FC2ブログ

猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

札幌にやっと初雪

昨年より28日遅く、統計開始以来、1890年と並んで最も遅い初雪なんだそう


昨日防風林を歩いているとパラパラパラと

IMG_8265 のコピー

その後、積もるほどでもなく 

今朝も少し降っていたけれど今はもうピカピカ



最近血圧が高いので  少しでも毎日歩くことを心がけ

早足、早足 ・・・・・・でも林の中は誘惑がいっぱい

双眼鏡、カメラは持たないことにして慌てて歩いている



帰宅してチクチク 

お正月に向けて大きな椿、小さな椿

IMG_8581 のコピー
 
椿の風呂敷に置いたから たくさん作ったように見える


IMG_8584 のコピー
花びらを分けない小さな椿は簡単に作れて可愛い


明日はガン検診 女性部のお仕事、今年で終わりにしたい



  このページのトップへ
先日サエちゃんと百合が原公園の温室を覗いたら
「炉開き」という名の椿があって 思わずパチリ

IMG_7900 のコピー

調べてみるとユキツバキと茶の交配種
11月の丁度炉開きの頃開花するのでこの名がついたとのこと
小ぶりの椿でした



11月12日 月曜日  我が家の炉開き


控えの短冊 IMG_8144 のコピー        

― 焚くほどは風がもてくる落ち葉かな ― 良寛



さてさて、気になる山茶花は・・・

IMG_8454 のコピー

暖かい所に置いたら 丁度良い加減に開花

だから 作った椿は出番ナシとなった

でも、みんなに見て頂いたのは言うまでもない




瓢棚には IMG_8464 のコピー
特別のお棗を飾って


お席入りしてまずはお汁粉

IMG_8248 のコピー
柿の白和えと生酢を添えて

そして 大量のお漬物と酢漬け 
ビール漬け、南瓜漬け、葡萄漬け 牛蒡漬け・・・・
黄蕪、赤大根、ズキーニのピクルス お漬物食堂みたい 
皆さん大変喜んでくださり 完食!!




サエちゃん先生のお点前での一服

IMG_8437 のコピー

どちらが正面かもめた
織部茶碗 IMG_8438 のコピー


お棗はお姐さんにお持ちいただいた三光棗

IMG_8462 のコピー
 【 三光棗 鵬雲斎好写 】
  天空に光を発する日・月・星の三つを「三光」と称し、
  それを文様にした棗です。
  蓋の甲から胴にかけて銀粒で北斗七星を、
  立ち上がりに三日月蒔絵を施し、
  蓋裏は金地で日輪に見做(みな)しています。
  糸目溜塗で天空の無限の広がりを意匠した棗です。



見どころは 蓋の北斗七星 蓋裏の日輪 立ち上がりの三日月

IMG_8461 のコピー

以前にも見せていただいたけれど 改めてじっくり鑑賞

また会うことはないかもしれないお棗との出会いに一同 唸る

控えのもう一つの短冊
お道具との出会いも IMG_8468 のコピー



お姐さんは瓢箪のお茶碗で一服

IMG_8441 のコピー

こちらのお茶碗、
外側に5つ IMG_8442 のコピー 
内側に1つ 瓢箪が描かれた六瓢箪(むびょうたん)
無病息災との語呂合わせで縁起がいい


三部を意識しての瓢箪茶碗 だったけれど

本物瓢箪も控えに飾っておいた

IMG_8471 のコピー


そんないろいろお話も盛り上がった炉開き


あと何回炉開きができるのでしょうね・・・・・


今回環は92歳の叔母様にいただいた一つ紋に
千歳のお友達にいただいた塩瀬の帯

IMG_8245 のコピー

着物と帯がピッタンコ(*^_^*)

このページのトップへ
明日の炉開きに向けて 準備OK!



