猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

                 明日から4月というのに・・・・・

           お雛様  069 のコピー
                まだ片づけていないんですよー

              そんなわけで来客が絶えない

    先日来てくださった方が今度はご自分で作られたお雛様をご持参

      CIMG6301 のコピー  CIMG6297 のコピー

    サイズも大きく立派なお雛様に ただただため息と冷や汗

 後姿も素晴らしい  CIMG6304 のコピー

           20㎝×12㎝の豪華な布で作っている

      横には並べられない環雛は7㎝×7㎝のミニサイズ

   まだまだ雪の頃 072 のコピー
miyさんにいただいた枝にお花が咲いた チシマザクラかな・・・
         ミニサイズ雛にぴったりのお花にうっとり


  このミニさん随分前にお友達にいただいたお菓子の箱に飾った

箱の蓋がそのまま 005 のコピー
              屏風になってラッキー  

      これに合わせて牛車を作った 作ったと言えるか・・・?


           100円ショップで見つけたリヤカーと牛

   テンテンに    CIMG6266 のコピー
   「これカバ! カバだよ ばあちゃん」 と力説されたが


    籠を作ってマニュキアでキラキラさせ・・・カバに赤い布を着せると

  082 のコピー   081 のコピー
     なんとか牛車  ちょっとメタボな牛さん(強引!)

