猫が絵になるスローライフ

気がつけばいつも傍らに猫がいて

スコトン岬から1時間ほどトレッキングを楽しみ

バスで移動し、着いたところは 澄海岬(スカイミサキ)
読んで字のごとく、IMG_7716 のコピー
この悪天候にもかかわらず澄んだ海の青さ
海底がはっきり見える透明度に吸い込まれそう


礼文島といえばレブンアツモリソウ

ガイドさんが雨の中あちこち駆け回って探してくれたけれど
5月下旬から6月中旬のお花なので、もうすべて終わっていた

そこで高山植物園にバスを走らせる・・・・果たして会えるか・・・

・ ・ ・残念! ここでも枯れたお花がかろうじてしがみついているモノばかり

でも、鉢植えのものを見せてもらえた
冷蔵庫で調整して IMG_7849 のコピーレブンアツモリソウ
咲かせているのだそう      

盗掘により絶滅が危ぶまれたけれど現在は保護区として囲っているので
何とか3500~4000株が自生しているとのこと

ここでは色々なお花の名前をチェックして

早めの昼食を済ませ~ウニ丼で力をつけて
礼文林道トレッキングに向かう

もうこの頃には雨もスッカリ上がって お日様すら見えてきた

絶景を背負って林道をワッセワッセ 

アッコちゃんが見つけた小さな花・・・
  だったので    IMG_7855 のコピー
帰ってから調べると エゾヒナノウスツボ(蝦夷雛の臼壷)だった

林道ではサイハイラン コケイラン ハクサンチドリ も確認

グングン高度を上げると目の前にめったに頭を見せない利尻富士がくっきりと
手のひらにのせてウフフの環 IMG_7932 のコピー

林道の両脇には次々お花が出てきてドキドキ

  チシマフウロに混ざって綺麗なブルーを見せているのは
       IMG_7936 のコピー  IMG_7904 のコピー
         レブンハナシノブ うっとりだわ~

キクバクワガタもたくさん可愛い姿を見せている
       IMG_7801 のコピー    IMG_7799 のコピー
これはシラゲキクバクワガタなのか?  白色もあった


  変種のゴゼンタチバナ     コケモモ          オオヤマフスマ(?)     
  IMG_7902 のコピー  IMG_7900 のコピー  IMG_7884 のコピー


そして辿り着いた所には今回楽しみにしていたこのお花の群生が広がる

            レブンウスユキソウ(礼文薄雪草) 

  IMG_7916 のコピー  IMG_7917 のコピー  IMG_7639 のコピー
ヨーロッパアルプス エーデルワイスのお仲間で白い葉を薄く積もった雪に例えているのだと
低温や強風から身を守るためカシミアのセーターを着た高山植物のプリンセス
礼文町の町花に指定されている 監視員に見つめられながらたっぷり鑑賞

林道コースをあとに次は桃岩展望コースに向かう

ここはまさにフラワーロード
  IMG_7978 のコピー1  IMG_7999 のコピー 上に猫岩

両脇の花に目を奪われつつ必死に登る

   レブンキンバイソウ    ギョウジャニンニク     ヤマハナソウ 
  IMG_8017 のコピー  IMG_8001 のコピー  IMG_8049 のコピー
  花径10センチ位        これからが見頃    終わりかけかな
 
ハアハア息をきって、登りつめると展望もよく
       疲れも吹き飛ぶ
     IMG_8036 のコピー   IMG_8050 のコピー
       まさかここで会えると思っていなかったイブキトラノオ


こうしてアップダウンを繰り返し10km以上のフラワートレッキングが終了
        IMG_8066 のコ1  礼文島 128 のコピー
           この日のビールは格別だって~ 冷酒もね

29日は早朝のフェリーで礼文島を後にする

またバスはオロロンラインを突っ走り夕方5時半札幌に到着する   

お世話になった山岳会のお二人のガイドさんの親切に感謝感謝

そして、楽しく面白い旅にしてくれたチームyKKバンザーイ
次回はマモルさんも参加できる日にしようね~


じいちゃんが生まれ育ち、島を出て教員になり新任地でもあった礼文島を
やっと訪れることができた

聞かされた覚えのある地名に目がとまり80数年前の少年爺ちゃんが
ふと現れるような気もした・・・・
こんな荒々しい孤島で育ったから強さが身についたんだ
だから頑固なんだワ


今週は礼文島の写真を持って室蘭へ
                  ・・・・・少しでも何かを感じてもらえたらいいけれど


 

このページのトップへ

コメント

圧巻!

