猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

          6月最後の日 もう一年の半分が過ぎた

   初夏という季節を経験しないうちに真夏日となってしまった

   天然エアコン  025 のコピー1
            入れたほうがいんじゃない


        そうだよね 朝一に家じゅうの窓を開け、冷気を取り込み

         暑くなる前に閉じると一日中快適室温を保ってくれる

こういう日は家の中にいるのが一番


          033 のコピー
       なんか変な者たち騒いでるんだけど・・・・

変な物・・・ 確かに・・・・カエルに見えないかなあ 

          長い間ほったらかしにしていた
    季節外れに DSCN3542 のコピー
           なりそうなので今日慌てて飾った
 

自分では結構愛嬌があって可愛いと思っている・・・が・・・・・
楽しそうだし  030 のコピー
カエルの季節っていつ? 梅雨のころ


        これも今が季節のような気がして飾った
父の若い頃の絵 034 のコピー
            斑入りイタドリだと思う

      実家の荒れ地から持ってきた斑入りイタドリ
父が大切にしていた 038 のコピー
先日この絵が見つかって 父の思い入れがやっとわかった気がした


  このページのトップへ
20℃を超える日が続く今週

庭の花たちは青空に向かって大喜び

すくすく伸びている 010 のコピー  029 のコピー
             ホソバウンラン     クガイソウ

               ナミキソウも背丈がずいぶんある
           007 のコピー 027 のコピー
               ホタルブクロも キンギョソウもすくすく

      背丈と言えばヤブランの鉢から出てきたヒョロヒョロ君
     草丈30㎝ 003 のコピー 005 のコピー
             花は1㎝ほどと小さい 何でしょう・・・・
 調べたところマツバウンランとわかった やはり雑草だ
でも可愛いから大事にしたい

抜いても抜いても増える雑草たちに貴重なお花が負けないよう注意しないと


           小花ではアスチルベが開花

       038 のコピー1 004 のコピー1

        マクロの世界ではまた違う美しさがる 

       022 のコピー 005 のコピー1


              庭で一番勢力をふるっているのがこれ

ノコギリソウ 055 のコピー 024 のコピー
春から大量に抜いているがサーモンピンクの花色は結構気にっている

切り花にしても 002 のコピー
         水上りがいいので楽しめる

環庭 雑草畑はお日様に向かってすくすく すくすく育っている

              お坊ちゃんもお日様浴びてすくすく・・・・?
背中ジリジリジリ 049-のコピー  054 のコピー
                            もう一段上がるかな・・・

              黒い毛皮に 火がつかないだろうか・・・・・・・



このページのトップへ
久しぶりにお天気となった25日

登山口までの道のりを思うとなかなか決心がつかないでいた藻岩山

行くと決めたら何のことはない

バス→地下鉄→バスと乗り継いで一時間で登山口に着いた


森の緑も深まって RIMG0869 のコピー
久しぶりの一人登山 草花眺めてキョロキョロ


             ヒトリシズカが終わって
フタリシズカの季節 RIMG0892 のコピー
            控え目なお花がいい 

ふと笹薮に目が行くと・・・・

             サイハイラン???        

    ではないぞ!  RIMG0877 のコピー
      葉がないからこれはモイワラン 
                 モイワラン
 
サイハイランに似るが葉がなくて華色もお赤みが濃いのがモイワラン
 
初めて出会ったモイワランにちょっと興奮し
一眼カメを持ってこなかったことを後悔

でも、モイワランに会えたので歩みも軽快になり

  20120625113355.jpg   RIMG0916 のコピー
    一時間半で頂上制覇     青空のもとで大きいおにぎり



下山は転がるように RIMG0898 のコピー


再度モイワランを目に焼き付けて・・・・・


         チビカメさんで渾身の一枚を

                    
             RIMG0930 のコピー
                    


           ちなみにこちらは三角山のサイハイラン
       花色はうすく サイハイラン1
        写っていないけれど根元には大きな葉がある



               帰りは娘のところに寄って

 目の前に藻岩山って RIMG0932 のコピー
                    うらやましい~

   このページのトップへ
室蘭の母が札幌に来ることになって、片づけ作業真っ只中

85才ともなると気前よくて何でもポイポイ捨ててしまう


                  ゴミ袋からの拾い物

             古い とにかく古くて朽ちかけている 
価値があるかは?DSCN3516 のコピー DSCN3520-のコピー
      大胆な筆運びの絵が気に入った  サギかな?