というわけでいまだに御雛様熱に取りつかれている


そろそろ兜出したほうが・・・015 のコピー


もう一つ楽しみなイベントが終わったらね





このページのトップへ
連日の16℃越え 2、3日前はまだ雪があったのに

                28日
あとはここだけ   CIMG6278 のコピー

           気が付くとその雪も消えていて  

              軒下から鉢が出てきた

あっ、咲いてるニャン CIMG6285 のコピー

        鉢の中の黒葉ビオラが開花していた

           では、記念撮ね ハイポーズ!
せっかくミュウちゃん CIMG6290 のコピー1
すましてくれたけど このカメラ手前にピントが合うのね 


        そんなことをしている間にも庭の新芽がニョキニョキ

            CIMG6291 のコピー

           あっちにもこっちにも蕾が・・・・

庭囲いも取らないと お掃除もしないと・・・・・

例年より早い春の訪れにあたふた 何から始めよう


気持ちの良い春の陽射しに CIMG6296 のコピー
              ミュウちゃんはうとうと日向ぼっこ



このページのトップへ
生まれかわった姫路城を見てしみじみ思い出す

5年前のお父ちゃんとの旅行

「完成するまで俺は生きていないから行くぞ」と言ったお父ちゃんは本当にいない

いなくなってまる4年がたった

今日は快晴 お寺さんが帰ってから円山に突っ走る

        道端のお花もパッと開いてニコニコ顔

  021 のコピー  024 のコピー

ヤマはまだまだ雪に覆われていてアイゼンをつけてザクザク


        すぐに出迎えてくれたのは

   冬眠から目覚めたばかりの小さな小さなシマリスさん 

   034 のコピー   095 のコピー
       そして今度はぷっくり太ったエゾリスさん

  
             生き生き緑のフッキソウ

            136 のコピー


            今日はホコラを飛び出したフクロウさん

ずーっとずーっと遠く 058 のコピー
バズーカカメラさんに聞かなければ絶対見つけられない

ゆっくりのんびり楽しみすぎてまったく登っていなくて慌ててスピードアップ

と、上からヒラヒラ白いものが降ってきて・・・・見上げると

コツコツ コツコツ 070 のコピー
クマゲラさんがお仕事中 
 
双眼鏡で見るとクッキリ ハッキリかわいいお目目

頭上を飛んでいくクマさんを見送って

ある~日 森の中 クマさんに 出会ーった♪

頂上は誰もいなくて CIMG6271 のコピー
      お父ちゃんと二人っきりで「気持ちいいねえ」

       ヒガラとハシブトガラが目の前をうろちょろ 
 
    144 のコピー  132 のコピー

随分ゆっくりしたのに登ってくる人もなく 心地よい時間を楽しんだ

              下山するとまたまたクマさん
こんなに独り占めして 123 のコピー
いいのかな・・・・・ 一人じゃないねお父ちゃん一緒だった

やっぱりここはお父ちゃんの知り尽くした山

今度はエゾエンゴサクの咲き誇る時期に来ようね

今日は4年前お父ちゃんとお別れした時間の投稿にしよう


このページのトップへ
 まだまだ続くひな祭り

           24日は 「熟女たちのひな祭り茶会」

     お茶の大先輩のみなさんたちで大変緊張しての準備

     024 のコピー   026 のコピー
           と言っても頑張りようもなく 

      ありの~ままの~姿見せるのよ~♪ と居直って

   まずはお食事 残念なことに一番のお姉さまは足を痛めて欠席

        いつも変わり映えしないメニューの ちらし寿司
 カマンベールチーズ  CIMG6234 のコピー_edited-1
 真たち エビ カボチャの茶碗蒸しが美味しいのよん


         そして一応環がお亭主ということで一服
    CIMG6238 のコピー_edited-1   033 のコピー 
        御菓子はほんのりゆずの香りのする「菜の花」

お棗は「住吉蒔絵中棗」 063 のコピー
大阪の住吉大社にちなみ太鼓橋、住吉造りの社殿
住吉鳥居をあしらった蒔絵で桃山時代以降に用いられたと
サエちゃんが調べてくださった

       皆さんにも点てていただいて場も和やかに 
江戸千家さんの 047 のコピー 2
           お点前はなんだか厳かです
 

     蛤と雪洞のお干菓子は小樽の つくし牧田さん製 
    028 のコピー 037 のコピー 
                   爽やかな水色の蛤が素敵です

     背中のお茶碗も素敵です
     034 のコピー   038 のコピー 
                           熟女のお膝も素敵です


       環の白地の附下は母のもの 帯は義母のもの
       いずれも真新しいので一回でもと袖を通してみた
   梅に CIMG6255 のコピー CIMG6252 のコピー2
        白鷺がたくさん       なよっとしてみて熟女感(?)


