猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

ここ数日30℃を超える日々  

午後には庭の花はぐったりうなだれるので

撮影は朝のうちに・・・・

              先日の処分品の中の一つ 
   ノウゼンカズラ 034 のコピー
名札には「黄花」とかいてあったのに白花
      もう少し目立つところに植えてもよかったかも


   眩しい黄色のハナビシソウの中に 白花が開花 
     045 のコピー1   017 のコピー
白花の種を採取できたら来年は 一面白花にできるかな・・・・ 

             庭にのさばっているノコギリソウ
  020 のコピー  055 のコピー
濃いサーモンピンクが登場 ピンクも混ざっていっそう賑やかになっている

 043 のコピー  016 のコピー 047 のコピー
 半夏生がやっと化粧   キキョウは満開  シコタンハコベは次々開花

    035 のコピー  012 のコピー
  冬も咲いていた大輪マツバボタン  こちらは小さいマツバギク 


       ヤブレガサはぐんぐん伸びて 
環の背丈を 039 のコピー 033 のコピー 
越してしまったので 背伸びしてパチリ    ピントが合わない  

そのあとチョッキン DSCN3737 のコピー1
  

大賑わいの真夏の庭 雑草も勢力を拡大している

日が落ちたらみんなに平等に水をあげよう

どんなに暑くても DSCN3726 のコピー
日当たりを求める・・・・これって本能? 
        この子にも水をあげないと



 テッラさんから若い方が応援に来てくれて

 絵の運搬作業終了 DSCN3745 のコピー
                 ご苦労様でした


このページのトップへ
         このところ家にこもりがち

   遊水地でバンの赤ちゃんが生れたと聞いたのは1週間以上も前

             やっと行ってみると

             なんだ・・・マガモかあ・・・
  なんだって・・・ 043 のコピー

        わっ、いえいえ マガモ見に来ました

  まあ、そうだったの♪  じゃあ みんな 出てらっしゃーい 
  045 のコピー 031 のコピー
  ぞろ  ぞろ  ぞろ     1,2,3,4・・・・・8羽 

