 のコピー 070 のコピー
       茶花がたくさんあるそうで ヤマブキとオダマキをいただきました~


         季節感をたっぷり味わって初風炉のお稽古も楽しく終了

                DSCN3027 のコピー
                          また来月ニャ


                   
このページのトップへ
「素晴らしい着物の展示会をしている」との情報で慌てて出かける

場所はロシア領事館 ここは娘の家のすぐ近く 
 
                  寄ってみると 
もうじき始まる展覧会の 002 のコピー
絵の制作中      かわいい羊毛の鈴があったのでついパチリ

忙しい娘を誘って領事館へ 

    久保田一竹の世界 甦る幻の着物 「一竹辻が花 IN 北海道」
 
         004 のコピー  046 のコピー
                              ↑買った一筆箋

想像していた辻が花とは違って強烈で深い色彩に吸い込まれる

あんな着物を着こなせる人がいるだろうか・・・・・・

久保田一竹の余韻に浸って次に向かったのは 


miyさんがご紹介していたこちら 035 のコピー

   034 のコピー  022 のコピー

    織だけでなくはじけるような絵や写真も楽しませていただく

            042 のコピー
          河口湖を臨むこの美術館気になるね~

  このページのトップへ
            好天青空の広がった昨日 

娘のところに届け物をした帰り神宮の森から円山へ

        しばらく来ないうち山は緑の眩しい季節
  木々の匂いに R4023518 のコピー
   ワクワク       久しぶりの山登り


            大きなピーナッツをくわえた
      ゴジュウカラ 006 のコピー
           みなさんモデル料を置いていくのね


            キュルキュル 可愛いしぐさで
    こんにちは~ 010 のコピー

     フレンドリーに見つめるけれど・・・・ゴメン 何もないです

    あらっ、ワタシ 016 のコピー
              この辺では売れっ子なのよ


      何もないなら 018 のコピー
       失礼します
           


              態度がハッキリした美人さんでした

                 しばらくすると
                    
                   
うっ  もぐもぐもぐもぐ 025 のコピー
          あちらでいただいたから 写してもいいわよ


         しゃべらないでいいから 早く呑み込んでよ 

えっ、この顔ダメなの・・・? 032 のコピー

              それはそれでかわいいけどはばけそうよ

 
               こちらではよくばりエゾリスさん

      クルミ丸かじり~ 052 のコピー

                       丸呑みしないでね


次々出てくる森のヒョウキンさんたちに目が奪われ

歩みの遅い登山でしたが いい汗をかいて 頂上で深呼吸

草花もそろそろ初夏の顔ぶれですね

069 のコピー1_edited-1
   オオハコベ          エゾエンゴサクの種          レンプクソウ
 
036 のコピー1
    ホウチャクソウ           ヤブニンジン           コンロンソウ


ネコノメソウも 072 のコピー
           若草色がきれいな季節


このページのトップへ
 あまり楽しまないうちに終ってしまった桜 

          八重はこれからだけれど

12日 桜見物に北上・・・・ではなくて南下

バスは朝7時半 運転手さんが二人同乗し札幌駅を出発    

    車中にて昼食 R4023340 のコピー
鰊弁当 大きな鰊、数の子がそれぞれ3個も入ってとても美味しい  

高速をひた走ること6時間 着いたところは

北海道 唯一のお城 松前城  
           250種類 一万本の桜が楽しめる桜の名所

北海道で一番先に R4023360 のコピー
開花し、長い期間桜を楽しめるらしい 

到着したのが午後2時 062 のコピー

             滞在時間は2時間

     何処をどう回るかサエちゃんと 地図を片手に右往左往
  006 のコピー 032 のコピー
    くす玉みたいな糸括(いとくくり) ちょっとピンクの 一葉(いちよう) 

  046 のコピー 116 のコピー
       緑の桜鬱金(うこん)    松前三大名桜 血脈桜

 
      175 のコピー  097 のコピー
     筒状の白絹(しらぎぬ)   白いタンポポも名物なのね

      なんとこの日はぐんと冷え込んで最高気温が12℃

          でも、寒がっている場合ではなく

      134 のコピー   125 のコピー
      名札もいい感じ~    門をくぐると眼前には津軽海峡

   100 のコピー 072 のコピー
    たくさんの桜を楽しんで おまけに頭上の鳥も気になりつつで

        2時間は瞬く間に過ぎ 午後4時

 
最後の一枚をパチリ  R4023417 のコピー


              松前城を後にする 
 
   R4023475 のコピー  R4023425 のコピー
   バスの中で日没を迎え      車中にて美味しい櫻寿司弁当 

           札幌着は 午後10時  

往復12時間の 遠い遠いお花見ツアー でした



このページのトップへ
あーっ また作るかも・・・ DSCN2989-のコピー


カ・カ・カッ カザグルマ!  DSCN2999-のコピー 

 どしたの カアさーん ?
 DSCN2988 のコピー


           カーさんの言うとおり 風車がついたのです

なんだ もう作れないのか DSCN2996 のコピー

もしかして ミュウちゃんまた作るの期待してた???
         


