猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

フウセントウワタの実をいただいて大喜びしたのは11月初め

トゲトゲの風船は 031 のコピー2
径が6、7㎝もある なんともグロテスク だけど嬉しい形

茶色になって弾けると楽しいです と聞いていたので
弾ける日を待ちわびた

その日はなかなか訪れず もう忘れかけた11月22日

気が付くと風船がシワシワになって 

              種が姿を現していた

ぎっしり整列した種 004 のコピー 1
ガガイモ科とのことで ガガイモやブルースターのように
もわもわと綿毛が吹き出してくるのだそう


みるみる綿毛は 086 のコピー1
         成長してきて今にも飛び出しそう


綿毛の飛び出す瞬間を捉えるべくカメラを向け 待つ 


044 のコピー1
             飛べっ!  飛べっ!


ミュウコ と カメラ  今か今かと気合が入る


シルクのような光沢のある綿毛がぐんぐん姿を見せて

       美しいーっ  023 のコピー 


いつ飛んでもいいよ 037 のコピー

と思う日々が 


続く 続く  続く ・・・・・・ 



 ダメじゃね、こいつ・・・・042 のコピー



本当に 飛ばニャいのかなあ こいつ ・・・・




12月も終るというのに 未だ飛び出さない種

種はできているのだから 来春種を蒔いてみよう♪


今年は大変なことがたくさんあってヘトヘトの一年だった

来年はどんな年になるかな 

楽しいことで飛び回りたい  

ミュウコもお母ちゃんも 飛べっ! 飛べっ!


みなさんどうぞ佳いお年をお迎えください







このページのトップへ
12月12日 土曜日 三日目



        まずは 全国で唯一現存する新居関所 

          家康公が1600年に設置

  376 のコピー  375 のコピー 
  ゆらゆら揺れる渡船場をわたって臨場感ありで関所に入る


   396 のコピー   390 のコピー

当時の厳しい検問の様子をそのまま再現 役人がリアル 
 
    398 のコピー    397 のコピー
規則に従わない者を武力で取り締まる数々の武具も並ぶ


 
次は、徳川300年の歴史を刻む出世城 浜松城

往事の石垣の上に 420 のコピー
              再検された新天守閣


   自然の石を組み合わせた野面積み(のづらづみ)の石垣

     CIMG0655 のコピー  CIMG0656 のコピー
        石垣に会わせて木を削っている

家康公 29歳から45歳までの17年間在城

若き日の家康と城下町の資料が展示されている


                天守閣展望台から
富士山の頭が見えた!! 430 のコピー



浜松城公園は 441 のコピー  447 のコピー
          紅葉も見頃      貫禄の猫さんもいました


お昼はバス車中にて 家康くん弁当

・しらすコロッケ CIMG0682 のコピー 提供は自笑亭さん
・フグの天ぷら ・キャベツ餃子・あさり煮 家康くん大福  
俵ご飯も ウナギ、ミカン、お茶、しらすの4種


旅の最後は  可睡斎(かすいさい)

家康公が名づけた CIMG0689 のコピー
曹洞宗の寺院

僧侶がていねにお寺の案内をしてくださってありがたいこと

我が家も曹洞宗で本堂ではしっかりお参りさせていただいた


当時のまま 454 のコピー
現在も使っているのにまったく臭わないお手洗い

鏡もピカピカで行き届いたお手入れが自慢らしい


瑞龍閣(国登録有形文化財)という立派な大広間があるのに

可睡斎ひなまつり の CIMG0715 のコピー
準備中で見ることができなかった

えーっ、準備しているところを見たかった

山門の石段にもお雛様が飾られるのね 1月1日~3月31日まで


以上駆け足静岡の旅  

 旅の三日間 雨の予報がはずれたことにかんぱーい!

