猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

          久し振りの雨で庭が少し潤った

雨と共に風も強く 今朝アガパンサスとミニトマトの鉢がひっくり返っていた

今も風が強いので 不安定な鉢植えは避難させてある

ブログ友 panaさんの去年の収穫量に刺激され

      098 のコピー     100 のコピー1
          今年はミニトマトとシシトウを植えてみた

家庭菜園は苦手! 全く知識がないのでただ植えただけ

でも 花が咲き 099 のコピー
実がなってくると気になって 何度も覗いてワクワク

先日初収穫  156 のコピー
        ミニトマトが3個にシシトウが6個

嬉しいかも・・・・しばらくはお弁当に重宝しそう

こちらは忙しくしている間に 熟してしまっっていたフサスグリ

収穫すると 129 のコピー
結構な量があったので今年はジャムを作った

       お鍋でぐつぐつ煮て裏ごしして・・・・・・
        種のプチプチ感も味わいたいので 
裏ごしした種を 138 のコピー
少量戻し入れた  スイス土産のジャムと食べ比べ
 

今日もミニトマト3個 シシトウ6個 収穫

朝一番にお花より先に実をチェックしている


  今季初の 007 のコピー
        宿根アサガオが開花した


去年山野草のお店で購入のアポイゼキショウ

 数日前から 010 のコピー
一気に花芽をあげて、元気に開花している

 




  このページのトップへ
忙しくしている間に庭の花はどんどん咲き進み

         気が付くと終わりかけているお花もある

ホリホック     072 のコピー
チャーターズダブルゴールデンイエロー
             大輪のフリフリはうっとり~

ラベンダーは 摘もうと思っているうちに花が開いてしまった

野の花ブログ用に 028 のコピー
撮影したけれど これって野の花ではない・・・・

遅くなって慌てて種をまいたホリジだったけれど  
  素敵なお花を 143 のコピー
            咲かせていた

    鉢植えアガパンサスは鉢が小さくなって窮屈そう
お花は咲いたけれど 096 のコピー
貧弱!!  地植えにできたらいいのだけれど

消えてしまったと思っていたバーバスカム
            またの名をエサシソウ
シロバナモウズイカ 007 のコピー
ともいうのね   こぼれ種からの新芽がビッチリで
賑やかになりそう


 009 のコピー 004 のコピー 003 のコピー
  モダンバーベナ     ハタザオキキョウ     ナミキソウ

いろいろ花盛りで 庭は収拾がつかなくなっている

花盛りと言えば テンテンの可愛いお手手もテンテンテン

顔も頭も背中もお腹も  RIMG6610 のコピー
             テンテンテンテン花盛り

40度以上の熱が出て水疱瘡

保育園では預かってもらえないので子守りに行っったり

ウチに連れて来たり 可愛いテンテンと仲良しの日々


また、今年町内の婦人部の役員を引き受けた環

夏祭りで100キロのジャガイモの揚げ芋作り

炎天下での揚げ物は   RIMG6638 のコピー
拷問で くらくら 無言でひたすらの作業

そんなこんな忙しいことが重なって・・・・夜は早々にバタンでした


 
このページのトップへ
7月16日  上富良野岳~三峰山

登山口のある十勝岳温泉駐車場までは札幌から3時間

         10時過ぎの登山開始となる

     RIMG6397 のコピー RIMG6436 のコピー
    沢を渡り 尾根を進み 何か所かの雪渓を渡り
 
    長い長い階段登りもあり ぐんぐん高度を上げる

自分のレベル以上の山歩きでまさに足が棒になったけれど

 支えてくれたのは百花繚乱の登山道のお花たち


RIMG6398-のコピー

    オオバタケシマラン  ツマトリソウ  ヨツバシオガマ
    ホタルブクロ     ウコンウツギ   ジムカデ


RIMG6461-のコピー

   アオノツガザクラ  ツガザクラ    イワウメ
   エゾウサギギク   ミヤマリンドウ  エゾコザクラ


RIMG6513-のコピー

    エゾツツジ     トカチフウロ  イワギキョウ
    エゾヒメクワガタ  コマクサ    ハクセンナズナ


RIMG6388コピー
  
    ゴゼンタチバナ   コケモモ     マルバシモツケ
    ハクサンボウフウ  ミヤマキンバイ  エゾイソツツジ


RIMG6495-のコピー

   イワオトギリ  イブキトラノオ  エゾノハクサンイチゲ
   コガネギク   チングルマ    モミジカラマツ


RIMG6569コピー
                     
  ウラジロナナカマド  ウラジロタデ     アライグサ
  オガラバナ    ウスユキトウヒレン  登山30分前に配られた アミノバイタル



今回は見たいお花の一つリンネソウにも会えた

想像以上に小さいお花で RIMG6546 のコピー
見逃してしまった 後ろの男性が立ち止まっているので引き返してご対面

     RIMG6551 のコピー_リンネソウ
            5~7㎜位の小さなお花


もう一つお初のお花はウズラバハクサンチドリ
残念ながら花は終わっていたけれど
ウズラの卵のような RIMG6531 のコピー RIMG6509 のコピー
斑点のある葉を確認できた           こちらはハクサンチドリ