母も知らないものらしい 

その他保存状態は悪い掛け軸を3本ほど引っ越し荷物にいれてきた

前回は人形を拾ってきて・・・・環家に古臭い臭いが漂っている



        こちらは車庫の棚の上から出てきた
40年前環が友達から DSCN3526 のコピー1
いただいた こちらも保存状態が極めて悪くクモの巣がこびりついていた

額に入れて友人にお返しすることにした

古い家の一つ一つを確認していたら片付かないので

母のように右から左へ捨てるのが賢明

こちらも拾い物 ササバギンランだと思う
盗掘ではない 002 のコピー絶滅危惧種
         実家の敷地内の隅のほうで見つけた 
ラン菌がなければ栽培は不可能と・・・ラン菌て?


少し家を空けている間に庭の緑もいっそう増した

木賊の新芽が育ち 042 のコピー
ユキノシタの花が咲き シダが茂ってきていい感じ
庭の唯一の日陰 苔も消えないでほしい




                ちょっとミュウちゃん
 
わざわざ座らなくても・・・・002 のコピー
               大事なの???? 
大事ってわけでも・・・・・若花田 貴花田の版画 額に入って3万円

額は捨てて上の掛け軸をくるむのに使ったのでシワシワ
捨てようか・・・ 025 のコピー4
でも、ゴミ箱にポイは気が引ける 置いてくればよかった・・・・・

              こうして物は増えていく



           23日は 兄ちゃんの誕生日~♪

             021 のコピー



このページのトップへ
           一晩中雨が降って やっと庭も潤った

            お昼前に雨が上がり早速お庭の点検
        どれどれ  DSCN3511 のコピー1 
               キャットミントはどこ行った???


       家の中です ミュウちゃん食べてしまうので隠しました

今年は忙しくて(?)寄植えなどまったくナシ

種を植えたのも遅いし あるものを楽しむことにした

律儀に咲いてくれた インテグリフォリア ・アルバ
次々咲いてくれて感謝 006 のコピー1

今年庭のアクセントになって活躍しているのがこれ
   黒花ナデシコ 001 のコピー
            ナデシコ‘ソーティー’というらしい

去年鉢植えで楽しんでから 地植えにした
雪の中から元気に出てきて 003 のコピー1切り花もOK
どんどん増えた      ビロードのような花弁が魅力的 

やはりナデシコはどの品種も丈夫で強いかも


             黄色いお花は幸せを招くとのこと

  こぼれ種からの DSCN3515 のコピー
   ハナビシソウ      よろしく頼むニャ


             今どき咲くのはサツキなのかな??
   006 のコピー  006 のコピー2
大きなツツジは終わって 鉢植えと低いのが見ごろになっている


             去年道端からいただいてきたバーバスカム
出てくるかと思ったけど 003 のコピー
今年もまた引っこ抜いていただいてきた 別名エサシソウといい雑草だそう
去年ばらまいた種はこれから出てくる・・・


先日お友達からいただき、名前を教えてと言われたけれど・・・
シレネのお仲間と思うが・・・ 002 のコピー
レッドキャンピオン あるいは シレネ・ペンデラかな
とっても元気な宿根草とのこと 庭が明るくなった


               鉢植えから地植えにして一年目
    くれない山アジサイ 022 のコピー
花は小さく 花数も少ない 大丈夫かな ガンバレ~~~~



              庭をひとまわりしたミュウコ 
   異常なしニャン DSCN3513 のコピー
 とっとと家に入ってしまった  午後からまた降ったりやんだり

台風は来なかったけれど 気温15℃ 寒い!
                      ミュウコは毛布にくるまって


このページのトップへ
6月14日 (木) 予想最高気温 12℃ お花の樽前山(1041m)へ  

登山口に着くと 霧で樽前山の全容は見えない

今回はお花が見れたらいいという気持ちで 
 
と、早速駐車場脇に 005 のコピー2 
        環の大好きなオオバタケシマランの群生 

登山道に入るとウコンウツギのトンネルになっている
 RIMG0680 のコピー RIMG0783 のコピー
今回は風不死岳に向かう登山口から入ることにする

ウコンウツギの林を抜けると一面のお花畑

 RIMG0700 のコピー  RIMG0690 のコピー
         咲き始めたイソツツジが広がっている

 027 のコピー  029 のコピー
     あおあおとしたミネヤナギ   綿毛になっているものも

  028 のコピー  RIMG0694 のコピー
    マルバシモツケも咲き始め    きれいなピンク色のお花

   高度を増していくとウコンウツギも低くなってくる
 RIMG0707 のコピー   006 のコピー1
                     受粉後は花の中が赤くなるのだそう