 静岡空港で  CIMG0725 のコピー
             抹茶パウダーソフト 




YOUは何しに静岡へ?  423 のコピー

         は、はー 家康公の軌跡を巡って参りましたー














このページのトップへ


     540-のコピー




このページのトップへ
世間はクリスマスで盛り上がっているけれど

今年は気持ちに余裕がなく・・・・・


そんな中 Christmas Eve Eveの今日 miyさんのお誘い でモエレ沼公園へ


青空が広がって気持ちの良いガラスのピラミッド

  ― モエレ ウィンター ミュージックランド―



            まず最初が篠笛演奏


広い、高ーい  067 のコピー
ピラミッド空間に 澄んだ篠笛の音が響き渡る

帯締めと帯揚げを クリスマスカラ―で決めたsennaさん 

もっとも残響効果の味わえる 073 のコピー1 
「雲海」という曲では もわもわを感じてくださいと

CIMG0747 のコピー

ガラスに広がる青空が気持ちよく とっても幸せ

最後のアメイジンググレイスはみんなハミングで曲に吸い込まれる




次々いろいろなグループの演奏が続き・・・・

だんだん日も落ちてきて 



やっと登場した 馬頭琴! 091 のコピー1

馬頭琴の音色がガラスのピラミッドいっぱいに綺麗に響きわたり

会場のみんなが息をのむ


098 のコピー

Oさん、マキさんの聞かせる演奏に拍手喝采



たくさんのグループの演奏を聞いたけれど 

篠笛と馬頭琴の演奏がこの会場の残響効果がいかされていた

というか一番よかった!!


一日たっぷり楽しませていただいて外にでると

夕暮れ CIMG0790 のコピー

とっても贅沢な一日でたっぷり心に栄養をいただいた



帰宅して慌てて夕食の支度をしていると 篠笛の音♪  

ここまで残響か  と思ったら 

テレビにsennaさん CIMG0792 のコピー 頭にお花が付いて

ほんの一瞬でしたが慌ててパチリ

今日はもう一つの催しでも演奏のsennaさんでした



お誘いくださったmiyさん、演奏くださった sennaさん Oさん、マキさん

幸せな一日をありがとう  明日からガンバロウ!



このページのトップへ
12月11日 二日目

夜中降り続けた雨は朝になってさらに激しくなり暴風雨警報発令!! 

バスは暴風にあおられユラーユラー ひっくり返りそうになって

なんとかバランスをを保ちつつひた走る 

打ち付ける雨で車窓からの景色も

バスを降りての観光は無理でしょ イヤでしょ ・・・・・・  


と、ところが なんと 135 のコピー

         到着すると雨足は弱くなって 

傘、いらない・・・・ 188 のコピー

富士山本宮浅間大社 (ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)

富士山を 141 のコピー
ご神体とする浅間信仰の神社の総本山

       家康公が寄進した神殿

    151 のコピー  175 のコピー1
 

    雨のお陰で朱が鮮やかになって 紅葉もとても綺麗 


  185 のコピー 184 のコピー


すっかり雨も上がって・・・・近くに富士山が望め・・・・ません



次は由比宿をウロウロしたのち奈良時代創建の清見寺


家康公が幼少時 211-のコピー
         住職に教育を受けたお寺だそう


    241-のコピー  238-のコピー-
       明治天皇の御成りの間

             お庭も綺麗でした
山の斜面に 261 のコピー  232 のコピー
並んだ五百羅漢像 古い!!    ツワブキを植えたの・・・?

