猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

12月11日 二日目

夜中降り続けた雨は朝になってさらに激しくなり暴風雨警報発令!! 

バスは暴風にあおられユラーユラー ひっくり返りそうになって

なんとかバランスをを保ちつつひた走る 

打ち付ける雨で車窓からの景色も

バスを降りての観光は無理でしょ イヤでしょ ・・・・・・  


と、ところが なんと 135 のコピー

         到着すると雨足は弱くなって 

傘、いらない・・・・ 188 のコピー

富士山本宮浅間大社 (ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)

富士山を 141 のコピー
ご神体とする浅間信仰の神社の総本山

       家康公が寄進した神殿

    151 のコピー  175 のコピー1
 

    雨のお陰で朱が鮮やかになって 紅葉もとても綺麗 


  185 のコピー 184 のコピー


すっかり雨も上がって・・・・近くに富士山が望め・・・・ません



次は由比宿をウロウロしたのち奈良時代創建の清見寺


家康公が幼少時 211-のコピー
         住職に教育を受けたお寺だそう


    241-のコピー  238-のコピー-
       明治天皇の御成りの間

             お庭も綺麗でした
山の斜面に 261 のコピー  232 のコピー
並んだ五百羅漢像 古い!!    ツワブキを植えたの・・・?

     お寺の境内を東海道線が走っている 

跨線橋を 215 のコピー
わたっていると 沼津行の列車通過




昼食の後、駿府城に着くころには青空が広がる

 家康公 268 のコピー
      大御所時代の居城

ここで付いてくれた地元のボランティアガイドさんが

な、なんとわが町、新琴似出身の方だった

駿府城の成り立ち、変遷 家康公とのかかわりなどわかりやすく解説いただく



家康の命で 296 のコピー   302 のコピー
        駿府城に運ばれた茶壺     竹千代手習いの間 

次に向かったのは・・・・


                静岡浅間神社 

     327 のコピー  341 のコピー

   家康公が幼少のころから生涯にわたって崇敬した神社
 
    307 のコピー  322 のコピー

                       

   318 のコピー 319 のコピー
   キリンのマークのモデルの彫刻ですって 
     
      こちらも 323 のコピー
         漆塗極採色の壮麗な社殿

丁寧な説明をしてくださったわが町出身のガイドさん ありがとう!

あまりにもたくさんの荘厳な建物を観すぎて何が何だか混乱してきた二日目

夕食は浜名湖名産うな重でしたが 鰻苦手で残念!



このページのトップへ

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する