猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

 お母ちゃん やっとだね 013 のコピー

      そうなのよ みんなにお披露目できる日がやっと来たのよ


寒暖の差の激しい11月

21日は前日より10℃以上も低くなり おまけに風雪 

           そんな中炉開きをする

            DSCN0532 のコピー

      今回初お披露目のお道具があって ここしばらくワクワクしていた

それがこれ DSCN0452 のコピー1 032 のコピー

お茶入れではなくて 後ろの風炉先屏風 書は私の40年前のお茶の先生

DSCN0467 のコピー

かな書の大家でもある  今年初めお茶道具をいただいた折 

書もどうぞとおっしゃってくださったので・・・・・

皆さん辞退したのに 038 のコピー 

            環は小品を数点(結構たくさん)いただいてきた 

    この度やっと 035 のコピー
         表具屋さんに持っていき古い風炉先に貼ってもらった 

  104-のコピー 025-のコピー
    Before               After


書をいつも目にすることができ、風炉先も新しくなり 気持ちも嬉しくなり

 DSCN0462 のコピー  DSCN0463 のコピー_edited-1

改めて先生の書の素晴らしさに浸り 会話も盛り上がる


 DSCN0478 のコピー   DSCN0492 のコピー
    お濃茶はサエちゃん先生が  お薄はみんなで順番に点てる


お花は雪の DSCN0447 のコピー  紐結びは DSCN0505 のコピー1
中から掘り出したキクとセッコウボク        サエちゃん先生にお願いして


今回環は炉開きということで 新茶色の無地一つ紋
帯は書に合わせて色紙柄 DSCN0521 のコピー1
帯締めは娘からのプレゼント ステキなトンボ玉がついていたけれど
今回はお茶席ということではずす 

無事炉開きを終えて 

茶壺の紐結び 真面目に覚えようかな(といつも思うのだけれど・・・)


           011 のコピー
             もう一つあるんだよねー

ふふっ そうもう一つ表具した作品がある 

それはまた今度お披露目ということで 




  このページのトップへ

コメント

まぁ~☆ すばらしい♪

大先生の書が風炉先に生まれ変わり、素晴らしい茶室になりましたね。
そんな思い出の中での炉開き。
みなさん正装で、厳粛な感じが伝わってきます。
心静かにお茶を頂く”、お軸も良いわ。
壺も飾って、サエちゃん先生気合いが入るね。
茶席にお着物を合わせる環さん、ステキよ♪
点心は環さん作なのね。
盛り付けが美しいv-354
お茶が美味しそう!

もうひとつの作品?
お披露目が楽しみ♪
壺の紐編み、すっかり忘れたわv-390

  • 2011/11/23(水) 07:38:52 |
  • URL |
  • ハマナス #-
  • [編集]

v-297 ハマナスさん
素晴らしい書でしょう
見ているだけでうっとりi-178 残念ながら読めないのが悲しいのよe-263
展覧会に出した書が巻いて山のようにあったの
みんなゴミに出すと聞いたら急に欲が出ていただいてきたのよ
捨てようと思っていた風炉先がこんな形で蘇ってよかったわv-354
お汁粉はハマナスさん画像を見てそのまま真似しちゃいましたi-235
先日のmiyさん宅での炉開きが刺激になって、お席入りのお稽古も気合が入ったの
茶壺の紐結びは裏だけで表さんにはないそうよ
色無地一つ紋は普段着れないので、一回でも多く手を通したくて着たのv-335
今回も楽しい一日でしたv-365
もう一つの作品も素敵なのよ~ お楽しみにね

  • 2011/11/23(水) 20:26:23 |
  • URL |
  • 環 #cv3ABUBQ
  • [編集]

すってき~~!

