FC2ブログ

猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて


-- 菊の雛展 ―

IMG_1358 のコピー


毎年ヒナコさんが展示している老人施設に

今年は環雛も飾らせていただいた

とても可愛らしいお着物を後ろに飾って

パーッと華やか!!


この日に向けて菊を咲かせてくれるお年寄りがいるそう

IMG_1351 のコピー

重陽の節句の説明も添えて

9月9日は重陽の節句。
菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」といいます。
桃の節句(雛祭り)で飾った雛人形を、半年後の重陽の節句で虫干しを兼ねて再び飾り、健康、長寿、厄除けなどを願う風習で、江戸時代に庶民の間に広がったといわれています。
俳諧の世界では「後の雛」「秋の雛」「菊雛」などが秋の季語になっています。
日本の行事は繰り返されるのが特徴なので、後にくる行事には「後の」をつけて区別しています。
重陽は菊の節句ということで菊の花が添えられ、華やかな中にも落ち着いた大人の雰囲気が漂い、後の雛は”大人の雛祭り“ととらえることもできます。
雛人形を愛でながら菊の花びらを浮かべた菊酒をのみ、 深まる秋に人生を重ねるひと時は、まさに大人の雛祭り。
そして春になると健やかな成長を願う雛祭りがやってきて、再び豊穣の秋へと向かいます。
行事を通じて、季節の巡りとともに私達は生きているということが実感できます。
後の雛は、重陽の日付(最大の陽数9が重なる日)を尊重して9月9日、昔の季節感を活かして旧暦の9月9日(新暦では10月の中ごろにあたります)、月遅れの10月9日などに楽しむことができます。
行事の心にふれながら、心豊かなひとときを過ごされますようお祈り申し上げます

  


令和雛の前にはヒナコさん作のつまみ細工の菊

IMG_1356 のコピー

帯飾りもステキ~

IMG_1362 のコピー


思いがけない場所に飾られて 超緊張気味の雛

IMG_1355 のコピー

久し振りのワクワクを雛と共に味わった

IMG_1357 のコピー


これから一週間の展示 施設の皆さんの心も潤いますように(^_^.)






このページのトップへ

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

08月 « 2019年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する