環が撤去をお願いしたその日の夕方 高所作業車が3台もきて

      道路は封鎖され DSCN2971 のコピー
            物々しい警戒態勢のもと・・・・・

カラスの巣 撤去作業は DSCN2976 のコピー
あっさり終了         巣のあった場所には風車設置


               こんなに立派な巣が完成していた
   なんだか心が痛むわ DSCN2982 のコピー

でも、目の前で子育てされなくてよかった



          庭は次々とお花が咲いて 春爛漫

      091 のコピー  012 のコピー
             去年小樽のK宅から頂いたヒナソウが満開

     miyさんにいただいたプリムラ
      001 のコピー  003 のコピー
       カウスリップだったのね     芝桜も咲き始めている




このページのトップへ
 連休にはお父ちゃんと毎年訪れていた地球岬遊歩道

            こんな新しい看板がたっていた
 約3キロのコース  057 のコピー

 お花の宝庫なのにいつ行っても人のいない遊歩道

           鳥に夢中になっているみんな 
R4023309 のコピー

環はお花に夢中 
エゾエンゴサクはもうほとんど終っていて種になりかけのが少し
 083 のコピー 074 のコピー 092 のコピー
         笹の斜面は一面カタクリとキクザキイチゲ

        168 のコピー  106 のコピー

            青花もたくさん見られうっとり~ 


お日様も出てきて ちょうどいいところにベンチがあったのでお昼に

                     ジャン
 
 R4023306 のコピー
            室蘭名物 ホッキのおにぎり母恋めし
一日数十個の限定販売なので母恋駅に直行し、お土産分も含め8個買い占めた
   
なんとこれを作っているのは R4023304 のコピー
環の幼友達 小中学校 毎日一緒に登校していた仲

ホッキたっぷりで美味しいおにぎり 外で食べるのも格別

お腹一杯になって再度散策開始

       ここを訪ねてで見逃してはいけないものは二つ
R4023314 のコピー

              オオバキスミレとコジマエンレイソウ

ハーイ 068 のコピー 111 のコピー
                とってもにこやかに登場してくれた


         これからいっそう咲き誇るニリンソウ 
161 のコピー

         094 のコピー 087 のコピー
                ミドリさんも見つけました~               


 128 のコピー 099 のコピー 156 のコピー 
  キバナノアマナ     マルバネコノメソウ     シロバナニシキゴロモ

そのほかにもいろいろと写して・・・・・


         ワハッハッハッ 160 のコピー
                 ライオンが笑っているようでした

結構くたびれて 遊歩道を後にし

         室蘭八景のひとつ測量山頂上からの展望を楽しむ
               169 のコピー
               工場見学ツアーはまたの機会にね

この後道の駅にて「母恋めし」の久ちゃんと30年ぶりの再会


白鳥大橋を渡って帰途につく   

お父ちゃんがいなくなってもう訪れることはないかと思っていた地球岬

ゴマちゃん サエちゃん お宮さん 連れてってくれてありがとう




このページのトップへ
5月8日は 我らが鳥博士ゴマちゃんにご同行していただき

        室蘭の地球岬に鳥を見に行きましょうツアー

ベテランドライバーのお宮さんの運転で8時我が家を出発  

  樽前SAでで休憩 021 のコピー
視界はあまりよくないけれど残雪の樽前山がカッコいい

           当然 休憩中も双眼鏡でキョロキョロすると
いるわいるわ 016 のコピー 008 のコピー1
         メジロの大群 アオジ ノビタキ エナガ キビタキ・・・・