これが例のサエちゃんと一緒に行ってきた風炉先ね??
色合いといいとってもいいわぁ~。
miyもほんとはこんなのが欲しかったけどあんなのになっちゃった(笑)

なんのこっちゃ…v-414
お料理もとっても素晴らしいわ!
お大根の中は何かしら??それにミョウガとごぼう??そして笹の葉!
miyも先日屯田の笹原からいただいてきたわ。
洗って冷凍してみたんだけど焦って取ったからあんまり綺麗じゃないかも…。
でも八寸とかどうしてもあとがつくものにはいいわよねぇ~v-426
壺飾り、ほんとに表と裏とでずいぶん違うと分かって本当に勉強になったわ!
来月は本を先生に壺の拝見をしてみようかと…。
表のほうが簡単って思えちゃったものv-392
…という訳で環さん&ハマナスさんに質問。
表では席入りして亭主がご挨拶したときに飾ってある壺の拝見を受けるようなんだけど
ご挨拶に出る時って亭主は袱紗はしないでお扇子でご挨拶よね??
そのまま壺を取りに行く時ってそのお扇子は懐にでもしまうのかしら??

一つ紋、そうよね。
他には着ていくことないものね。
お抹茶色に色紙柄の帯がとってもお似合いよv-344
もう一つの風炉先も楽しみにしていまーすv-10

  • 2011/11/24(木) 00:07:09 |
  • URL |
  • miy #tlUxLGCw
  • [編集]

素晴らしい!

環さん、ミュウちゃん こんにちは。
読めないけど、とても格調高いわ~ v-360
お茶室の格がグ~ンと上がった e-70 ような感じだわ。
風炉先に貼ると言うアイデアも良かったですね。
厳粛で気持ちもピシッと引き締まるようだわ・・・。
月に一度のお茶会 v-365 ますます本格的ですね v-426
作品はもうひとつあるのね、お披露目が待ち遠しいですね。
ミュウちゃんも参加したのね~ 接待係ご苦労さま v-283

  • 2011/11/24(木) 16:47:13 |
  • URL |
  • ミャーのママ #sZPEWok.
  • [編集]

v-340 miyさん
お陰様で先日のmiyさん宅での炉開きが参考になり、刺激にもなりいつもと違う感覚で気合が入ったのよv-91
アップしていないけれどお菓子器も真似して同じのを使いました
それでこれがサエちゃんと表具屋さんで作った風炉先
予想以上に良くなって 我が家のお宝だわv-257
古い風炉先を捨てないでいた自分に拍手よ
miyさん宅の屏風はド~ンと立派で私あこがれちゃうわv-344
お料理はお汁粉と酢の物を作っただけよ
アップしていないけれど鰊漬けもこんもりでお漬物食堂みたいだったの
大根は輪切りの甘酢漬けに千切り紅ショウガを数本挟むの
早くに挟むと全体が赤くなってしまうので、当日の朝挟むと紅色が透けてきれいな仕上がりになるわ
お試しくださいね
で、私に難しい質問はしないでください
亭主はどの時点で袱紗を付けるかということですね
迎え付けの時すでに袱紗を付けているのでそのまま付けて挨拶に出るのでは・・・?
とかいいかげんなことを言ってます
ファイナルアンサーはハマナス先生にお願いしましょうね
一つ紋はもう家で着るしかないわ 
今回の帯もばあちゃんので「源氏物語」という名前がついていたのよ
これも外ではできないものですi-235

  • 2011/11/24(木) 17:39:15 |
  • URL |
  • 環 #cv3ABUBQ
  • [編集]

v-254  ミャーのママさん
とってもいい感じに出来上がって 一人で眺めていてもにんまりなのよv-398
作品は大きいものは2メートルくらいもあるものから 数センチの小さいものまでいろいろあったのよ
自宅で飾れる範囲であさってしまったのv-356
額装にしても飾れる雰囲気の場所がないので風炉先はよかったわ
でも、喜んでいただいていながら読めないって失礼よね
先日 先生の入った施設をお訪ねしたら90歳になられるのにしっかりしていてビックリ
今度行ったとき何和歌集なのかだけでもを教えていただこうかなあ
キャー 今地震だわ 揺れが長いわv-404
大きな被害が出ないといいけれど・・・
v-55 震度3 だって そうでもなかったのね よかった
月一回のお茶会 毎月楽しみなのよv-354
ミュウコは今回も終わってからご挨拶でした~v-283 

  • 2011/11/24(木) 19:32:48 |
  • URL |
  • 環 #cv3ABUBQ
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する