二階展示 今回はお茶入れを並べた

お濃茶のお点前をする余裕がなくなって 

IMG_8238 のコピー

出番のなくなったお茶入れ 
IMG_8236 のコピー 

このままだと日の目を見ないまま葬られそうなので

IMG_8220 のコピー IMG_8218 のコピー 2

せめてうちの人というか自分が眺めているのもいいかと



お炭点前もしなくなったので 

こちらも IMG_8272 のコピー
飾った    木賊釻


茶壺もただ飾っていたけれど 
蓋をあけてみると IMG_8130 のコピー
お茶が入っていた  茶壺だものね


この紐結びも  IMG_8127 のコピー
覚えないまま終わってしまった

義母は口切の茶事をやっていたのを思い出す

今、我が家は 炉開きはお汁粉の日になった

出番のないお茶道具 少しずつ片づけていかねばと思う





昨日お花を買いに行ったら椿はなくて山茶花

おまけにカチンカチンの蕾 

月曜日に咲かせたいといったら う~ん・・・????と


ってことで


咲かぬなら 咲かせてみよう 炉開き椿

IMG_8419 のコピー

咲かないときのために チクチク 作った 

IMG_8396 のコピー

もしもお花が咲いた時は出番ナシ


こういうバカなことをしてサエちゃん先生をハラハラさせている




このページのトップへ
暖かい日が続き 庭の秋色がとても綺麗

IMG_8339 のコピー IMG_8318 のコピー1
IMG_8338 のコピー1 IMG_8361 のコピー1 

紫陽花のブルーもいい色で残っている

IMG_8374 のコピー1



来週の炉開きに向けて、二階展示の模様替え

紫陽花色に合わせて 紫系に~

IMG_8218 のコピー
 


こちらは冬に向けて全体を柔らかい色に~

IMG_8296 のコピー1


この淡い色彩の貝雛はkuuさんに見せていただいた画像の真似っこ

本物はもっともっと柔らかい色でまとめていてステキだった

再挑戦しなければ



新作仕丁が IMG_8259 のコピー
仲間入り  きっちり作りすぎて味気のない人形になってしまった

炉開き準備 明日また頑張ろう



このページのトップへ

日曜日は動くと汗ばむほどのポカポカ陽気

お友達と駅で待ち合わせ 所用を済ませ 北大散歩♪

おーっ  黄金アーチ 

IMG_8101 のコピー

今年も見ることができた(*^_^*)

木の葉がハラハラ舞い落ち ギリギリ間に合った

IMG_8189 のコピー

大学構内にできたこんなお店
IMG_8123 のコピー
普通より色彩を落とし落ち着いた雰囲気の看板

テラス席でお茶タイム♪


IMG_8199 のコピー

夕方の日差しも素敵☆ミ


ズボンとスカートの可愛いワンちゃんカップル

IMG_8113 のコピー


秋の匂い漂うどかな晩秋をたっぷり味わった


環の後姿 IMG_20181104_142239 のコピー 友達から送ってきました



このページのトップへ
抜けるような青空

大慌てで三角山へ向かう


木の葉も落ちて 雪を待つばかりの山道

秋の匂いに IMG_8179 のコピー
深呼吸   

この場にいるというだけでとてもシアワセ


ほとんど種を落としたオオウバユリ
IMG_8003 のコピー IMG_8012 のコピー


蕾を付けたフッキソウ やっと見つけた真珠のような実

IMG_8017 のコピー IMG_8023 のコピー


いつもの 『二人静かの散歩道』へ
こちらは IMG_8036 のコピー
人通りも少なく ゆっくりのんびりパチリパチリしながら♪




ツチグリ IMG_8033 のコピー 

マムシグサの実 IMG_8040 のコピー


かろうじて残っていた IMG_8057 のコピー
ハウチワカエデが 陽射しにキラキラ

なにー?? IMG_8061 のコピー
これは虫食いかなあ

ひとりワクワクしていたら 上から来た男性

というか爺さん 「ガンバレーッ、ターッチ!」

と、ニコニコ手を出してきた

えっ、だれもいない山道で タッチするの(躊躇)

おそるおそる 手を出した環

ちょっと怖かった (婆さん、考えすぎ!)

気を取り直し 頂上制覇 


下山はコースを変えて

樹間に IMG_8079 のコピー
冠雪の手稲山がチラリ


こちらは IMG_8075 のコピー1
ミヤマガマズミかな?


木のてっぺんに鈴なりの・・・・・

アズキナシかな? IMG_8085 のコピー

三角山はお父ちゃんと何度も登ったけれど

晩秋のあの日が忘れられない


この看板 IMG_8094 のコピー
書き換えたのね 位置も随分上になった

転がるように下山し 大慌てで帰宅

行ってきたというだけで心が晴れ晴れ

あと何回三角山に登れるのだろう…来年はあるのかな



このページのトップへ
千歳のお友達からのお茶会のお誘いをお断りしたら

「お互いやれることをやりましょう
チャンスは思いがけず来たりします
サプライズの参加歓迎です」
とのお返事をいただいた


10月29日 千歳のお友達宅にて名残りの茶事


「日々是好日」 今、旬の映画ですね

IMG_8101 のコピー


素敵に色づいたお庭の紫陽花

IMG_8100 のコピー




一同 ワーッ、と歓声を上げた素敵なお着物のお亭主

その華やかなお着物がとてもお似合いのお姉さま熟女の

美しいお点前に引き込まれ 

IMG_8087 のコピー

錦秋のお菓子をいただき
IMG_8079 のコピー

最後のお茶会との事でかみしめていただく一服 

IMG_8092 のコピー

今まで数々のお道具に触れさせていただき

IMG_8095 のコピー

至福の時間を共有させていただいたことに感謝


いつもながらのお心づくしのお食事も

美しく 美味しく お見事!

IMG_8118 のコピー

とてもまねはできないけれど お勉強させていただいた

お茶に限らず 人生の先輩として見習いたいことがたくさんのお姉様

お姉様のひと言で参加する決心がついた事に感謝

尽きぬ熟女トークからたくさんのエネルギーをいただき  

開放感をたっぷり味わって心が洗われた熟女の茶会




お姉様から2本も帯をいただいた

炉開きに IMG_8102 のコピー
締めようかなあ~♪


この日はチビ雛さんをお土産に

IMG_8051 のコピー


月一回でも 母を預けてゆっくりとした自分の時間を作ることも必要よ
とのアドバイスもいただき

よし、そうしよう!!





このページのトップへ

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

10月 « 2018年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する