なんだかんだと盛り上がって熟女のひな祭りも大賑わい

とても楽しい一日でたくさんのエネルギーをいただいた



このページのトップへ
             ポカポカ陽気の中 

たくさんのお客様が 022 のコピー 足を運んでくれる

昨日はお雛様を作って販売されていたグループの方が5人
ゆっくり じっくり見てくださって冷や汗


 
今日はお友達が韓国からの留学生姉妹をお連れくださった

お雛様の歴史に CIMG6186 のコピー
ついての質問にσ(^_^;)アセアセ

        皆さんに作法を教えていただいて
茶道初体験 CIMG6193.jpg
正座が苦手でも長時間頑張って楽しんでくれた

    それぞれ流派の違うお友達のお点前に注目

 034 のコピー 2  040 のコピー_edited-1
      帯揚げには蝶々がヒラヒラ 春ですねえ~

    お茶を楽しんだ後はな、な、なんとなサプライズ

        お友達が絵本を持ってきてくれていて

朗読タイム 042 のコピー CIMG6217 のコピー
柔らかい声色に一同森の中の出来事に吸い込まれる

お雛様に囲まれての思いがけないひととき

              今日も楽しいひな祭り~♪





このページのトップへ
   ポカポカ春の陽気の毎日 我が家はまだまだひな祭り

    092 のコピー   013 のコピー 


        16日 3月のお茶のお稽古は吊り釜

   024 のコピー   020 のコピー
                   お花はちょうど満開になった東海桜


 吊り釜、お炭点前は面倒だけれどお薄点前は普通よねと言いつつも

   042 のコピー  065 のコピー
   いろいろ問題アリの環 いつになく真剣にお稽古

   074 のコピー  094 のコピー
    身振り手振り、身を乗り出してご指導のサエちゃん先生


               いただいた御菓子
     五色の豆が 003 のコピー
           ぎっちりつまった「菓の子(かのこ)」
   

            ネコヤナギのお茶碗に福寿草のお棗

    100 のコピー  002 のコピー 

        春のお道具で美味しいお茶をいただいて春ゆらら


            次の日は北大構内で自然観察会

ぷくぷくのネコヤナギ 037 のコピー

               心弾む季節の到来です




このページのトップへ
      ポカポカ ポカポカ 暖かい日が続き

    今年は雪崩しをしなくてもぐんぐん雪が減っていく

11℃まで気温が上がった昨日は久し振りの自然観察会

観察してるふりをしながら雪で落ちた枝を拾ってきた

             さあ今日は撮影会ですよ 

 こ、こ、こなが 059 のコピー
          飛んでるんですけど・・・・


そうそう 目に見えるくらい派手に花粉を振りまいている

危ニャい 危ニャい CIMG6160 のコピー
                離れよー


花粉症の人には迷惑な季節の始まりですね

       撮影会が終わってもウロウロ春を探すミュウコ

あれーっ、もしかして CIMG6167 のコピー
 
         立ち止まったミュウコが目にしたものは 

咲いてるニャー!CIMG6165 のコピー

雪の下から気の早いスノードロップが一輪 顔を出していた

   ニッコリ (^_^.) 139 のコピー

道路の雪はすっかり消えたので環は自転車を出した 

庭に雪はまだ残っているけれど春宣言しちゃおうかな~




このページのトップへ
おしゃべりしながらチクチクお雛様作りしたいわね~
あれこれ布に見とれながらね

      そんなmiyさんとのお話しが嬉しいことに13日実現


サエちゃん 小樽のデコちゃんも都合がついて4人が我が家に集った

まずは新たに展示しなおしたお雛様をじっくり見て撮影していただいた

その写真は miyさん がアップしてくださっている

      お昼は精進料理で・・・・あまりにもあっさりかな

    004 のコピー CIMG6072 のコピー
        新倉屋の花園団子でちょっとボリュームアップ


              おしゃべりも盛り上がり 
大笑いしながらも CIMG6073 のコピー 
あれやこれやの布選び チクチクの手も進み 

miyさんはお雛様セットのモデルをつとめたお雛様を修復

 綺麗に着せていく CIMG6075 のコピー
miyさんの手元に注目    お見事!!

きれいな着せ方のコツを ご伝授いただき 

中心がずれないように・・・・初心にかえって気合が入る


miyさんの作ったたくさんの素晴らしいセットから
選んだ可愛い二つ 012 のコピー

         ご注文いただいたTさんに 


    昨日はKさん親子がお茶の先生をお連れくださった

  CIMG6115 のコピー  CIMG6130 のコピー
 
    そのあとは娘の幼友達がお子さんを連れて

またまたセットのご注文をいただいて じわじわとお雛様の輪が広がっている


このページのトップへ
ミャーのママさんにいただいたポストカードの切手

 なに なに・・・? CIMG6055 のコピー
 どういう構図なの?  初めは理解できなかった

              じっくり見てわかった! 
水槽の魚を見ている CIMG6053 のコピー 
ニャンコなのね  ジーッと見つめる猫の視線の可愛いこと
              帽子をかぶった魚にも胸キュン


         あまりにも可愛いので小さな額に入れた

階段に飾ったけれど CIMG6079 のコピー
今日のお客さんは気づいてくれただろうか・・・・・



     やっぱりね CIMG6084 のコピー
            目立つところに置かないとニャ


この可愛いシールはこんなショップでゲットできるのね




このページのトップへ
      昨日は強風でも気温が高く春を探しにでたミュウコ

 あと少しだニャ CIMG6012 のコピー

   そうそう、庭の土も見え始め積雪ゼロになるのも今年は早そう

と思ったら今朝は雨 それから霙になって白い世界に逆戻りと思ったらまた雨 

  
   散歩ができニャイ CIMG6047 のコピー


    そんな悪天候の中 クロネコさんのお荷物が届いた

   クロネコさん CIMG6018 のコピー
こんなかわいい梱包袋があるのですか・・・・・? 