     そして今回楽しみにしていたヒゲさんの登場 

         050 のコピー

          岩場に張り付くように咲くイワヒゲ

 060 のコピー  038 のコピー  059 のコピー

          霧の中で水滴がしたたりいっそう可愛らしい


       咲き始めたばかりのタルマイソウ(イワブクロ)
  061 のコピー  053 のコピー

 
            やっとまだ残っているお花を発見
           花径は3ミリほどのコメバツガザクラ
どうですか匂いますか?RIMG0713 のコピー あんまりしないわ
お花に鼻をつけてクンクンするゴマちゃん 

5月中旬 全山コメバツガザクラに覆われ、甘い匂いが漂うとのこと


高度を増すとお花も少なくなり目の前の霧がパーッと晴れ渡り青空が

  RIMG0730 のコピー RIMG0735 のコピー
    眼下に広がる雲海を眺め           頂上制覇

噴煙上がる RIMG0759 のコピー RIMG0771 のコピー
ドームを確認し 頂上からの眺望を楽しんで 下山はルートを変えて

来年は5月中旬の再訪を約束して帰途につく



このページのトップへ
       庭は芍薬 ダッチアイリス クレマチス・・・・・
           005 のコピー1
           大輪の白花でにぎわっている

しかし、地を這うように黄色い花たちが頑張っている

最初は赤い花かと 007 のコピー  002 のコピー
思ったら黄色い開花  それが一面に花開くと黄金色に輝き目立っている
セイヨウミヤコグサとのこと miyさんありがとう

切り花もOKと聞いて DSCN3451 のコピー でも竹じゃニャイ!
           今回戸隠の竹細工のお店で求めた花かごに

 
               こちらも這う系

    010 のコピー1 004 のコピー
        マンネングサ       リシマキア・ヌンムラリア(?)
           勝手にどんどん増えてくれる雑草タイプ

           雑草と言えば こちらも勝手に咲いてくれる
       029 のコピー  389 のコピー
           カタバミ          キンポウゲ

        008 のコピー  021 のコピー
          リシマキア・プンクタータもたくさん増えてくれた


           黄色というよりはクリーム色のお花もボチボチ

こぼれ種から 032 のコピー  038 のコピー
   キンギョソウ     あっ、アブラムシ   ボンザマーガレット レモンイエロー


       019 のコピー1 014 のコピー
         アルケミラモリスは庭を華やかにしてくれる

     次々咲いてくれる 019 のコピー カラマツソウ

去年購入のシキンカラマツやツクシカラマツは花をつけるのだろうか・・・
生きてはいる

 
         392 のコピー    016 のコピー1
    裏で数本咲いているキショウブ    ハナビシソウがボチボチ開花


地味ではあるけれど黄花たちが存在を誇示している

このページのトップへ
 季節はどんどん進み DSCN3501 のコピー 初夏の香り
              

        6月13日 水曜日   6月のお茶のお稽古

  サンマ?   022 のコピー  DSCN3426 のコピー
とゴマちゃん  若鮎のつもりです    鉄線 落葉松草 木賊
                  
今回はサエちゃん先生お休みで どうなることやら・・・・・不安な環


でも新入りベテラン御姐さん(粋な方なのです)が
お庭の牡丹を 027 のコピー1
持ってきてくださって お茶室がパーッと華やかになり和やかに

まずは御姐さんが最初にお点前をしてくださいまして~♪

  DSCN3455 のコピー DSCN3460 のコピー
   いつもより 無駄話も少なく      静粛なお稽古
  DSCN3464 のコピー DSCN3466 のコピー
    みんなの力を合わせて厳かな一服一服となる 



    この日 御姐さんは お花とともに お茶碗もご持参
見事な牡丹絵 029 のコピー1 阿山作
残念ながらお値段におののきピンボケ画像

                 お菓子は
鹿の子に 012 のコピー1  011 のコピー
      青楓がのって銘は〝若葉”        小布施の落雁

          こちらは心斎橋法善寺あられの新製品
    ふくらまる DSCN3425 のコピー サックリ 
      小樽のデコちゃんの親類が作っている 


そんなこんなで先生不在のお稽古は無事終了

いつもいかにサエちゃん先生に頼っていたかを実感した環なのでした 


       環は塩瀬の牡丹の帯で
    DSCN3482 のコピー    DSCN3487 のコピー
      牡丹がいっぱいの一日         えっ、どこにボタン?    


