猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

名古屋のミャーちゃん宅からきたうさぎ苔と共におくっていただいた
シレネ・ガリカが開花
あまりの小ささに開花を見逃してしまうところだった

風がおさまるのを待って 028 のコピー2
息を止めて静かにカシャリ! 花径 5~7㎜ 

シレネ独特の 122 のコピー1
袋も付いていて画像を見て感動している

小さいお花を育てるのが得意のミャーのママさん

 003 のコピー3 127 のコピー1
一緒にいただいたティアレラもプラティアも小花がたくさん


数年前にいただいたキャットミント

 032 のコピー  137 のコピー
 一気に花盛りとなった


バッサリ切ってコップに入れたら
 早速 151 のコピー
葉っぱガシガシで バシャリ

コップは無理なので低い花瓶に挿して

            息を止めて カシャリ

しようと思ったら 143 のコピー

しっかり 147 のコピー
味わって・・・・・ カメラマンが息を止めても撮影は無理!!



このページのトップへ
山の畑からホリホリしてきたヤマシャクヤク

慎重に鉢に植えこみ 毎日毎日 何度も何度も眺める日々


まだまだだニャ 007 のコピー2 

ミュウコさんが監視役を引き受けてくれた

ほんとだね 045 のコピー3 5月11日
まだまだ固くていつになることやら

30℃の炎天下の日があったり 強風荒れ狂う日があったり

そのたびに鉢を抱えてウロウロ ウロウロ


あーっ 開いてる!! 062 のコピー1 5月22日
なんかいるかも


              本当 どなたさまの光・・・
かぐや姫??? 123 のコピー2
イヤイヤ竹でないんだから 

          これぞ貴婦人のオーラかも



胸ときめかせ 中を覗くと

真っ黄色の 043 のコピー1
花粉をたっぷりつけた雄蕊が整列

開花は秒読みか・・・・・

      と、 あたりをうろつく不審者
毛皮をまとった 045 のコピー2
こやつは誰? 明らかにヤマシャクヤク狙い 

カメラマンとミュウコは身の危険を感じ一時退散

しばらくして 覗いてみると

侵入者が2名 086 のコピー2
これにて受粉完了ということになるかも

まだ全開していないのに・・・・・

5月26日 結局全開しないまま花びらが一枚 ハラリと・・・・

  093 のコピー   110 のコピー1
 
森の貴婦人 ヤマシャクヤク 
  
美しいい姿を ご近所さんもお寺さんもみんなが楽しんだ 


では、任務終了ってことで 121 のコピー

ミュウちゃん お疲れ様 ありがとう

今日27日は二つのお花すべての花びらが落ちた

うまく受粉できていると種ができるかも・・・・



いつも行く△山も今がヤマシャクヤク真っ盛りとのこと

大好きなコケイラン サイハイランも見頃らしい

行けそうで行けないこの頃 山が恋しい



このページのトップへ
端午の節句飾りの後は 屏風展示をしている

          021 のコピー2

小さな花器を並べておくとお花を入れるときに探しやすい



正面には竹を飾って    ―  かぐや姫  ―

022 のコピー

竹あかりチャリティーのときにお持ち帰りした  やっぱり雛がお似合い 




    5月19日 木曜日      五月のお茶のお稽古 


当日朝になって そうだ ! 突然 思い立って

我が家の竹製品を全部出してみた


これだけ竹が  013 のコピー3
並ぶと つい口ずさんでしまう


 この垣に立てかけたのは立てかけたかったから立てかけた


025 のコピー2 029 のコピー2 030 のコピー1

あちこちに飾っていたお花の花器を竹に替えた 

  019 のコピー2  035 のコピー1
                  蓋置も花器になる~


控えの色紙も竹があったはず・・・・・

サエちゃんが来てから 085 のコピー1
必死に探す  やっぱりあったね(^_^.)