     お寺の境内を東海道線が走っている 

跨線橋を 215 のコピー
わたっていると 沼津行の列車通過




昼食の後、駿府城に着くころには青空が広がる

 家康公 268 のコピー
      大御所時代の居城

ここで付いてくれた地元のボランティアガイドさんが

な、なんとわが町、新琴似出身の方だった

駿府城の成り立ち、変遷 家康公とのかかわりなどわかりやすく解説いただく



家康の命で 296 のコピー   302 のコピー
        駿府城に運ばれた茶壺     竹千代手習いの間 

次に向かったのは・・・・


                静岡浅間神社 

     327 のコピー  341 のコピー

   家康公が幼少のころから生涯にわたって崇敬した神社
 
    307 のコピー  322 のコピー

                       

   318 のコピー 319 のコピー
   キリンのマークのモデルの彫刻ですって 
     
      こちらも 323 のコピー
         漆塗極採色の壮麗な社殿

丁寧な説明をしてくださったわが町出身のガイドさん ありがとう!

あまりにもたくさんの荘厳な建物を観すぎて何が何だか混乱してきた二日目

夕食は浜名湖名産うな重でしたが 鰻苦手で残念!



このページのトップへ
 友達に「静岡に行ってきま~す」とメールすると

      「YUOは何しに静岡へ?」 とお返事が来た

確かに、静岡と言ってもあまりピーンとくる場所はないかも・・・(北海道人)

               お茶と富士山くらい・・・・


       ってことで、眼下には茶畑が広がって

   CIMG0397 のコピー  CIMG0404 のコピー
      富士山静岡空港に降り立つと かすかに富士山!!




       12月10、11、12日  二泊三日の旅

   「徳川家康公顕彰400年記念 
         ふじのくに静岡歴史・文化めぐり」 というツアー

徳川家康公が生涯の半分以上を過ごしたのが静岡県なのですね(今さら)


空港から最初に向かったところは国宝 久能山東照宮

 久能山の山頂に位置するのだけれど車での直接ルートはない

上からロープウェーにて  CIMG0463 のコピー 
眼下の紅葉を楽しみつつ下ったところにある


       ここは徳川家康公をお祀りした最初の神社


       014 のコピー  063 のコピー2

  日光東照宮に   027-のコピー
  似ているがこちらが先に完成しているとのこと

  036 のコピー  039 のコピー

 数々の極彩色の彫刻と絵画 煌びやかな社殿に目を奪われる

  033-のコピー  CIMG0441-のコピー
  「司馬温公の甕割り」の彫刻 
  
     絢爛豪華を堪能し歴史の重さを感じる神廊をお参する

           綺麗に咲いた椿   眼下には御前崎

  075 のコピー   071 のコピー

短時間でここを去るのはもったいない・・・・・

こんどは下から1159段の石段を登ってお参りしたい



次に向かったのは海岸線の美しいところ・・・・

    三保羽衣参道 122 のコピー

 「神の道」という500mの木道を通って三保の松原へ

本来であればここで広い海原と真っ白い冠雪の富士山を拝めるはず・・・・・

ざーんねん!! 112-のコピー
富士山は姿を見せず 7キロ 3万本の松林だけを堪能

そうだよ、三保の松原の綺麗な富士山を見に静岡にきたんだよー( ノД`)


夕食は沼津名産 CIMG0486 のコピー
  アジのお造り、生のシラス、桜エビのかき揚げ・・・・海の幸に舌鼓

富士山は拝めなかったけれど、傘マークのの天気予報が

見事に外れたことに感謝の一日目




   このページのトップへ
11月のどか雪もすっかり消えて

miyさんが記事にするほど雪のない12月 おまけに気温も高め

一度片づけた自転車を又出してルンルンお買いものだったのに


今朝は一気に銀世界 008 のコピー1

雪かきに追われながらも これで普通と安堵


     自転車の季節も終わり
   014 のコピー   028 のコピー1
                        冷気が心地よさそうカモ

           やっぱり北海道の冬はこうでないと

           こんもり盛ってステキです

    034 のコピー1  040 のコピー 2

    この分だとホワイトクリスマスになりそうですね~♪


 あらっ、ミュウちゃん、雪が降ったらやることあったでしょ 

な、ないです!! 062 のコピー1

キッパリ断られました 肉球スタンプはどうなるの・・・・・



このページのトップへ
      2泊3日の静岡旅行から帰ってすぐのお茶のお稽古

    なんとなくクリスマスをイメージして前夜慌ただしく準備

             552 のコピー
            控えの棚には小物をたくさん飾って 


            524 のコピー
             これクリスマスなの??