小樽貴賓館では牡丹・芍薬祭り開催中
ブログ友さんがイベントに参加  篠笛演奏がある

期間中お着物で行くと別邸入館が無料は魅力だわ
牡丹御膳も気になるところ



  このページのトップへ
            今回は穂高連峰を一目見たさの旅

6月5日 旅行3日目 ツアーのバスは白馬から安曇野そして上高地へ

 
夢のような光景が RIMG0427 のコピー_edited-1
目の前に            穂高連峰  


       そこに立っているというだけでこみ上げるものが

じっくり見つめていたいが散策の制限時間は2時間半(昼食時間を含む)

気が付くとツアーのみんなはもう先を行き また(?)後れを取ってしまった二人

                慌てる

            が、目の前の絶景に立ち止まってしまう 
              255-のコピー   

そっか― 歩きながら RIMG0445 のコピー
               写すといいんだー  

               ということで
 
絶景は横目でパチリ 260.gif

次々出てくるお花をサクサク写し

 282 のコピー  286 のコピー RIMG0437 のコピー 
    ハクサンハタザオ     ズダヤクシュ      オオバタネツケバナ

   
  RIMG0453 のコピー 288 のコピー 265 のコピー
     ミヤマカラマツ      バイカモ         ムラサキヤシオ   


これは初めて見た 292 のコピー 275 のコピー
                ラショウモンカズラ (羅生門蔓) 


   280 のコピー 319 のコピー
         ニリンソウ          ミヤマザクラ

 
  322 のコピー 323 のコピー 318 のコピー
   シロバナヘビイチゴ    タガソデソウ     ベニバナイチヤクソウ


   RIMG0452 のコピー   309 のコピー
       クルマバツクバネソウ          アマドコロ 


          夢中にお花を撮って せっせと歩いて 余裕の到着    
            河童橋 326 のコピー
 
       さあ、河童橋からの穂高連峰をどうぞ~
   RIMG0492 のコピー   RIMG0497 のコピー
残念ながらてっぺんは雲の中です  サエちゃんは持ち上げちゃいました

さてお弁当を・・・と思ったらタイムアップでした

「景色がごちそう」と言ったらまたサエちゃんに怒られそう

お花の冊子を買って RIMG0664 のコピー
上機嫌の環 

       今回は大正池ホテルから河童橋までの散策 
次回は河童橋から 上高地 マップ
明神池 さらに徳沢まで行きたいと再訪を胸に上高地を後にする 



このページのトップへ
             こんなに小さいとは 
            名古屋から飛んできたヒメフウロ
  花径8ミリほど 004 のコピー2
              園芸種のヒメフウロ

       その辺にわんさと出てくるこちらもヒメフウロ
こちらは花径1㎝ほど 006 のコピー
                雑草のヒメフウロ

どちらも可愛くて環好み 

ただ雑草のほうは抜かないと庭が占拠されそう
園芸種のほうは北海道で越冬できるのかな・・・・

  去年ヒメフウロと一緒に道端から引っこ抜いていただいてきた
    033 のコピー 004 のコピー
    ゲンノショウコ 赤花  大きな株になって次々花を咲かせている 
            こちらも増えすぎないよう気をつけないと  


        小さいお花と言えばこちらさんたちも開花

      015 のコピー   017 のコピー
            ヒューケラ       ツボサンゴ


          家の中ではサクラランが次々咲いている
うつむいて咲くので 024 のコピー
          見上げて写さないと・・・・

イタリアンパセリにも花が咲いてしまって・・・・
     小さすぎて 030 のコピー
       どこがどうお花なのかよくわからない

いずれも真っ盛りとなって小さいながらも
           大きなときめきを与えてくれる



小さいこの子も大きなときめきを・・・・・

何すんだよー018 のコピー1

尻尾を踏まれてお怒り中  ゴメンゴメン

このページのトップへ
      ━ 清々しくさわやかな季節を満喫できる4日間 ━

そんなキャッチフレーズが目に飛び込んできて 6月3日から6日まで3泊4日の旅

      以前にも上高地を訪れているサエちゃんが快く同行してくれる

     2年ぶりの飛行機 372 のコピー

               たくさんいろいろなところを巡って

    005 のコピー  RIMG0191 のコピー
       軽井沢              草津温泉    



        066 のコピー     153 のコピー
           小布施            善光寺


    213 のコピー  233 のコピー
      白馬温泉               安曇野


     254 のコピー   RIMG0586 のコピー
       上高地                忍野八海



6日夜 夕日を浴びて羽田を後に   RIMG0638 のコピー


いつも名古屋のミャーのママさんに見せていただいている

上高地の河童橋からの残雪の穂高 それを一目見たさの旅

雄大な景色に包まれてのトレッキングは至福の時間 その地にいるだけでドキドキ

お父ちゃんに申し訳ない気分がしたけれがきっと一緒に歩いてくれたはず 

たくさん撮った写真はボチボチアップしていくかも・・・・・





このページのトップへ
          ガンガン勢いを増していく庭の緑
もうこれくらいが DSCN3382 のコピー
美しさの限界かも この草丈を保ってくれるといいのだけれど