            今回 一番咲き誇っていたのは

       イワヒゲ RIMG6474 のコピー RIMG6475 のコピー
   小さい花が岩にしがみついて 長い登山道で声援を送ってくれた




  RIMG6466 のコピー   RIMG6477 のコピー
12時45分に上富良野岳制覇 13時50分に三峰山を制覇し

 富良野岳分岐を横目にサクサク下山 登山口着は16時30分

あと0.8キロ登ればお花の山 富良野岳も制覇できたけれど・・・・・

またいつか訪れることができるだろうか・・・・・?  



このページのトップへ
        「熟年からの ゆっくり登山」 
 

 今回は十勝連峰 上富良野岳から三峰山の縦走でした

参加者14名 RIMG6393 のコピー
眼前の安政火口にドキドキしながら登山開始

足元のお花に RIMG6506 のコピー
励まされ過去最長 7時間の山歩き

初めてのお花にも会えて感動の1日でした



今日からしばらく忙しいことが続くのでその報告は後日・・・・来週かな?





このページのトップへ
      7月10日(水) 7月のお茶のお稽古

暑さ続きのこの頃 この日は30℃はなかったけれど ムシムシ ムシムシ

こういう日は名水点などできたら 涼しげ~

などと思いながら例年同じ 葉蓋・洗い茶巾のお稽古

          たくさんとってきたニャー 
         084 のコピー

 蕗・ヤマグワ・ブドウ・ウリノキの葉を用意した


 お花は開花したばかりのミツバシモツケを使いたかった

でも入れてみると 111 のコピー
あまり良くない・・・・ギボウシ キョウカノコ ヤバネススキ  

           サエちゃんと相談の結果 

     こちら採用 125 のコピー
       クガイソウ ナツシロギク ナルコラン 

お軸は古い古い環の祖父がもっていたものを掛ける


          まずはお姐さんのお点前で 
 133 のコピー  089 のコピー
         お菓子は冷たい桃涼菓(ももすずか)

   147 のコピー 156 のコピー
          フキ            ウリノキ
   161 のコピー 168 のコピー
           ブドウ         ヤマグワ

4種類をそれぞれが使って・・・・葉を蓋にする風情を味わう

そのために前日山に行き、葉を用意するという行為も風情がある(と自己満足)

            
    茶杓は寛道作 銘「清閑」
   150 のコピー 149 のコピー
     白漆中棗は 青海波    お茶碗は何のお花でしょう  


夏のお道具で 夏のお点前 何とか見た目は涼しげで

今月も楽しいいひとときを味わう

     このページのトップへ
先日 お茶のお稽古の時 ゴマちゃんから

             アオバト情報

    昨日、早速サエちゃんとその海辺に行ってみた  

 
              この広い広い砂浜の 
どこにアオバトが RIMG6382 のコピー
来るというの    ハトは山から来るんだよね
            真剣にハトを探すサエちゃん
     