早く言ってくれれば竹蒔絵棗もあったのに・・・・とサエちゃん

今朝、思いついたので ギリギリの準備となった



早いもので5月 初風呂でのお稽古 

風炉の位置 041 のコピー2
お水指の置く位置など確認し・・・・

お花は庭の すごく大きく成長したオオアマドコロ

この花器も竹に替えたのだけれど写真が・・・・・ナイ



いつものように 055 のコピー 
まずはお姐さんに点てていただいて 

 061 のコピー2    075 のコピー
次々みんなが点てる


お菓子は津軽土産の林檎羊羹    角館の生もろこし


 050 のコピー2   081 のコピー1 
                    お菓子器も竹でバッチリ 


 タケタケ タケタケ 198 のコピー
 お稽古ちゃんとしたんだか・・・・


久しぶりの風炉、みんな真剣に頑張りました


お着物も (*^-°)v  078 のコピー





このページのトップへ
名古屋のミャーちゃんのお宅からウサギが飛んできた

ピョンピョン飛び跳ねるウサギにビックリ仰天



これのどこが 058 のコピー1
   ウサギ?・・・・・ なわけニャイだろ!



確かに!

 ミュウコの目には入らないかもしれない

小さいとは聞いていたけれど、ここまで小さいとはね



うさぎ苔 112 のコピー1

白い小さなウサギさんがピョンピョン飛び跳ねているようで
ワクワク、しばらく見入ってしまった


うさぎ苔を初めて知ったのは10年前

ミャーのママさんから届いたクリスマスカード

あまりの可愛らしさに興奮した


そのうさぎ苔を目の当たりにしてウキウキしている

ミャーのママさん 061 のコピー1
のような写真を撮りたくてウサギさんに向き合うこと1時間

無理!!

私の腕前ではなく、カメラでは無理とわかって

可愛い雰囲気だけをパチリ

           054 のコピー2
たらった らった らった うさぎのダンス~ 


朝起きてつい おはよう~ と声をかけてしまう 



もうひとつの嬉しい

ルイヨウボタンが今、庭で咲いている 

お友達の山の畑から 142 のコピー
いただいてきた

昨日今日の暑さで一気に開花

 控えめな 136 のコピー
 若草色のお花にうっとりしている

野の花ブログ用にチョッキンしようか迷ったけれど
青い実が付くことを期待してジーッと見守ることにした


今日、畑で会ったコムクドリさんご夫妻 

  029 のコピー3  035 のコピー 2
夫は歌ってばかり 妻はせっせと食料調達



今週は自然観察会、兄の一周忌、お茶のお稽古 今日は炎天下で畑のお手伝い
明日は町内の花壇作り、明後日は地域の役員総会・・・・・忙しい!

少しゆっくりしたいかも



このページのトップへ
あのお日様のせいだ 046 のコピー1

ほんと ほんと 昨日は寒くて暖房を入れていたのに

今日は24℃で暑ーい!!


 もうおしまいだニャ 053 のコピー

昨日はとってもきれいでうっとりして歌っていたのにね



絶滅かと思ったら こぼれ種から一株でてきて 一輪咲いた

まだお毛毛の蕾の殻をつけた 004 のコピー1   
初々しい姿に感動したのは一昨日

昨日は気温が低かったので 117 のコピー
                  凛とした姿にうっとり~


それが、今日の高温で  048 のコピー1
           パッカーンと開いてしまった

でも根元にあとふたつ蕾が見えている 

今年も会えてよかったリシリヒナゲシ(モドキ らしい)

やっぱり歌ってしまう    丘の上 ひなげしの花で~♪



今日は初夏の陽気でパッカ パッカと いろんなお花が開いた


小粒ながら 033 のコピー
今年も咲いてくれた黒百合


異常に増えたのは 023 のコピー
シャガ 居心地がいいのでしょう・・・・(かな?)

異常に増えたのが もうひとつ イヤふたつ

マイヅルソウとヤブカンゾウ← いらなーい!
そのせいで(きっと)ヒトリシズカが消えた

いいらないものは増え 、 大切なものは消えていく

これマーフィーの法則(懐かしい!)






このページのトップへ
前回お友達の畑作業にお付き合いしたのは4月27日

今度はそろそろ桜も見頃 お弁当を持って豆蒔きにお付き合い 

作業中、また私は 045 のコピー2
 撮ったり、掘ったり 採ったり ウロウロ 

鳥のさえずりがいろいろたくさん聞こえるのだけれど姿は見えず 


と横目に入った青 

                おーおーっ! 