後ろ髪をひかれつつ室蘭へ 

途中実家にも寄っていただいて 地球岬へ向かう

室蘭八景のひとつ R4023298 のコピー
トッカリショ 朝日が当たると金色に輝く岩 金屏風

荒海を前に 022 のコピー 027 のコピー
         木々に留まるカワラヒワやアオジも逞しく見える 

            するとゴマちゃんイソヒヨドリをキャッチ

 マイカメさんでは遠い 053 のコピー

              トリミングでこんなもん 
   038 のコピー 051 のコピー

双眼鏡では青い背中も茶色のお腹もクッキリ ハッキリ確認

           灯台眼下の 荒波の中にはたくさんの海鳥が・・・・
             042 のコピー
            身を乗り出してのウォッチング

そうだ、室蘭はイルカ・クジラウォッチングも楽しめる 次回だね・・


          海から離れ、地球岬遊歩道へ移動

樹間にマスイチ浜 058 のコピー


          頭上からふりそそぐ たくさんの囀り 
    そっくりかえって R4023307 のコピー
                 見上げるみんな

たくさんいるのです カメラでは捉えられないけれど・・・

 157 のコピー  056 のコピー

ゴマちゃんに鳴き声もたくさん教えていただきました

笹薮の中にも・・・R4023311 のコピー 

クロツグミのきれいな声を間近に聞いてしばしうっとり

そんな楽しい一日 鳥だけではなくお花もたくさん・・・・続く





このページのトップへ
なんと、アップされないままになっていた2年前の記事

         6月5日(土)はチームKYYの妻たちで登別へ

高速を下りると 鬼
              鬼のお出迎え


温泉に行ったのではなく

アッコちゃん、デコちゃんが父の展覧会を見に行ってくれた

           
展覧会場のカント・レラは登別近辺の埋蔵文化財の展示室となっている

            絵を見た後 埋蔵品の展示を見て
            6月 173 のコピー


         室蘭地球岬に向かう

         地球岬灯台は・・・・・・濃霧に覆われ 視界ゼロ 
   地球岬 霧

               遊歩道を散策し、季節の花を楽しむ

  コンロンソウ  チゴユリ
 
    ノビネチドリ   ユキザサ
 
     オオヤマフスマ ネコノメソウ

   思いがけず新緑の遊歩道を歩くことができたのはじいちゃんのおかげ

     遊歩道   6月 115 のコピー

          アッコちゃん デコちゃんありがとう

このページのトップへ
 連日の大雨で満開の桜を見ないうちに散ってしまったか・・・

      葉桜でもと 036 のコピー 2
         防風林に行くと 何とかまだ残っていた
 
    011 のコピー 034 のコピー

         これにて今年のお花見は終了かな・・・・・

この日も写真家Dさんが長ーいレンズで鳥を狙っていて

最近の出没情報をいただき・・・・・そこら辺を探すが、鳥のいない日

諦めてカメさんをバックにしまい 自転車で帰途につく


             と目の前に黒い鳥 


慌てて自転車を飛び下り 慌ててバクからカメさんを引っ張り出して

ひとまず証拠写真 048 のコピー
                 後姿もまたよし

                  すると

     虫ゲット~ 055 のコピー
            わざわざ虫をくわえて見せに来てくれた

キビタキの姿を追って目を凝らすと

        そこいら辺の木々の中に、チョロチョロ動く影 

    めくらめっぽう 060 のコピー
シャッターを押して 帰ってから見るとメジロさんだった

うじゃうじゃといたなあ 

               この子もチョロチョロさん
何もの? ウグイス? 068 のコピー
センダイムシクイ? ゴマちゃん ファイナルアンサーお願いします

この日の教訓    鳥は追わずに待て! じっと待て!

でも、これって一番苦手

         我が家の前の電柱では追わずとも見れる カラス
    巣作りに専念 DSCN2927 のコピー

去年は丸い筒の上に作ったので枝が滑って完成ならず

今年は日々形作られいい感じになってきた
そのおかげで下は  DSCN2931 のコピー1
枝だけでなく針金や発泡スチロールまで散らかる


今日こんなのが来た 008 のコピー1



               通報しました 焼き鳥になっても困るし・・・・カラスの父さん母さんゴメン


このページのトップへ
 DSCN2899-のコピー

               端午の節句~♪ 



      R4023102 のコピー      R4023287 のコピー
      ねえ、端午の節句って?     さあ? 鶴が痛い! 
     
              

協力的な猫たちに感謝です

このページのトップへ
 ちょっと家を空けている間に 庭は駆け足

              見頃を見逃してしまいそう

  オオバナノエンレイソウ    セイヨウカタクリ     クチベニスイセン
  039 のコピー  045 のコピー  049 のコピー
後ろのオキナグサは次々と全部で7個もお花をつけてくれた


ヒトリシズカは 286 のコピー 050 のコピー
          開花したばかりなのに・・・・・・もう終わりそう 


土を割って 058 のコピー   081 のコピー
     出てきたのは1週間前のヤブレガサ   昨日にはぐん
                              今にも傘を開きそう


              雨の降り始めた昨日 防風林で

     068 のコピー    078 のコピー
        ラブラブコムクドリ        満開の桜 散らないで~


このページのトップへ

 室蘭に行ったりバタバタしている間に連休も後半

札幌も桜が開花 雨が降ってきてお花見はどうなるのかしら・・・・


           連休初日の29日 

    お雛様展に篠笛を聴かせてくださったブログ友さんの

      コンサート R4023242 のコピー
     またあの音色を聴くことができると思うとワクワク

大きな会場に篠笛のきれいな澄んだ音色が響き渡り吸い込まれる時間 

金屏風の前で凛として奏でる姿にもうっとりでした~



そんな折 50年前の男の子の着物をいただいて

柄をよく見ると DSCN2884 のコピー 2
                 ・・・笛

   篠笛では DSCN2888 のコピー
          ないけれど確かに笛柄

笛が日本古来の楽器として重んじられていることがわかる

そんなことを知ることができたのもお雛様展のお陰だわ


着物つながりで・・・・・今回実家で見つけた絵

         環が5年生の時に描いたもの
    お正月に R4023271 のコピー 
    着物を着た両親を環と兄がカメラでパチリしている
           5年生の環の視点に

ついでに上手過ぎないこの鳥の絵もいいなあ
 クジャク・・・・? R4023272 のコピー

       昨日は炎天下 片づけ作業に精を出す
夜はご苦労さん会 R4023280 のコピー 2
        50年前笛の着物を着ていた人と


このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

04月 « 2012年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する