環さん、こんばんは~ v-283
何度も拝見させて頂きました、圧巻だわ v-354
澄海岬(スカイミサキ)、本当に吸い込まれそうな透明感・・・。
レブンアツモリソウの美しい姿にも逢えたのね~ v-238
冷蔵庫で調整して・・・って凄いわね。
ここでは長い期間、見る事が出来るようにしているのね。
レブンハナシノブにキクバクワガタ~ v-344
もう、素晴らし過ぎて・・・ 言葉が出ません。
キクバクワガタは以前花友さんに種を頂いた事があるの・・・。
発芽はしたけど、花が咲く前に消えてしまったわ~ v-356
レブンウスユキソウ(礼文薄雪草)に似たお花、ミネウスユキソウは昨年乗鞍で逢ったわ。
礼文島で咲く花たち、いつか私も逢いに行きたいわ~ v-237
お花も景色も、そしてウニ丼も・・・ 大満足の旅でしたね v-433
お父さまも懐かしいお写真に幼い頃や若い頃の思い出が蘇るかも・・・ v-426
チームyKKのみなさま、私も楽しませて頂きました。
是非是非アルバムを作って下さいね~ v-347

  • 2009/07/05(日) 21:22:07 |
  • URL |
  • ミャーのママ #sZPEWok.
  • [編集]

価値が判らずサビチ~

どれだけ凄い貴重な花があるのか、見当がつかずまったく悲しい限りですv-406
でも景色だけでも、素晴らしいのはよく判るわv-426
久種湖のキャンプ場には、たくさんの渡り鳥のバードウォッチングが楽しめる場所もあるとか・・・それもいいな~v-398e-274
どっちにしろ、北海道じゃないようなちょっと変わった雰囲気が味わえそうだわv-193

ここで、ほんの数年暮らすと、離れがたくなるそうだね~e-263
人間が素直でいいんだろうな・・・そんなところで生まれ育ったお父さん・・・きっと厳しく暖かい、素晴らしい先生だったろうねe-80

  • 2009/07/06(月) 00:13:08 |
  • URL |
  • ねむ #SikvKxw2
  • [編集]

v-254 ミャーのママさん
v-263昨夜は突然思い立って剱岳の映画を観にいったのよv-440二人で行くのは何十年ぶりかな?
日中 国土地理院の人が剱岳の標高が2999mと確認したドキュメントを見たのでね
8時からだったけどガラ空きで20人もいなかったの・・・・混雑はイヤだけれど、人が居ないのも気が抜けるわ

礼文島しっかり見てくださってありがとうv-344
でも“百聞は一見にしかず”なのよ
是非いつか訪ねてこの島の素晴らしさをミャーのママさんの目で味わって欲しいワ
礼文の固有種も多いので見るのも楽しみだったよ
なんといっても海抜0メートルから高山植物に逢えるのが驚きの魅力だわ
ここに載せなかったお花もいくつかあるのでアルバムにするつもりだけれど、いつになるかなv-87
気長に待っていてね ミャーのママさんの素晴らしいアルバムを参考にさせてもらいますv-216
今夜もお出かけで 明日から室蘭なのv-234

  • 2009/07/06(月) 14:35:26 |
  • URL |
  • 環 #cv3ABUBQ
  • [編集]

i-101 ねむさん
毎夜 毎夜夜遊び続きで結構ヨレヨレしてきたかもv-394
今日も早くご飯支度をしてv-29v-355
礼文島のお花たち 貴重というより島だけに自生する固有種を見てきた満足感があるのよ
高山と同じようにお花の時期が短いので一斉に咲き誇るのでたくさんの種類に逢えたのがよかったよ
お花の名前なんてわからなくても島全体にお花が咲いて絶景を眺めながらトレッキングができるって貴重な経験だと思ったよ
ホテルが久種湖の湖畔だったので夕食前散策もしたのよ
v-519渡りの時期はいろいろな種類が見られるらしいけれど、全くみつけられなかったよ
ヤツガシラという変わった鳥が毎年春に確認されるらしいよ
山岳ガイドさんはここでキャンプしていたのよv-47

子供の頃 私の祖父母からも島の話はよく聞いていたので初めてなのに懐かしい感じがしたの
じいちゃんが新卒で教師になった時の校長先生が札幌の私と同じ町内に住んでいて、じいちゃんはウチに来るたびにそこのお宅を訪ねていたよ
校長先生初め島民にも可愛がられたそうだよ
漁港や漁師の絵が多いのも礼文島出身だったからだと今頃気付いたの私v-487
では、明日は室蘭・・・・ご主人の様子も遠くから眺めてきますe-227

  • 2009/07/06(月) 15:07:13 |
  • URL |
  • 環 #cv3ABUBQ
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

環(たまき)
  • Author: 環(たまき)
  • お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

環(たまき)

Author:環(たまき)
お家の中では黒猫「ミュウコ」と外の物置で、外猫「リク」と暮らしています。自分がみたもの、感じたことを映像にこめて、お届けします。時々アップしますね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する