            そして 袋から出てきたのは

ニャンと黒猫でした CIMG6037 のコピー
とか言わないでね
  言いたいけど言わないよ


       袋から出てきたのはニャンと猫の手

「お忙しい時に CIMG6027 のコピー
         “猫の手”を借りてください」 とメッセージ

          なんと猫の手のキッチンスポンジでした~

       ほどほどの弾力と柔らかさがあって使いやすそう 

         ミャーのママさんありがとう



      霙混じりで大荒れの当地 テレビニュースになったとか・・・・

そんな悪天候の中遠い新札幌からお雛様を見に来てくださったTさん

     おしゃべりしながらチクチクが進み 7㎝サイズのチビ雛完成 

    CIMG6017 のコピー    CIMG6021 のコピー

               喜んでお持ち帰りくださった



まだまだ続くお雛様時間 猫の手借りようかなあ~




このページのトップへ
            お雛様イベントも終盤

            おたる雛めぐり 最終日  
      博物館 CIMG5978 のコピー 江戸時代
             200年前のお雛様です



山口流笛の会の篠笛演奏にあわせてサエちゃん miyさんと小樽入り
JR駅で小樽のデコちゃんと合流 駅のお雛様を楽しんで

            演奏会のある運河御プラザへ

本日は紅白の椿が CIMG5940 のコピー 写真が下手ネ
ちりばめられたお着物の素敵なsennna さん

  たくさんの段飾り それぞれ個性のあるお顔のお雛様
伏し目がちで CIMG5944 のコピー奥ゆかしい
お隣には歯を出して微笑むお人形もあり楽しく鑑賞

それらはmiyさん がとっても詳しく写してくれてます




で、我々は演奏会前に昼食をと予約していたお店へ
 

お料理コンテストで CIMG5949 のコピー
優勝したことがあるという高島の お寿司屋さん

 
         綺麗に盛り付けられたお料理にワクワク 

どれから CIMG5951 のコピー CIMG5956 のコピー
いただこう・・・目がキョロキョロ      まずは小さなイカをパクリ

どのお品もお味がよくって~ お寿司もしゃりが小さくふんわり崩れず 

         おしゃべりも弾み・・・パクパクうまうま



                そして篠笛演奏会

お花の歌で始まり CIMG5962 のコピー CIMG5966コピー
お雛様の歌はみなさん口ずさまれて 「花は咲く」では後ろの方から感嘆の声
「雨のち晴レルヤ」は聞く側も軽快に 
「元禄風花見踊」は鐘の音も入ってリズミカルに・・・・・