         結構大きくなった雛が8羽登場

          お母さんは常に雛の数を確認 
  前に行ったり 047 のコピー
  後ろに回ったり 辺りをチェックしながら

  082 のコピー 083 のコピー
             雛のお食事中も周りを警戒



           068 のコピー
            みんな無事に育ちますように

バンの雛には会えなかったけれど 楽しかった

             101 のコピー
            エゾミソハギももう終わりかな

          家では挿し芽をした宿根アサガオと
ツンベルギアが開花 001 のコピー
いずれもバーバスカムさんからのいただきもの 

アサガオを見ると盛夏だなあと思う

30℃の今日は 引きこもりが一番


このページのトップへ
待ちに待ったシキンカラマツ(紫錦唐松)が開花

           早速可愛らしい姿をパチリ
 
  053 のコピー 061 のコピー
 ポロポロの蕾もかわいくって  花径1㎝ 蕾は2㎜~3㎜ 

            でも、こんな小さい花だったかな

               下から覗き込んでパチリ
画像を見るとそこには 066 のコピー
小さな虫がたくさん・・・・この虫のせいでお花も大きくなれずにいたのね

急いで薬をピュー ピュー したけれど

葉も虫にやられていた もっと早く気付けばよかったのに・・・・ガックリ

気を取り直し

6月初めに名古屋から届いたお花たち


        毎日次々可愛いお花を見せてくれる
  姫フウロソウ 021 のコピー


           小花がビッチリ 白さがまぶしい
    020 のコピー 009 のコピー
   ダイアンサス・デルトイデス さすがナデシコ逞しい


          絶滅危惧種らしいけれど元気に開花
     004 のコピー 013 のコピー
        ヤクシマノギク   どんどん増えてくれるといいなあ~


庭を眺めて一喜一憂 しっかり点検しないとね

よし!今日は来てないな DSCN3676 のコピー

           ミュウちゃん 虫の見回りもお願いします




このページのトップへ
紫陽花が咲き誇ると思いだすのがリクちゃん

               今日はリクの命日 
あれから6年になる DSCN3662 のコピー

いつもアジサイを飾って思い出すけれど 今年は不作

新しい庭のは一命は取り留めたものの哀れな花姿

         向かいの庭のがかすかに咲いている

    002 のコピー 007 のコピー

     あまりにも少ないので 一つ一つがとても愛おしく見える

    026 のコピー2 006 のコピー

           改めて紫陽花って素敵なお花だわ

    紅アジサイも 013 のコピー
             貧弱ながら赤みを増してきた

      人懐こかったリクちゃんが懐かしいわ~

  なんだこの臭い 044 のコピー 
                 またあいつだな



     RIMG1166-のコピー  RIMG1163 のコピー
     ふふっ またやってやった        ここにも一発


          ダイヤ君 日参してくれるが一向に距離は縮まらない

いつか とっちめてやる 045 のコピー  闘志満々          
                

     今「ダーウィンが来た」を見ていると

          030 のコピー
       ハナカマキリの幼虫にパンチ  

テレビ画面には強気だけれど・・・・・

 
  このページのトップへ
ミャーのママさんのところで素敵な花色を楽しませてもらったボリジ

次の日スーパーに行くと

      ボリジ発見! 001 のコピー
              微妙なブルーを確認しうっとり~

もうお花が終わりかけで処分品の中にあり、あまりの安さにお持ち帰り

いただこうとしたら10鉢200円にするからあと9鉢持っていきなさいと

しかたなく(?)お持ち帰りしたのが


  002 のコピー 006 のコピー
 なんとかカスミソウ?       チェリーセージ

 044 のコピー2 029 のコピー 
   お店の人も          ノウゼンカズラ

  009 のコピー1 025 のコピー
        ラムズイヤー       チャービル

  086 のコピー 020 のコピー1
      エリゲロン         サルビア・コクネシア


              そして これも処分品
  えっ!!ボク !! DSCN3683 のコピー
               いやいや その葉っぱ

これにて10鉢 欲しいお花があったかどうかは


              そして、こちらも処分品
  やっぱり ボク!! DSCN3686 のコピー

          いやいや お花 ペチュニア・カリブラコア

こちらは2100円の鉢植え 028 のコピー
のはずが 200円でいいと 今日の暑さで満開に

今年はお花の苗を買わなかっったので、急に華やかになった


  このページのトップへ
      季節は真夏に突入し庭のお花も様変わりする中

     6月中旬に咲き始めたインテグリフォリア・アルバ 
ずーっと絶えることなく 096 のコピー
咲き続けている 最近は少し小振りになったけれど
数は増して、5年間で一番花数が多い

冬に室内でコナジラミ被害にあい枯れ枯れになった
             オーストラリアン・ブルーベルズ 
     032 のコピー  028 のコピー
 バッサリカットして 薬をビュー ビュー したら

     生き返って 008 のコピー
            去年よりたくさんのお花をつけた


去年処分品を買った インテグリフォリア篭口 

秋に地植えして越冬 068 のコピー

春に芽を出してから、なかなか大きくならずやきもき
でも今は 071 のコピー 075 のコピー
         たくさんのベルが プラン プラン


    こちらのクレマチスも6月からずーっと咲き続けている

   010 のコピー1  013 のコピー


 紫錦唐松が開花 ギボウシが終わって 桔梗が咲き始め 季節はどんどん

        オカトラノオもあっという間に終わりそう

      DSCN3665 のコピー_edited-1 DSCN3666 のコピー
    ナニ、寅の尾・・・・・ボクの尾っぽのほうが立派だろブリン 


このページのトップへ
             オショロソウを堪能した後は

レストラン村でお食事 RIMG1262 のコピー
自家製の燻製がとってもお美味しい 特にホタテがしっとりで

お腹も満たされ次にご案内してもらったところは

          小林多喜二の文学碑がある小樽展望台

        こんもりと緑に囲まれ 静かに重々しく碑は立っている
本を広げた形の碑 RIMG1270 のコピー1
        いろいろな色合いで深みのある石は登別硬石とのこと