慌ててパチリ!  044 のコピー 2


その時 「行くよー」 の大声に ヒユーッと消えた青

あーん、この悔しさは誰もわかってくれない・・・・・



次に向かったのはもう一つの畑

その通り道には桜の名所があってちょうど満開

せっかくだから 059 のコピー
桜も見て行こうと

車の中からパチリ  062 のコピー1
していたけれど


 やっぱり下りよう 歩こう 桜のトンネルを楽しんだ 

 086 のコピー1   076 のコピー1

ここに来たのは10年ぶり 

桜バッチリの時に来れるのはラッキー

 064 のコピー 093 のコピー

ここでお弁当を広げようか迷ったけれど まだ時間が早いので畑へ


公園と隣接した畑

もうカメラは仕舞って、山菜採りモード

ギョウジャニンニク、独活、アズキナ 蕗 

採り放題  105 のコピー2


以前から、ウチの山にはヤマシャクヤクがいっぱい咲いていると言っていたお友達

ホントかなと聞いていた・・・・

画像はないけれど ホント目の前にいっぱい

持って行っていいよと言われたけれど 蕾のついた状態で

動かしていいの・・・・・シャベルはちゃんと持参!

下の方には 109 のコピー 
ニリンソウ ヤチブキも咲いていて当たり前の自然の風景

必死にカメラを向け愛でる気持ちは失せ 

桜を眺め、飛んでくるキビタキ オオジュリンを見つつ

オニギリをほおばって・・・・・

お友達はこんな自然の中で普通に畑作業をしているのね


目の前を ピョーン、ピョーン と大きな野うさぎが横ぎって行った




このページのトップへ
母の日イベントを最後に慌ただしくGWが過ぎ

やっと平和  076 のコピー

庭は一気に色づいて 新緑の季節 

おおむね緑の庭・・・・草ではありませんように


ミュウコの後ろの一面の白は

   イベリス 069 のコピー
       大株に育って眩しい白さで迫ってくる


 019 のコピー3  058 のコピー
終わりかけのヤブイチゲ    ユキヤナギはたくさんの花をつけた


クチベニスイセンはそろそろ終わり
 032 のコピー   011 のコピー 
               スノーフレークは咲き始めている 


ピンクやブルーのお花もちらほらだけれど白花に押されている


    074 のコピー 025 のコピー2
   地植えで出てきてくれるので嬉しいスミレ



そして、今一番のときめきは


     048 のコピー1

               八重のエンレイソウ


新芽がなかなか出てこなくて ハラハラしていた


今年の花芽は4つ 061 のコピー1
増えもせず 大きくもならず
それでも律儀に咲いてくれるお花にうっとり~



         今一番のときめきは

キャットミント 079 のコピー
ムシャムシャ  若葉は旨い! 





 

このページのトップへ
    お友達から 「鯉のぼり見に来て」


         子供の日の今日は程よい風

 080 のコピー2

立派なお庭で鯉のぼりが元気に泳いでいた

郡上本染め鯉のぼり   さすが 色 質感 素晴らしい!!


我が家では ひと針 ひと針丁寧に仕上げられた鯉のぼり


090 のコピー1   043 のコピー
 ではなく 大雑把に完成させた鯉のぼり

草履の方が 031 のコピー5
一生懸命頑張ったかも・・・・

型紙をいただいた兜は後日挑戦ということで

105 のコピー1  021 のコピー1
 男の子のお着物をあるだけ飾って  5年前作兜も飾って

今年もワイワイ賑やかに

ミュウコとンテンもお着物を着て端午の節句のお祝い

嫌がらないミュウコが不思議    
  039 のコピー 017 のコピー
    イヤです! 