ミュウコを探すのもDSCN3389 のコピー
難しくなってきた というほどでもないか・・・・・・

このところ咲き進んでいるのが青系のお花たち

  011 のコピー   073 のコピー
    先日いただいたシャガ      去年いただいたヒメシャガ

    034 のコピー DSCN3216 のコピー
    昔からあるオダマキ       先日いただいたミヤマオダマキ

          越冬して出てきたこれはなんだろう
ネメシアかな? 036 のコピー 

    050 のコピー   032 のコピー
       ツルニチニチソウ         先日いただいたサギゴケ



まったく花芽が 071 のコピー 029 のコピー
           立ち上がらないゲラニウム      ツリガネスイセン


          今日の日差しで咲き始めた大すきな花
   チョウジソウ 028 のコピー
        去年半分を地植えしたので増えてくれるといい

 ミヤコワスレが 007 のコピー_edited-1
     2種類   ニワゼキショウもパラパラ咲きだして


          ワスレナグサはあちこちに顔を出している 
    小さいのは 027 のコピー
  ノハナムラサキ 花径2㎜ほど 小ささではタチイヌノフグリも

ざっと見て青い庭ではないけれど 青の季節 



このページのトップへ
          娘が参加する企画展が始まる

本郷新記念札幌彫刻美術館 ★ 新シリーズ展 New Eyes 2012 

    となりのひと  Art about our neighbor 
 
    076 のコピー  となりのひと


 会場:本郷新記念札幌彫刻美術館・本館
    中央区宮の森1条12丁目
    電話(011)642-5709

 会期:2012年6月2日(土)~8月26日(日)
 休み:平日の月曜日
 時間:10:00~17:00
 料金:一般 500円 65歳以上 400円 高大生 300円 中学生以下 無料

 【参加作家】
 鴻上宏子 小林麻美 佐竹真紀 冨田哲司 野又圭司 村山由布 本郷新 

いろいろな分野の方の作品があります

現在ドイツ在住の映像作家、佐竹真紀さんは娘の大学時代からのお友達

よく遊びに来ていて お母さんとも親しくさせていただいている

一緒に出展する機会が持てたのはとても嬉しい

娘は大作一点の出品 

自宅からの絵の搬出が大変だったそうで奮闘記まで書いている

会期が長いのでお時間がありましたらご高覧お願いいたします



            081 のコピー

    084 のコピー 091 のコピー
    057 のコピー  109 のコピー1




このページのトップへ
               大きな荷物が届いた

             RIMG0047 のコピー
                  ニャに?

              さて、中身はなんでしょうね~

                 箱を開ける環を押しのけて



うまっうまっうまっ RIMG0054 のコピー

                むしゃむしゃと食べまくるミュウコ

                ぺろりんこと舌なめずりして
      うんまかったー RIMG0058 のコピー

箱の中身はミュウコの大好物キャットミントでした~

送ってくださったのはいつもコメントくださる名古屋のミャーのママさん

こんなにたくさん RIMG0062 のコピー
        明日の分も 明後日の分も その明日の分もありそうニャ



違う 違う 全部がキャットミントではないからね
               
いただいたのはのは
・コモンタイム ・コモンセージ ・ローズマリー  のキッチンハーブ
・キャットミント ・キャットテール ・プラティア・アングラータ
・ベロニカ・カンティアーナ ・姫フウロソウ(赤花) ・ヤクシマノギク
・ダイアンサス・デルトイデス・アルバ ・ヒメツルソバ ・ブルークローバーの種

 072 のコピー067 のコピー058 のコピー
いつもミャーのママさんのところで見せていただいていたお花たち
               
 030 のコピー037 のコピー051 のコピー
実物は想像以上に小さいお花が多くて 感激~

うまく育てられるかな~ ハーブはお料理に使うのが楽しみ


こんなにたくさんの鉢が 071 のコピー
名古屋から二泊三日の旅をしてきたなんて

無事の到着ご苦労さん 涼しい地に来て今夜は寒かったりしてね 


           では大好きなキャットミントと記念撮影

    ミャーのママさん ミャーちゃんありがとう 
  041 のコピー_edited-1


         今日のミュウコは可愛く見えるのは気のせいかしら 親バカ環



  このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

05月 « 2012年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する