 碑の作者は本郷新 RIMG1274 のコピー

娘が今「本郷新記念 札幌彫刻美術館」での展覧会に参加していることから

なんだか親近感があり見入ってしまう

そしてなんとこの碑の周りは遊歩道
ちょっと林に入ると RIMG1275 のコピー

     RIMG1281 のコピー  RIMG1282 のコピー
    ジンヨウイチヤクソウ、ウメガサソウがポロポロ目につく

    ウメガサソウを RIMG1288 のコピー
              覗きこむとこんなかわいいお花

             今度はゆっくり遊歩道散策をしたい


        そしてまっすぐ下が小樽駅になるという展望台
遠く雄冬岬まで見えて RIMG1296 のコピー
                なかなかの眺望

 小樽洋菓子の老舗 RIMG1305 のコピー
              館のケーキもいただいて

のんびりといつもと違う小樽を味わって満足な一日

帰りは札幌まで送ってもらって・・・こんんなに甘えていいのかな・・・・


ついでに
今開催中の展覧会での本郷新の作品「遥かなる母子像」も素晴らしい

会期は8月26日まで  113 のコピー

記念館では野外展示の作品の原型も見ることができる



このページのトップへ
         はるばるやって来たけれど・・・・

果たしてどこに RIMG1205 のコピー


手がかりは・・・ ・海岸 、特に崖っぷちにに咲く 
          ・花は濃いピンクのラッパ型 
          ・茎は赤い
          ・ 丈40~60cm


も、もしや これ  RIMG1227 のコピー


実は数日前小樽のK夫妻から探しに行くと連絡があった

そして「 わたくしめ発見しました。だけど、崖っぷち!
上からも下からも、私のカメラでは無理…茎が赤かった
〇〇〇〇海岸です」との朗報が入った


というわけで14日 K夫妻の案内でその場所に連れて行ってもらった

    お、おーっ RIMG1212 のコピー
              これがバシクルモン
 この名前は、アイヌ語の“paskur(カラス)”、“num(草)”に由来するらしい

