FC2ブログ

猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

         朝5時半 裏の蕗の葉を取りに行くと

            葉の周りを縁取るように
朝露が 017 のコピー

自然界ではこんな朝の光景があったのね 


7月11日 水曜日  7月のお茶のお稽古
                
気温が28度 DSCN3626 のコピー DSCN3620 のコピー
いかに涼しくおもてなしするかを考えつつ

七夕にちなんだ葉蓋 で 洗い茶巾のお稽古をする

   お菓子も DSCN3637 のコピー 抹茶と黄粉味
   「七夕さま」 名前に魅かれて買った

            平茶碗にお水をはって
   涼やかに~ RIMG1150 のコピー

葉蓋には本来梶の葉を使うけれど、環家ではいつも手近な京蕗を使う
 
          ところが御姐さんが持ってきてくれた葉は

        RIMG1145 のコピー

        ヤマグワに似ているような気もするが・・・・

だいたい梶という木を知らないので何とも言えないけれど形は似ている

葉蓋にはぴったりの葉で蕗よりはいい感じ

もう一つ御姐さんが持ってきてくれたのが「三光棗」
夏のお棗だそう RIMG1155 のコピー お茶杓の銘は「青山緑水」
 
三光とは何ぞやとサエちゃんと調べてみると

  【 三光棗 鵬雲斎好写 】
  天空に光を発する日・月・星の三つを「三光」と称し、
  それを文様にした棗です。
  蓋の甲から胴にかけて銀粒で北斗七星を、
  立ち上がりに三日月蒔絵を施し、
  蓋裏は金地で日輪に見做(みな)しています。
  糸目溜塗で天空の無限の広がりを意匠した棗です。


            これを踏まえて改めて見て
立ち上がりの三日月に 004 のコピー
気づき思わず歓声  三光をじっくり見せてもらう   

ということでお棗の由来を初めて知った御姐さん
お母さんの残された RIMG1149 のコピー
お道具に改めて価値を見出したかも~


お道具との出会いも一期一会 いいお道具を見せていただき 
今回も満たされた DSCN3658 のコピー
一日だったね~      えっ、ボク見てない

               あら、残念 起こせばよかったね


            まだ気になるのがこれ
梶なんだろうか? DSCN3661 のコピー
桑のような気がするけれど・・・・まあ、うちは蕗があるからいいかな


蕗と言えば、昨日「もう今年最後だよ」と太い蕗をいただいた
早速作ったのが 007 のコピー
蕗の肉詰め     これくらい太いと作りやすいし
            蕗のみずみずしさが美味しい 

うちのは京蕗なのでこんなに太くはならない 葉蓋専用だわ 




このページのトップへ

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

06月 « 2012年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する