      12月14日 月曜日    12月のお茶のお稽古


 控えには「無事」 479 のコピー


 軸は  ― 柊の 花のこぼれや 四十雀 ―

  481 のコピー  476 のコピー
    お花は葉ボタンと白い枝(この名前・・・?)


          お水差しは「オランダ写し」 
クリスマスっぽい・・・482 のコピー
原型はオランダから輸入した煙草容器とのこと



      初めて使う 八景棚でお薄の平点前

  513 のコピー   494 のコピー

           フランスパンみたいだけれど
金沢銘菓 「麦笛」 485 のコピー


今年も出番をまっていた  496 のコピー
シールペタペタのお道具を使って

楽しく美味しくみんなの協力のもと今年のお稽古終了

 



今年の初めのお初釜の時思ったこと

  婆ちゃんの残してくれたお道具を一回でも多く使うのが環の使命

そんな勝手な思い込み使命でお道具選びを楽しみつつお稽古ができた






最近道具買ってるよね 517 のコピー 2

そ、そう まさか私がお道具を買うなんて・・・・・婆ちゃんもびっくりポンだね




このページのトップへ
miyさんに教えていただいた北海道立文学館で開催中の展覧会 

「ネコ!ねこ!猫!!」 展 CIMG0356 のコピー

会期は長く焦ることはないのだけれど気になって行ってきた

館内のあちこちで CIMG0360 のコピー 
             黒猫さんのお出迎え~



これにて撮影禁止 CIMG0362 のコピー
黒猫さんの案内で いざ 猫の世界へ!!



文学作品にいろいろな形で登場する猫が紹介されている

詩、短歌、俳句、川柳、小説に登場する猫

また表紙や挿絵に描かれた猫

それはそれはたくさんの作家さんのたくさんの作品で時間も忘れ見入ってしまった

宮沢賢治の挿絵の 佐藤国男さんや畑中純さんの版画作品も展示

絵本も自由に読むことができがっちり座って次々と・・・・

宮沢賢治 「猫の事務所」 は本も立派 



たくさん紹介されていた中で読んでみたい、見てみたいと思ったものは

・ 谷崎純一郎  「猫と尚造と二人のをんな」
・ 谷村志穂    「助教授ルリ子の恋」 「黒猫ロック」
・ 京極夏彦の妖怪えほん  「ことりぞ」 

ただ単にタイトルが気になっただけネ



たっぷりいたので CIMG0364 のコピー 
         日が暮れそうになって慌てて帰宅した




ニャに 豆本!  CIMG0374 のコピー 
            お母ちゃん行く気だニャ


           期間中いろいろ楽しい企画もあるようで

また行けたらいいニャ  CIMG0373 のコピー 


このページのトップへ
       帯のお雛様の舞羅庵さんの展示会

今回はお雛様が CIMG0350 のコピー
           ずらりと並んで壮観!!

販売品なのでお写真は控えめに・・・・・

京都まで CIMG0349 のコピー
       仕入れにいった帯での新作

風音さん 自慢の CIMG0348 のコピー
新作は古い帯だからできる細かい細工 

人形より CIMG0351 のコピー
時間がかかったという五人囃子のお道具もお見事!!

お話もいろいろ伺えて・・・・・感嘆のため息ばかり

真似できることはあるかな・・・・
五人囃子のお道具も作ってみたいけれど老眼の目では無理
ボンボリも帯揚げで作ってみたけれどきれいにいかない・・・・
扇子や杓も工夫されていてビーズキャップ??やっぱり細かすぎ
書の屏風なら我が家にある書でできるかも

買い求めもせずじっくり見つめてお勉強(盗みともいう) 
少しでも自分のお雛様に反映できたらいいかな

親切にご対応くださった風音先生 ありがとうございます



        猫見に行ったんじゃなかったの?
 