またの名はオショロソウ(忍路草)小樽市忍路で発見されたとのこと

  076 のコピー 104 のコピー 091 のコピー

今年初め新聞に紹介され その後小樽博物館で企画展があり一躍脚光を浴びた

Y夫妻は企画展 説明会にも参加し、この時期が来るのを待っていた


そのお陰で環は簡単に 100 のコピー
貴重なお花に会うことができ、たっぷり拝ませてもらった


実はこの場所は大学に入った42年前 美術部の合宿できている
あの赤い屋根の建物 RIMG1226 のコピー
 

          細い崖っぷちを通ってそこまで行ってみると 

   RIMG1231 のコピー RIMG1246 のコピー
             そのままの姿で残っていた

           懐かしく感慨深い場所での花との出会い

     42年前の夏も RIMG1222 のコピー
     この崖っぷちにはオショロソウが咲いていたのかもじれない


見頃はこれから 通行止めになっているけれど行けないことはない場所


このページのトップへ
         朝5時半 裏の蕗の葉を取りに行くと

            葉の周りを縁取るように
朝露が 017 のコピー

自然界ではこんな朝の光景があったのね 


7月11日 水曜日  7月のお茶のお稽古
                
気温が28度 DSCN3626 のコピー DSCN3620 のコピー
いかに涼しくおもてなしするかを考えつつ

七夕にちなんだ葉蓋 で 洗い茶巾のお稽古をする

   お菓子も DSCN3637 のコピー 抹茶と黄粉味
   「七夕さま」 名前に魅かれて買った

            平茶碗にお水をはって
   涼やかに~ RIMG1150 のコピー

葉蓋には本来梶の葉を使うけれど、環家ではいつも手近な京蕗を使う
 
          ところが御姐さんが持ってきてくれた葉は

        RIMG1145 のコピー

        ヤマグワに似ているような気もするが・・・・

だいたい梶という木を知らないので何とも言えないけれど形は似ている

葉蓋にはぴったりの葉で蕗よりはいい感じ

もう一つ御姐さんが持ってきてくれたのが「三光棗」
夏のお棗だそう RIMG1155 のコピー お茶杓の銘は「青山緑水」
 
三光とは何ぞやとサエちゃんと調べてみると

  【 三光棗 鵬雲斎好写 】
  天空に光を発する日・月・星の三つを「三光」と称し、
  それを文様にした棗です。
  蓋の甲から胴にかけて銀粒で北斗七星を、
  立ち上がりに三日月蒔絵を施し、
  蓋裏は金地で日輪に見做(みな)しています。
  糸目溜塗で天空の無限の広がりを意匠した棗です。


            これを踏まえて改めて見て
立ち上がりの三日月に 004 のコピー
気づき思わず歓声  三光をじっくり見せてもらう   

ということでお棗の由来を初めて知った御姐さん
お母さんの残された RIMG1149 のコピー
お道具に改めて価値を見出したかも~


お道具との出会いも一期一会 いいお道具を見せていただき 
今回も満たされた DSCN3658 のコピー
一日だったね~      えっ、ボク見てない

               あら、残念 起こせばよかったね


            まだ気になるのがこれ
梶なんだろうか? DSCN3661 のコピー
桑のような気がするけれど・・・・まあ、うちは蕗があるからいいかな


蕗と言えば、昨日「もう今年最後だよ」と太い蕗をいただいた
早速作ったのが 007 のコピー
蕗の肉詰め     これくらい太いと作りやすいし
            蕗のみずみずしさが美味しい 

うちのは京蕗なのでこんなに太くはならない 葉蓋専用だわ 




このページのトップへ
去年一年草になってもいいと買ったツクシカラマツ 

あまりの小ささに感動し嬉しかった

そして今年4月27日 鉢の中にそれらしき芽を発見                          
                     
確かにツクシカラマツ 062 のコピー

              それから毎日毎日成長を見守る日々


花芽がぐんぐん上がってきて そろそろ開花かと胸ときめかすその時

なんと、不覚にも鉢に足を引っ掛けて、ひっくり返してしまった
 
放り出された株をそーっと鉢に戻し・・・・あとは祈る日々
  
                祈った甲斐あり 
1週間ほど前から開花 007 のコピー
              しかし 去年よりずいぶん小さい

  027 のコピー  DSCN3607 のコピー
 花径7、8㎜ 一向に大きくならない 葉も立ち上がってこない
 
              どれくらい小さいかというと

    花はどこだ? DSCN3611 のコピー
           ミュウコの目に止まらないくらい 

             
             そんな小さい開花だけれど
  とってもうれしい 037 のコピー

来年はもう少し大きくなるように・・・・何をするんだ

           ではミュウちゃんと記念撮影
 
      花はどこ? DSCN3613 のコピー


             