              波打ち際には流木が山積み

花入れになりそうな  066 のコピー
のはないかな      芸術的な流木にときめく環


 ハマヒルガオ ハマエンドウ オカヒジキ エゾカワラマツバ・・・・・
 海辺の植物を見られただけでも嬉しいかも・・・・

お花の写真を撮ったり ウミウを見たり
  074 のコピー 080 のコピー

心地よい風に暑過ぎない日差し、だれもいない海を二人締めして
2時間ほどしっかり楽しむ

まったくアオバトの気配はないのでまた来てみようねと言ったその時


            きたーーーーーーーーーっ

             目の前に下りてきたアオバト

1・2・3・4・・・・・・ 099 のコピー

           あまりの美しさに声も出ず、二人固まる


そして至近距離、なのにカメラの焦点が定まらない

まあとにかくシャッターは押してみた

            結果ボケボケばかりだったけれど
  095 のコピー  097 のコピー
 一応証拠写真 実際はもっと濃いグリーンのお顔 

そのシャッター音のせいか、あっという間に飛び去ってしまった

今度は少し山側に移動し、静かに待っていると三羽がやってきた

           交代で海水を飲んで飛び立っていった
   100 のコピー 100 のコピー1
念願のアオバト、今度は双眼鏡でじっくり観察できた

みんなトリミング画像だけれど 何とか写っていてよかった


      ショウドウツバメの巣を確認できたのも嬉しい

高い高い位置  RIMG6381 のコピー 052 のコピー
           ツバメがピューピュー飛んで巣に出入りしていた

初見の鳥が増えて嬉しい一日

お花の写真も撮れたし、心弾ませ帰ってきた

   ぽっぽっぽー ハトぽっぽー 塩水欲しいかここにあるぞー

         みんなで仲良く飲みに来い~♪

鳥博士ゴマちゃんに感謝感謝


お茶の記事はまだまとめていない・・・・





このページのトップへ
          今日は予想気温が30℃だったので 

            午前中にひとっ走り円山登山

           その前に神宮入口の木をチェックすると

       ひとつふたつ残っていた  オオヤマレンゲ
 
見頃は過ぎていても RIMG6296 のコピー
              さすが 森の貴婦人


      気温はぐんぐん上昇しているけれど森の中に入るとひんやり

     サクサク登って RIMG6325 のコピー サクサク下山

       今日の山はとにかくウリノキ 見渡すかぎりウリノキ

プラプラ プラプラ  RIMG6327 のコピー 
             ぶら下がった ウリノキの蕾   

   ところどころに RIMG6308 のコピー
    クルリンとひっくり返った花を見つけてワクワク

 じっと見ていたら RIMG6332 のコピー1
 クルりんとなる瞬間を見られるような気がしてジーッ

             葉がウリの葉に似ているから
    ウリノキだそう RIMG6315 のコピー
             この葉 使えるかも・・・・

ウリノキの花 ここ数日で見ごろを迎えそう


                 頭の中は

うりうりが うり うりにきて うり うりのこし うり うり かえる うりうりのこえ
 (瓜売りが瓜売りに来て瓜売り残し、売り売り帰る瓜売りの声)

  RIMG6360 のコピー RIMG6353 のコピー

          シマリスさんはずいぶん忙しそうでした

このページのトップへ
      今年は豪雪で雪解けもおそかったのでどうなることかと思ったけれど

               順調に成長して立派に開花

ツクシカラマツ 035 のコピー 022 のコピー


小さいながらも去年より勢いがあるかもしれない


           では恒例の記念撮影ですよ 

    こんなもんで  RIMG6285 のコピー

        
        もう少し お花の位置まで屈んでみて

  えっ、これくらい? RIMG6276 のコピー

             あら、笑顔が足りないわよ

二カッ RIMG6275 のコピー RIMG6282 のコピー
       笑いすぎじゃない    勝手に顔いじるニャ

今年は存在感ありのツクシカラマツなのでした

             そんな撮影会をしていたら 

                 な、ななんと
 お隣の窓辺に猫  031 のコピー

          バカなことできないよ ミュウコ!



             こちらも小さい開花

   029 のコピー  028 のコピー
        マツバウンラン         ツルコケモモ



このページのトップへ
  RIMG6034-のコピー

  RIMG6097-のコピー
 
  RIMG6170-のコピー


  RIMG6089 のコピー  RIMG6092 のコピー

名前は後日・・・・・


このページのトップへ
6月29日 土曜日 ニセイカウシュッペ山登山

YKK夫人部隊3名 ベテラン山女さん3名 の6名
いつものガイドさんに案内をお願いする

上川町にあるこの山、札幌から登山口まで3時間半もかかり
遅い出発となる RIMG5910 のコピー
入山届を書いたのは10時50分 山頂まで5.5㎞の看板

          今雪が解けたばかりの林道

      早春のお花たちが初々しく咲き誇っている
 RIMG5914-のコピーRIMG5943.gif
    エゾイチゲ  ミヤマスミレ  コミヤマカタバミ 
    サンカヨウ  ショウジョウバカマ  ツバメオモト

         ガイドさんが指を差したのは
エゾライチョウ RIMG5921 のコピー

    厳しいアップダウンも立ち止まって眺める絶景に励まされ
  RIMG5984 のコピー RIMG5988 のコピー

     次々現れる雪渓斜面のトラバースに足も緊張の連続
  RIMG6040 のコピー RIMG6112 のコピー
     遠くに次の日ハマナスさん が登ったひらやまが見えていました

もうねをあげたくなりかけたその時 目の前にパーッと開けた

          天空のお花畑
RIMG6118 のコピー RIMG6077 のコピー

      お花と残雪の景色からたくさんの元気をもらって
RIMG6111 のコピー RIMG6104 のコピー

あと1㎞の看板で RIMG6129 のコピー
再出発・・・・・と言いつつ

       次々出てくるお花に心奪われ、環は遅れをとる

ニセイカウシュッペ山 RIMG6157 のコピー
   1,883m   3時間半かかって頂上制覇


            絶景を楽しんで遅い昼食をとり下山

             RIMG6178 のコピー

          アイヌ語のニセイカウシペ(niseykauspe)は
          「断崖絶壁の上にある山」という意味だそう

確かに、そんな山でした

お花は後日別にまとめるつもり・・・・・?????



このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

06月 « 2013年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する