       吸い込まれるように瞬く間に時間は過ぎる

聞いていた方みんなが明るい気持ちになって帰る ステキな時間

sennna さん率いる 笛の会のみなさん ありがとう



      さて 雛めぐり    今回はまた博物館へ

     CIMG5980 のコピー CIMG5984 のコピー
      自分と同年代のお雛様はやっぱり気になる 


    田中酒造さんでは昨年同様古ーいお雛様がたくさん

でも、 CIMG5987 のコピー CIMG5988 のコピー
撮影禁止 その分じっくり居座って鑑賞させてただく

ポカポカ青空の雛めぐり日和 一日では見尽くせないといつも思う

我が家のお雛様は今月いっぱい飾っているので来てくださる方の
予定も入っていて まだしばらくはお雛様時間に浸っている

このページのトップへ
        ミモザが満開となった百合が原公園でミモザコンサート

                CIMG5913 のコピー
                温室にそびえたつミモザの木

   CIMG5862 のコピー    CIMG5857 のコピー
    綺麗なレモンイエローの小さなお花がたくさん集まって輝いて


      そんな木のもとにミモザ色のお着物で現れた篠笛sennaさん

         CIMG5886 のコピー   CIMG5891 のコピー
  満開のお花にさらにお華が加わって 温室に篠笛の音が響きわたった

         お花にちなんだ8曲をたっぷりと楽しませていただいた

Yさんの法被に CIMG5877 のコピー CIMG5901 のコピー
地下足袋(?)も粋でいい感じ        帯にも篠笛が



       CIMG5919 のコピー  CIMG5909 のコピー

     他のグループの演奏もあってお花の香りの中 ステキな一日となった

さあ、今日はおたる雛めぐりです




このページのトップへ
              盛り上がっているお雛様気分

         三月三日は過ぎても環家はまだまだこれから

 玄関のお雛様も  028 のコピー1
              お客様を待ちわびている


      帛紗のお雛様を飾って吊り釜を吊るし茶室も準備万端

    119 のコピー   117 のコピー
なのだけれど、お稽古はまだ先だし、 茶会の予定もこれから考える・・・・・


と、ここで二月のお稽古のアップをしていなかった事に気づく


入院中の母の病院に通う合間を縫って 二月九日 お稽古ができた

    お茶には関係ないけれど母が持っていたお軸 

皆で目を凝らしたけれど  023 のコピー 
読めない    「氷・・・・ 雪積もりをり」の字がある歌


          お花はアオモジとピンク猫柳を入れた

実なの? 025 のコピー 031 のコピー
蕾なの? 悩んだけれど数日後可愛く開花した


   温かい二月だったけれど極寒の季節の「筒茶碗」のお点前

       038 のコピー   051 のコピー_edited-2
         茶巾の扱いが・・・・・毎回見事に忘れていて


       いただいた 033 のコピー
虎屋さんの羊羹 みなじっくり味わってお茶がいっそう美味しい

         この日のお姐さんは一つ紋で厳かに・・・・・

「見せたかったの」と 058 のコピー  061 のコピー
なんと羽織をたおしてご自分で作った帯     前も 「見て 見て!」

慌ただしい日々もこんな時間を持てて気持ちを新たに病院通いをしたのだった

さあ、ひな祭り茶会の相談をしよう




このページのトップへ
           2015年 3月3日 今年のひな祭りは~

      ― 女子会ランチ 桃の節句スペシャル ―  イタリアンカフェ

      篠笛演奏と絵本の読み聞かせ会に環雛も参加させていただく

      お店ではワインラックの上に昨年お嫁入りしたお雛様が鎮座

        感激の御対面 CIMG5803 のコピー
        すっかりお店になじんでおすまししていた

        今年も各テーブルにお雛様を飾らせていただいた

    CIMG5810 のコピー CIMG5819 のコピー

    美味しいランチをいただき sennaさんの「さくら」の演奏でスタート

  絵本は「もりのひなまつり」 読んでくださったのはナレーターのMさん

    CIMG5811 のコピー CIMG5825 のコピー

     sennaさん作曲の笛の音にのってMさんのお話しが始まる

Mさんはいろいろ声色をかえて読まれ 

ネズミたちのひな祭りが目の前で繰り広げられているよう

篠笛も間合いよく入り お二人の息がピッタリで絵本の世界に吸い込まれる



sennaさんのお雛様の曲も最後にはみなさんで口ずさみ 

              灯りをつけましょ雪洞に~♪

とても楽しいい時間を過ごす

帰宅すると ご近所さんが四人 お雛様を見に来てくれる

その後、miyさんがお友達とまたまた可愛らしい布をもって訪ねてくれる

      キャー 鶴 ! CIMG5837 のコピー
                よだれかけ作れる・・・・

皆さんじっくりお雛様を見てくださって有難いこと

 
夜はちらし寿司を作って 母とひな祭り 慌てて食べたので画像ナシ

  きねずみさんの 042 のコピー
          お雛さまクッキーと串団子風の桜餅   

新顔だニャ クンクン CIMG5842 のコピー
一番大切な布で作った出来立てほやほやのお雛様はミニサイズ

     たくさんの人にお雛様を見ていただいてとってもシアワセ

             今日は嬉しい雛祭り~♪


このページのトップへ
        北海道ではあまりなじみのなかった吊る し飾り

       最近はあちこちで見られるようになり作る人も増えてきた
  

     一月に見たSUSUKIDAさん(環雛の先生)の吊るし雛展   

                集い処 えんさんにて

    こだわりの布で 095 のコピー
         ひとつひとつ丁寧な仕上がりで見ごたえあり

  079 のコピー  CIMG5254 のコピー CIMG5251 のコピー
  ご本人もいらしてお話しも弾む 小樽雛めぐりにも参加されるとのこと



  いつも楽しみに訪問している「ぶら里」さんでもひな展開催中

こちらの CIMG5440 のコピー   CIMG5434 のコピー
吊るしはシンプルで可愛らしい キツネの五人囃子も渋い色合いで可愛い!


そして我が家にも今年は吊るし飾りが
 

             なんとも色っぽい大根
 
この大根が欲しくて 045 のコピー
             「おいくらですか?」
      と尋ねると 「500円です」

          この大根が500円とは安い! 

              即購入

             大根だけと思っていたら 
おまけがこんなに! 006 のコピー
    これが全部絡まってひとまとまりになっていた            

 4本だった吊るし飾りを6本にして輪にして吊り下げた

真っ赤な絞りの帯揚げを 002 のコピー
笠にすると          立派な吊るし飾り~ 

よく見ると 052 のコピー1  057 のコピー
ひとつひとつとても上手に可愛らしくできていて嬉しくなる 

篠笛演奏会の時 お隣のお部屋でやっていたフリマの戦利品

             sennaさんに感謝だわ

 
ひとつくらい自分で作るといいのに・・・・今度よだれかけに挑戦しよう



このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

02月 « 2015年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する