このページのトップへ
                娘が参加してる企画展

        Eat Art 展  RIMG1109 のコピー

            絵画 写真 木工 金属 陶器 その他

           いろいろな分野の作家さんが出展している

     015 のコピー   019 のコピー1

    
 レジのところにいた RIMG1071 のコピー
 ニャンコがとても可愛いくて手に取って見てしまう


こちらは若い女性の個展 築100年の古民家  ギャラリー犬養

         RIMG1089 のコピー RIMG1105-のコピー

           とてもいい雰囲気の素敵な絵で見入ってしまう 

   RIMG1096 のコピー   044 のコピー1

ギャラリーも気になりつつ 今度ゆっくりお邪魔したい場所


         昨日和歌山に住む友人からポストカードが届いた

いつもながら素敵な絵に RIMG1108-のコピー 心が弾む

 昨年定年退職しのんびりしているかと思ったら
 6月に往診専門の獣医診療所を開いたと

            まさに第二の人生のスタートだわ

最近人生の片づけばかり考えていた自分 いい刺激をいただいた気がする


このページのトップへ
今日は月一回の草木のごみの日

ということで昨日は朝からビッチリ向かいの家の庭の草取り

キャーッ バラが大変! 018 のコピー
アブラムシはいるし病気かも・・・・ バッサリ

          ラベンダーはお花が開き始めていたので
雨の降る前に 032 のコピー  031 のコピー
            クンクンしながらラベンダー刈りもして 

      いい香り~♪ 051 のコピー

 
うっそうとした緑の中にキラリ光る赤い実
 
フサスグリがこんなに 054 のコピー
赤くなっていた お花が好きだったのにいつ咲いていたのか・・・・

折れた枝を花瓶に挿して・・・・・・ふとキッチンに飾った絵皿を見ると 

                 あらま、そっくり!
     もしかしてこれは RIMG1048 のコピー1
               フサスグリの絵かもしれない

絵の下に書かれた ribes rubrum の文字で検索するとフサスグリ画像がたくさん出てきた

画像をたどっていくと なんとこのお皿の画像も出てきてビックリ

これは24年前のお父ちゃんの北欧土産 

一緒に行こうと言われたのに子供を2週間も置いて行けなく断った環だった

大好きな絵皿で大切にしていたけれど何の植物か調べようともしなかった

今頃わかるなんて お父ちゃんゴメン

                環の宝物がまた増えた


 収穫したら 040 のコピー1  050 のコピー
        カメムシさんが一緒だった       えっ、カメムシが宝物 ?                  
                                    そりゃ 臭いワー




このページのトップへ
 自然観察会で真っ先に見たのがこれ
               アリ塚
1メートルほどの RIMG1027 のコピー
 トドマツの枯葉でできた山が3つも並んでいた
 
目を凝らすと 008 のコピー RIMG1026 のコピー
ジワジワと動くアリ 山に手をかざすと熱く 酸っぱい臭い
蟻酸と言って アリが身を守るために発するのだそう
ありの威力に脅威を感じる 

             植物によくついているアワ
         RIMG1031 のコピー RIMG1029 のコピー 
    このアワを作っているのがアワフキムシ あまりにもそのままの名前


               怖い角のある毛虫

        059 のコピー   163 のコピー
       ヒメシロモンドクガの幼虫    ヨシカレハの幼虫 

                 どんな大人になるのでしょう

   
こちらは大人が想像できる 058 のコピー
                    キアゲハの幼虫 


こちらはちゃんと 061 のコピー RIMG1036 のコピー
聞いていなかったのでのテントウムシ?カメムシ?ハムシ?
昆虫図鑑も買おうかな・・・・


          写すつもりはなかったのに  
ついシャッターを 167 のコピー
             あまり見たくない


              シモツケソウでヒラヒラしていた

フタスジチョウ 111 のコピー1 102 のコピー


          湿原で気をつけましょうと言われた
                   蜂の巣
アシナガバチ 175 のコピー 175 のコピー1
              目と目が合ってしまいました