ママはお仕事でご馳走任せられていたのに・・・・ゴメンナサイ

婆ちゃんは前日山歩きだったので疲れて宅配ピザお願いしちゃいました

002 のコピー   031 のコピー4
海老とアボガドとチーズの春巻きは好評でした




このページのトップへ
GWの予定の一つはテンテンとの円山登山

秋にはリスと遊んで頂上制覇ならず

お天気となった2日 

お山のてっぺんまで行こう! と指切りげんまんをして



登山口を出発 ♪ 077 のコピー

すると目の前にザーッと鳥の大群が下りてきて

足元でチョロチョロ 032 のコピー2 
婆ちゃん興奮してパチリパチリ マヒワでした


早速に時間を食ってしまって ゴメンナサイ


婆ちゃん遅いぞー 081 のコピー1

拾った木の枝を振り回すテンテン 


その瞬間 ヒョイと枝にゴジュウカラが飛んでくる

ヒャーッ ママ拍手   084 のコピー1

一瞬のことに3人ドッキリ 嬉しいねえ 楽しいねえ


随分人慣れしている 053 のコピー

しばし鳥と戯れ また時間を食ってしまう


少し進むと今度はシマリスがもぐもぐ もぐもぐ

 069 のコピー 068 のコピー
     ほお袋がパンパン       押し込めばまだ入る


そのあと お口の 064 のコピー
中身を隠しに木の下へ 

そんな様子をじっくり眺めてまたまた時間を食ってしまう


こりゃあてっぺん無理そう・・・・・


と、今度はテンテンのお手手にハシブトガラがヒョイ!

088 のコピー 097 のコピー1
                    ゴジュウカラ も ヒョイ! 

エゾリスも 106 のコピー
寄ってくるし  もう、てっぺん 行かなくてもいいね

と思った

のだけれど 

急登に入ると

テンテンのエンジンがかかってぐいぐい

あと少し

もう少し

がんばれテンテン

てっぺん 見えてきたよー 


ここでエゾキケマンを見るのは初めて

132 のコピー  128 のコピー

もうキアゲアも飛んでいて のどかな山頂


テンテンのおうちは 126 のコピー2
どれかなあ・・・・

テンテン 円山のてっぺんに立つ バンザーイ!



このページのトップへ
    風が冷たいながらも桜が満開の教育文化会館

 CIMG1849 のコピー  CIMG1853 のコピー

5月1日   震災復興チャリティー イベント

   JAPAN×竹あかり    

 miyさんと環のお雛さま約50体を抱え

雛の会のメンバー全員(5人)で応援にいってきた

まずは熊本産の竹を使っての舞台作り

お雛様の飾り付けは自由にとのことでしたので・・・・

  CIMG1857 のコピー  CIMG1863 のコピー
 えーっ、目立ちすぎない    ワタシ 緊張しちゃうわ


  雛、特等席占領で完成した舞台     竹に灯りがともりー

ADSCN4416.jpg   ADSCN4451.jpg

sennaさんの篠笛で舞台の幕は開け・・・・

竹に囲まれ ADSCN4425.jpg 
竹の笛を持つsennaさんは 美しく眩しすぎ

でも、雛も負けないくらい CIMG1886 のコピー1
美しく・・・と、思うのは親のひいき目か・・・・

そして着物リメイクファッションショーのはじまり
 
   CIMG1898 のコピー  CIMG1896 のコピー 
まあ、ウズウズするわね   私もモデルやりたいわ 

一般から応募のモデルさんたち みんな堂々としてカッコいい~
環は・・・・残念ながら年齢制限があって・・・・ってそれ以前の問題ですね 

皆さんお雛様を近くまで見に来て「可愛いーっ」と言っていた


竹に囲まれた三味線の演奏も迫力あり
忍弥さんトークも CIMG1980 のコピー
津軽三味線は猫ではなく犬の皮を使うと聞いてホッとしたり

観客としても楽しませていただいた

主催の「森の時間」の代表者さんがお雛さま茶話会にご参加くださったご縁 

SAPPORO雛の会として 微力ながらも復興支援のお手伝いをさせていただいたことが嬉しい

舞台で頑張った雛たちも 今朝の新聞に見えていた

(' ∇' )ノ ワーイ.   CIMG2005-のコピー

今回の様子はmiyさん がとても詳しくアップしてくださっている

熊本・大分地方のみなさんの一日も早い復興をお祈りしたい


このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

04月 « 2016年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する