          CIMG0376 のコピー 

そうそうこの後 グランドホテルから中島公園まで テクテクして

猫を見に文学館までいったのよー そこでまた長居をしてしまった

その報告はまた

  このページのトップへ
9月に一緒にお雛さま作り をしたKさんから
 なんとか三人官女が仕上がりましたとのメール 

そのお雛様を展示会に出品しているとのことで楽しみに出かけた

 
              どこ どこと探すまでもなく

目に飛び込んできた 038 のコピー
お雛さま    とっても素敵に飾られていてワクワク

        三人官女 布がふっくら いいですね
        028 のコピー2
         紐の縛り方も凝っているわ~

嬉しくてたくさんパチリしていたら 

私も作りたいですというお声掛けをいただいた

お雛様の輪がどんどん広がっているのが嬉しい

私が作ったのと同じ 035 のコピー1
               シャケもある~

あらら ニャンコもいたわー039 のコピー


Kさんの専門の戸塚刺繍も初めて見せていただいた

              ハイビスカス
素晴らしい作品 031 のコピー2
 手の込んだ(?)葉の色と刺し方に釘づけ!!

書道 絵画 写真 陶芸 木彫りなども楽しませていただいて
たくさんの刺激をいただいた


お母ちゃんも 003 のコピー3
           頑張らニャいとー






このページのトップへ
地域女性部の部長が集まる定例会は月一回ある

         今月はお料理講習会!!   


          「地区伝達講習会」って・・・・

区内の各地域に CIMG0298 のコピー
美味しく健康的な料理を紹介するのが目的らしい

        講師から説明があって即作り始める

         レシピを見ながらみんな必死

熟練主婦たち CIMG0300 のコピー 
手際も良く 1時間ちょっとで5品が完成する

         CIMG0302 のコピー
・黒米入りご飯  ・人参とセロリのポン酢きんぴら  
・わかめスープ ・高野豆腐のそぼろ煮  ・カボチャ白玉

どれも一工夫あってとても美味しかった 

地元野菜をたくさん食べ健康づくりをしましょうということ

CIMG0305 のコピー  CIMG0317 のコピー

これを町内に伝えていくのが私の役目なの・・・・?

えーっ、面倒くさい!! 帰りにはたくさんのお野菜を買ってきた


         カボチャもキャベツもトマトもみんな百円!!

魚はないのかニャ? 028 のコピー1




このページのトップへ

ニャ ニャッ  ニャに者 050 のコピー 

               ニャに者でしょう・・・・


              札幌駅に登場した巨大黒猫

yamato1 のコピークロネコさんの CIMG0164 のコピー
 
          ちっちゃい物も送れるキャンペーンだったのね


母とJRで室蘭へ  CIMG0250 のコピー
行ってきた
           車窓からの樽前山もうっすら雪化粧


今年もあと一か月 そう思っただけで気持ちが慌ただしくなる

           そんな折 手作り作家展のご案内が届く

     帯のお雛様の講習をしてくださった舞羅庵さんから

あの時は すぐにも帯をゲットしてたくさん作りたいと思っていたのに・・・・ 

結局作ったのは 022 のコピー
              三人官女だけ !!

また挑戦したいと思っているのだけれど

結局いつものお雛様に落ち着いてしまう

派手派手しいのが完成 035 のコピー
             ボンボリも真似て作ってみた・・・・・

今度のひな祭りはどんな感じにしようか・・・・・

12月8,9,10日 CIMG0293-のコピー
目の保養に なんとか行きたい

展示会と言えばmiyさんご紹介の  「ネコ!ねこ!猫!」展
こちらは会期が長いので行ってみよう~

今年もあと一か月 だなあ




このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

11月 « 2015年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する