今回はいつもよりかなり真面目にお話を聞いたつもり

20℃ほどと歩きやすい気温だったので集中できたかも

果たしてどれだけ頭に残るのでしょう・・・・・

たぶん ほとんど・・・ 046 のコピー

              その先は言わなくていいからね




  このページのトップへ
 今季第4回目の自然観察会 7月3日 火曜日

間の2回をお休みしてしまって久しぶり

            集合は札幌から高速で1時間
        無人駅 001 のコピー
一昨年も来ている ここからウトナイ湖に向かって約3キロほどの観察

鳥・植物・昆虫 いろいろと説明していただく

今回は初めて見る植物もあり興味津々

ハイミチヤナギ 032 のコピー 038 のコピー
  (タデ科)     米粒ほどのお花は見逃してしまいそう

     116 のコピー 118 のコピー
       エゾノレンリソウ  マメ科独特の蝶型のお花

             近くの遊水地でも見られるけれど
          今回は 115 のコピー
             きれいなブルーの蕾にうっとり


           こちらは初見のお花 クロバナロウゲ 
 漢字で書くと 120 のコピー  123 のコピー
  黒花狼牙   どこがオオカミの牙なのでしょう・・・・

     花びらのように 140 のコピー
       見えるのは顎 葉はワレモコウに似ている


             すぐ近くにはシロスミレ
  終りかけで 132 のコピー  136 のコピー
  お花をもう少しきちんと写すとよかった 葉は細長くひれがある
     

                帰り道 湿原に入ると
 
   何もなさそうに RIMG1045 のコピー
    見えるけれど・・・・・なんとなんと

                  トキソウ(朱鷺草)が 
初めて見るお花 169 のコピー  184 のコピー
ちょうど見頃で 点在している サワランと似ているようです 


            足元にはよく見るとモウセンゴケが一面に・・・・・
           183 のコピー  179 のコピー
          踏みつけてしまいそう  粘性の毛に捕まった虫が


             プラプラたくさんぶら下がっていたのは
ゴウソ (カヤツリグサ科) 186 のコピー
           見たことがあるけれど名前は知らなかった

            こちらの白いスミレは    こちらのアザミは
アギスミレだそう 194 のコピー   190 のコピー
苦手なスミレの見分け・・・やはり難しい    エゾノサワアザミ


説明していただいたお花はまだまだたくさん・・・・・虫も・・・



このページのトップへ
              RIMG1040 のコピー          

             植苗 自然観察会でみた植物


    013-のコピー    150-のコピー
キレハイヌガラシ コウゾリナ      エゾスズシロ コウゾリナ? 

   049-のコピー   025-のコピー1
  ガガイモ ナワシロイチゴ      タネツケバナ ハキダメギク

   031-のコピー   198-のコピー  
    キツリフネ  ヒレハリソウ     ミヤコグサ  コシカギク


   141-のコピー   201-のコピー
  シロバナニガナ  ハナニガナ   ゲンノショウコ ムラサキケマン
  
    047-のコピー  144-のコピー
     ヤマグワ   オオイヌタデ   アカネムグラ エゾスカシユリ


9時半 ゴマちゃん車で高速で行く 10時半着 昼食あり




このページのトップへ
7月最初の日 楽しみにしていた篠笛演奏会

北海道立文学館にて 夜の演奏会

娘を誘ったけれど用事があったので 開場までの時間

中島公園をぶらぶら付き合ってもらう

            真っ白なバイカウツギがちょうど見頃
二人で RIMG0969 のコピー   RIMG0967 のコピー2
スナップ写真の撮りやっこ     環は今回塩沢つむぎにアヤメの麻の帯

改修工事のためRIMG0973 のコピー
        休館になっている豊平館前もウロウロして

         開場のころ行ってみると
こんな展覧会をしていた RIMG0975 のコピー
5時で終了は残念 事前にチェックしておけばよかった


            今回の篠笛はお家元様の演奏会

           ブログ友さん、いつもながらお美しいこと
童謡の日の7月1日 RIMG0988 のコピー
ウエルカム演奏ということで童謡から始まる

薄暮のころ始まった演奏会 

            家元様と皆さんの演奏に引き込まれ
             RIMG1009 のコピー1
             瞬く間に過ぎてしまった二時間 

演奏を聴くというよりは別世界に誘われた感じで我を忘れてしまうほど

こういう機会に恵まれ幸せ 

本当は笛を習いたいと真剣に考えたこともあったけれど

今は時間がなくて練習できないし・・・・聞かせていただくだけで満足

夜の中島公園を RIMG1017 のコピー
一人歩くも心がしっとり弾む 満たされた一日となる


こちらは今日の頂きものスイーツ

うちを建ててくださった業者さんからのお土産

本日オープンの 023 のコピー1
バースデーイブさんの札幌店の施工をしたとのこと 

           このお店本店は北見なのね

久しぶりに美味しいケーキ 二個いけそう
 
甘い匂いするのは DSCN3585 のコピー
気のせい? 生クリームは好きニャ



            気のせいだよ ミュウちゃん






このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

06月 « 2012年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する